メキシコ料理ってどれも一緒じゃないの?現地人に聞いた6つの違いとは

Pocket はてブ

ソペ(sope)

photo by shutterstock

これがソペです。これを一言で言うならば、「開いたまんまの揚げタコス」。タコスとの大きな違いは、トルティーヤが揚げてある事。そして少し小さいです。

 

パヌチョス(panuchos)

photo by shutterstock

ソペに豆ソースが乗った物で、少し大きいです。パヌチョスは基本的に豆入りが普通だそう。しかし、地域によっては豆を入れない事もある、とカフェの女の子は言っています。

「え、そしたらそれソペじゃん」と言うと、「そうね」との事です。

 

トスターダ(tostada)

photo by shutterstock

豆が具の上に乗ったパヌチョス。もはや豆ソースがどこに乗っているか以外に違いはありません。またカフェの女の子曰く、「豆ソースの位置も、地域や人によって差があるわ」との事。

え、そしたらそれパヌチョスじゃん…。よく見ればこの写真も豆ソースは一番下ですね。

 

エンパナーダ(empanada)

photo by shutterstock

これは見た目が大きく違います。ただ中身はほぼ同じ。カフェの女の子曰く、「サワークリームが入っているのが大きな違いよ!」との事。しかし、よく聞いてみると「ただ、タコスやソペ等にサワークリームを入れる事もよくあるわ」。

なんだと…?そしたら全部味一緒じゃないか?

 

まとめ

いかがだったでしょうか。多少混乱させてしまったかもしれません。僕も混乱状態から未だ抜け出せておりません。同じ料理でも、人によってはそれをタコスと呼ぶ。また別の人はケサディージャと呼ぶ。

さらにソペの事をパヌチョスという人もいれば、トスターダと呼ぶ人もいる。そして味はもう正直ほぼ一緒。

一つ言える事はすべて地域や作る人によると言う事だけです。細かいルールなどが存在せず(機能せず)、人によって様々な事情が変わるメキシコ。なんとも「この国らしい」と言わざるを得ない結果になりました。

まさにお国柄を反映したメキシコ料理。全部とっても美味しいので、是非現地で食べ比べしてみて下さい!

1 2
Pocket はてブ

WRITER

タイのタオ島産ダイビングインストラクター。 現在はメキシコのプラヤデルカルメン在住。 instagram: https://www.instagram.com/iwayui0466/ blo…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

メキシコのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ