「天の川」を撮影・鑑賞するときのポイントまとめ

Pocket はてブ

天の川は、7月7日の七夕(たなばた)の日にしか見えないと思われがち。実は、天の川は1年中見ることができます。しかし都市部の光(光害:ひかりがい)が少なくて、空が暗い場所でしか見ることができません。

天の川にまつわるお話や天の川が見える場所などについて、大好きな写真家さんの写真などでご紹介します。

 

「七夕」は年に2回あるって本当?

七夕(横道順一さん)

Photo by Jyunichi Yokomichi

7月7日は、七夕ですね。横道順一さんが、撮影された写真で分かりやすく説明をされています。この三角形は「夏の大三角」と呼ばれています。3つの星は明るいので、光害の多い都市部でも確認出来ます。

左右に白い川のように見えるのが天の川です。天の川をはさんで、織り姫星(ベガ)と彦星(アルタイル)が見えます。年に1度、天の川を渡って、織り姫星と彦星がデートします。

この7月7日は、新暦の七夕なのです。旧暦の七夕は、今年(2016年)は8月9日で、「伝統的七夕」と呼ばれ、毎年変わります。7月7日は梅雨の真っただ中なので、星を見ることは難しいですね。8月9日なら、梅雨明けしているので、織り姫星と彦星が見える確率は高いので、良い空が見える場所で見上げてみましょう!

伝統的七夕や七夕伝説などについて詳しくお知りになりたい方は、下記のサイトをご覧ください。

■国立天文台
ほしぞら情報 2016年8月 伝統的七夕
伝統的七夕について教えて
■アストロアーツ
【特集】七夕/伝統的七夕(2016年)

 

天の川の見え方は?

Funahashi01

Photo by Hironori Funahashi

2010年7月にニュージーランドのテカポで撮影した写真で、タイトルは「天へ続く道」です。「善き羊飼いの教会」の上に見えるのが天の川でで、見た眼には白い雲が川のように見えます。

「×」部分の黄色く輝いてる部分が天の川の中心部。午後9時ごろになると天の川の中心部が真上に登り、素晴らしい絶景が見えます。

 

天の川は英語で「milky way」と言いますが、まさにミルクを流したような道のよう。

天の川銀河は私たちの太陽系が属する銀河で、天の川銀河の渦の腕の先の方に太陽系があります。つまり天の川を見ることは、私たち太陽系が属する銀河を見るということになります。

 

天の川銀河はどんなもの?

Photo by www.eso.org

上の絵は、天の川銀河を上から見た想像図です。円盤のような形をしていますね。世界各国の研究者により、うず巻き状になっていることが解明されつつあります。中央部のやや下に「Sun」の記載がありますが、ここが私たちの太陽系の場所です。

天の川銀河の直径は、10万光年と想像されています。1光年は、光の速さで1年かかる距離です。

 

光は1秒間に30万km進みますので、1秒間に地球を7周半します。天の川銀河の大きさがいかに大きいか想像いただけますね。中央の黄色い棒のような部分が天の川銀河の中心部です。

横から見るとお皿を伏せたような円盤の形をしています。

 

北海道・ニュージーランドの天の川(KAGAYAさん)

星座や宇宙を題材にCGやプラネタリウム番組を制作されていて、素晴らしい星景写真を撮影されているKAGAYAさんをご存知の方が多いと思います。撮影でご一緒させていただきましたが、素晴らしい写真家さんです。

世界各地・日本各地で星空を撮影されているKAGAYAさんのお勧めは、北海道東部です。熊の出没が多いので、スマートフォンで音楽を大音量で鳴らすそうです。

北海道厚岸郡の天の川

1 2
Pocket はてブ

WRITER

星景写真(星のある風景写真)や風景写真を撮影しています。 特にニュージーランドのテカポやマウントクック国立公園周辺の星空や風景が大好きです。 facebookページ 星のきれいな村 - Lak…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

星空・天体観測

FEATURED特集

特集一覧へ