経験者による孤高の空中都市「マチュピチュ」完全ガイド

Pocket はてブ

マチュ・ピチュと言えば南米ペルーにあるインカ帝国の遺跡で、世界中から大人気の観光地ですよね。

そこで今回は、人生のうちに行ってみたい観光地としても常に上位に挙げられるマチュ・ピチュへ行くために必要な基本情報をすべてまとめましたのでご覧ください。

 

マチュ・ピチュとは

20150919 2847

photo by peco

 「空中都市」とも呼ばれるマチュピチュは、標高2430メートルの位置にあるインカ帝国の遺跡です。遺跡の背景に位置する山は、ワイナ・ピチュと呼ばれ、山腹にある月の神殿は有名なポイントでもあります。

世界遺産になっているマチュ・ピチュ歴史保護区は、本当にインカ帝国の時代からあるものなのか?!と思う程の保存状態で、見る者全てを圧倒します。

「歴史や遺産に、そこまで興味が無いわ〜」という方も、その魅力に一気に引き込まれるような、そんな存在だと思います。

 

ワイナ・ピチュって何?

20150919 2827

photo by peco

上にも少し挙げましたが、ワイナ・ピチュとは、マチュ・ピチュ遺跡を上から一望出来ることで有名な、遺跡の北側にある山のことです。この写真ですと、右側後ろにある大きな山です。

 

ただし、この山に登れるのは1日に午前と午後各200人ずつと決まっている上、マチュ・ピチュの入場券とは別途での費用が必要です。

急な斜面を登ることになるので、覚悟と準備を備えた上で、事前に予約しておかなければなりません。

 

しかも、ワイナピチュ登山の予約は2ヶ月先までいっぱいなんてこともよくある話です。

世界中のツアー会社が押さえている場合もあるので、個人でマチュ・ピチュへ行こうとしている場合は、早めにそのスケジュールと予約状況を確認して、登山する場合は早めに予約しておきましょう。

予約状況はこちらから確認できます

 

ツアーと自力観光を独自に分析!

20150919 2832

photo by peco

旅のスタイルや予算に合わせることで、夢のようだったマチュ・ピチュ観光も一気に近づいてきます。今回は日本からのツアーと現地ツアーについて、それぞれのメリットデメリットをまとめてみました。

<日本からツアーを申し込む場合>

日本から観光で訪問する場合、旅行会社が組んでいるツアーに申し込む人がほとんどだと思います。

メリット

・全ての面倒な予約手続きをしなくて良い。
・言語面で心配することは無い。
・見所を全て押さえたプランなので下調べ無くても楽しめる。

デメリット

・金額が高い。移動費も込みで10日間で70~80万円程かかる。
・ツアーだとスケジュールが決まっているので団体行動が必要。
・やむを得ずキャンセルする場合もお金がかかる。

 

 <現地ツアーを申し込む場合>

マチュ・ピチュは世界一周をするバックパッカーの多くが訪問する地でもあります。私もその1人で、現地ツアーを利用しました。

メリット

・予算とスケジュールに合わせて好きなプランを組める。
・現地の価格で観光できる。
・各地からの旅人との出会いがある。

デメリット

・移動、宿、入場券全ての予約を自分でしなければいけない。
・全て自己責任なので安全性が低い。
・英語やスペイン語が必須である。

 

訪問の際に持っておきたいものとは?

20150919 2843

20150919 2839

photo by peco

はっきり言いましょう。マチュ・ピチュでは斜面や岩場、階段を超えなければなりません。

全てのスポットを周ろうものなら、かなりのエネルギーと脚力が要求されます。それもそのはず、標高が高いゆえ、いつもより早い体力消耗と息の上がる呼吸が行く手を阻むからです。

 

近年では観光地化の影響からか、各所で手すりやベンチが備えられているので、遺跡を巡りながらも、ちょっと一休憩することも可能です。

それでも基本的には石やコンクリートの硬い足場を歩くことになるので、少しでもその負担を減らせるように、以下のものを持っておくと良いでしょう。

・先端が木製もしくはゴムカバーの杖
・底の厚いスニーカー
・雨がっぱ
・軽いパーカー

 

現地での移動手段について

20150919 2790

20150919 2776

20150919 2784

photo by peco

最寄街クスコからマチュピチュ村へと、マチュピチュ村から遺跡訪問の際の入口への移動は、列車やバス、はたまたトレッキングが選択肢です。

ツアーですと列車とバスで移動することになると思いますが、節約したいバックパッカーはトレッキングを選択する場合が多いです。

足場も安定しない上に標高のおかげで、かなりの体力と脚力が必要ですが、その分、列車を横目に歩いたり、絶景を間近に見れる楽しみもあります。

 

1 2
Pocket はてブ

WRITER

ペコちゃぁん
松井佑有
初海外のオーストラリアで1年間のワーホリ後、そのまま東回りで世界一周。直感系女子ペコちゃぁんです。帰国後は地元香川県にて飲食の仕事をしておりました。現在はポルトガルにてワーホリ中。 夢は世界に名…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

ペルーのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧