モロッコのオススメ観光スポット35選

Pocket はてブ

北アフリカにあるモロッコといえば、海外セレブも多く訪れる、世界的に人気の高い観光地です。

エキゾチックな雰囲気があり、伝統的なモスクや、どこまでも広がる美しい砂漠など、モロッコには旅人の心をつかむ要素がたくさんあります。今回は、そんなモロッコの中でも、特にオススメの観光スポット35選を紹介します。

*編集部追記
2016年12月の記事に新たに5選追記しました。
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

モロッコに行ってみての感想

photo by pixta

私がモロッコを訪れたのは11月頃で、寒すぎず暑すぎず、適温といった感じでした。全体の感想としては、モロッコは想像通り非常にエキゾチックで、まるで別世界に来たかのような大きな魅力がありました。

マーケットや食べ物屋さんが集まる広場は活気に満ちていて、とにかく毎日色々な人たちに話しかけられました。私はオランダからモロッコに向かったのですが、オランダでは客引きなどあまりないので、最初はギャップに圧倒されっぱなしでした。

モロッコ人は人懐っこいので、現地の人とコミュニケーションを取りたいという方にはもってこいの国でしょう。ただし、勝手に道案内をしてお金をもらおうと考えているタチの悪い人やボッタクリも多いので、十分注意してください。

 

観光する際のアドバイス

photo by pixta

アフリカでもっとも旅行しやすい国と言われるモロッコは、治安が比較的良いと言われています。全般に危険性は低いですが、スリ、泥棒、詐欺など、どこの国でもある軽犯罪は多いので注意が必要です。

モロッコの物価はリーズナブルで、名物のタジン鍋なども安かったです。とてもおいしかったので、モロッコ旅行中は頻繁に食べていました。また、野菜や果物も安く、ジャマ・エル・フナ広場
名物のオレンジジュースは、40円〜50円程度で絞りたてのフレッシュなものをもらえました。

屋台には色々な種類の料理がありますが、衛生面で安全とは言えないので、食べるならよく火を通したものにしましょう。また生絞りのオレンジジューススタンドやドライフルーツのお店もあり注意が必要です。私は大丈夫でしたが、人によってはお腹を壊す可能性もあります。

 

モロッコのベストスポット

photo by pixta

モロッコ中央部に位置するマラケシュが、イスラム王朝の都であった頃から街の中心となっていた「ジャマ・エル・フナ広場」。広場には夕方から屋台が並び、ヘビ使いや踊り子、曲芸師などによる大道芸が行われ、毎日深夜まで大勢の人で賑わっています。モロッコに行ったなら、ぜひ訪れたいスポットです。

 

*編集部追記(2017/9/6)
以下、観光スポットの一覧となっています。

 

1.モハメッド5世広場(カサブランカ)

@hopp__yがシェアした投稿


モロッコ経済の中心地・カサブランカの中心にある広場です。カサブランカ市庁舎や裁判所などの街の中枢機関や、映画館やショッピングセンターなどモダンなデザインを取り入れた建物などが集結しています。

■詳細情報
・名称:モハメッド5世広場
・住所:Pl. Mohammed V, Casablanca, Morocco
・アクセス:国連広場から徒歩 10分
・マップ:
・電話番号:+212 606-317314:

 

2.サヴィア・ムーレイ・イドリス(フェズ)

フェズのメディナ(旧市街)を建設したムーレイイドリス2世のお墓です。メディナの中で最も聖域とされており、イスラム教徒以外の観光客には公開していません。

■詳細情報
・名称:サヴィア・ムーレイ・イドリス
・住所:Zaouia Moulay Idriss, Fez El Bali, Fez, Morocco
・アクセス:ブージュルード門から徒歩 15分
・マップ:

 

3.ハッサンの塔(ラバト)

ハッサンの塔(ラバト)

photo by shutterstock

モロッコの首都・ラバトには、高さ44メートルにも及ぶ未完の尖塔(ミナレット)があります。塔の建設中に建築家が亡くなってしまったため、今もなお未完のまま残っているそうです。

■詳細情報
・名称:ハッサンの塔(ラバト)
・住所:Boulevard Mohamed Lyazidi, Rabat
・アクセス:鉄道 ラバト ヴィル(RABAT VILLE)駅下車。モハメド5世霊廟敷地内
・マップ:
・電話番号:+212 643-419073

 

4.メナラ庭園(マラケシュ)

メナラ庭園(マラケシュ)

photo by shutterstock

マラケシュのメディナの西側に広がる広大な庭園で、敷地内にはオリーブの木が生い茂りとても美しく、心がホッと落ち着きます。

■詳細情報
・名称:メナラ庭園
・住所:Marrakech, 40160
・アクセス:鉄道 マラケシュ(MARRAKECH)駅から徒歩 30分。ジャマエルフナ広場からバス11番、メナラ入口下車
・マップ:
・電話番号:+212 615-537266
・公式サイトURL:http://www.jardin-menara.com

 

5.メルズーガ砂丘(エルフード)

メルズーガ砂丘(エルフード)

photo by shutterstock

モロッコとアルジェリアとの国境近くに広がる砂丘地帯で、比較的簡単にサハラ砂漠を体験できる人気の場所です。砂漠ツアーなども催行されており、美しい砂漠でテント泊などが体験できます。

■詳細情報
・名称:メルズーガ砂丘
・住所:MERZOUGA, MOROCCO
・アクセス:エルフードから車 90分
・マップ:

 

6.ジャマ・エル・フナ広場(マラケシュ)

ジャマ・エル・フナ広場(マラケシュ)

photo by shutterstock

マラケシュ旧市街の中心に位置する大きな広場で、夕方からは多数の屋台が並び、活気に満ち溢れています。観光客も多く、曲芸師などによる大道芸も盛んに行われています。

■詳細情報
・名称:ジャマ・エル・フナ広場
・住所:Derb Chtouka, Marrakech 40008
・アクセス:鉄道 マラケシュ(MARRAKECH)駅からタクシー 5分
・まっぷ:
・電話番号:+212 648-356735
・公式サイトURL:http://www.jemaa-el-fna.com

 

7.タンネリ(フェズ)

タンネリ(フェズ)

photo by shutterstock

フェズの見どころと言えばここ!「タンネリ」は、フェズ川のほとりに位置するなめし革職人街で、モロッコ特産のソフトレザー製品が作られる様を間近に見ることができます。

■詳細情報
・名称:タンネリ
・住所:Fez
・アクセス:ブージュルード門から徒歩30分
・マップ:

 

8.カラウィーン・モスク(フェズ)

カラウィーン・モスク(フェズ)

photo by shutterstock

モロッコ最大規模を誇るモスクで、中には世界最古のカラウィーン大学があります。その装飾の壮麗さには、思わず言葉を失ってしまうほどです。

■詳細情報
・名称:カラウィーン・モスク
・住所:Fez
・アクセス:ブージュルード門から徒歩 30分
・マップ:
・公式サイトURL:http://www.alquaraouiyine.com

 

9.アイト・ベン・ハドゥ(ワルザザート)

アイト・ベン・ハドゥ(ワイザザート)

photo by shutterstock

先住民ベルベル人が築いたカスバと呼ばれる要塞村の一つ、「アイト・ベン・ハドゥ」。そのエキゾティックな姿から、「シェルタリング・スカイ」をはじめ数多くの映画のロケ地となった場所です。

■詳細情報
・名称:アイト・ベン・ハドゥ
・住所:Ait Ben Haddou
・アクセス:ワルザザード(OUARZAZATEA)からタクシー 30分
・マップ:

 

10.トドラ(ワルザザート)

トドラ(ワイザザート)

photo by shutterstock

まさに絶景!多くの観光客が訪れるトドラは、美しい渓谷と川のある景勝地です。アイト・ベン・ハドゥと併せて観光に来る人が多いです。

■詳細情報
・名称:トドラ
・住所:TODRHA
・アクセス:ティネリール(TINERHIR)からタクシー 30分
・マップ:

 

11.クトゥビアの塔(マラケシュ)

クトゥビアの塔(マラケシュ)

photo by shutterstock

マラケシュ市内で最も大きなモスクで、12世紀に建造された歴史のあるものです。マラケシュのランドマーク的存在なので、必見です。

■詳細情報
・名称:クトゥビアの塔
・住所:Marrakech
・アクセス:鉄道 マラケシュ(MARRAKECH)駅からタクシー5分
・マップ:

 

12.メディナ(フェズ)

メディナ(フェズ)

photo by shutterstock

ムーライイドリス2世により、9世紀に建設された旧市街です。迷路のごとく入り組んでおり、異国感満載です。迷子にならないよう注意してください。

■詳細情報
・名称:メディナ
・住所:Fes
・アクセス:バスターミナル(新市街)からタクシー 10分。王宮から徒歩 15分
・マップ:

 

13.古都メクネス(メクネス)

古都メクネス(メクネス)

photo by shutterstock

モロッコ王国の中北部、首都・ラバトから東に130km離れたメクネス州にある「古都メクネス」。1996年に世界文化遺産に登録された場所で、ヨーロッパとイスラムが融合したマグレブ建築を目にすることができます。

■詳細情報
・名称:古都メクネス
・住所:Meknes
・マップ:

 

14.ヴォルビリスの古代遺跡(ヴォルビリス)

ヴォルビリスの古代遺跡(ヴォルビリス)

photo by shutterstock

フェズとラバトの間、メクネスに比較的近い場所にある古代遺跡です。モロッコ最大のローマ遺跡で、先史時代から人々が農業を営んでいたなごりである穀物倉庫が見学できます。

■詳細情報
・名称:ヴォルビリスの古代遺跡
・住所:Route de Volubilis
・マップ:
・電話番号:+212 5355-44103
・公式サイトURL:http://whc.unesco.org/en/list/836

 

15.エッサウィラのメディナ(エッサウィラ)

エッサウィラのメディナ(エッサウィラ)

photo by shutterstock

モロッコの人々が新婚旅行先に選ぶという、美しい湾岸都市・エッサウィラ。そんなエッサウィラのメディナは、18世紀にフランス人建築家が設計をして造られた歴史のあるもので、青と白の街並みが大変美しく人気です。

■詳細情報
・名称:エッサウィラのメディナ
・住所:Medina of Essaouira
・マップ:
・公式サイトURL:http://www.visitmorocco.com/index.php/eng/I-am-going-to/Essaouira-Mogador/Unmissable

 

16.メゾン・ド・ラ・フォトグラフィ(マラケシュ)

Noelleさん(@no22er)が投稿した写真 – 2016 5月 16 11:34午前 PDT

マラケシュにある写真美術館で、ベルベル人の昔ながらの生活の様子など、モロッコの昔の写真を見ることができます。

■詳細情報
・名称:メゾン・ド・ラ・フォトグラフィ
・住所:Rue Ahl Fes, Medina, Marrakech, 46 Rue Bin Lafnadek, Marrakesh 400030
・マップ:
・電話番号:+212 5243-85721
・公式サイトURL:http://www.maisondelaphotographie.ma

 

17.ボーシャルート美術館(マラケシュ)

TOMOKOさん(@sam_36)が投稿した写真 – 2016 5月 4 7:36午前 PDT

ベルベル人の芸術や文化について学ぶことができる美術館です。建物の中央に大きなパティオがあり、またタイルの装飾が大変美しく、展示品だけでなく建物のデザイン自体も楽しめる場所です。

■詳細情報
・名称:ボーシャルート美術館
・住所:Azbezt 107, Derb El Cadi, Marrakech 40000
・マップ:
・電話番号:+212 5243-83887
・公式サイトURL:http://www.boucharouite.com/#_=_

 

18.ネジャーリン木工芸博物館(フェズ)

木彫の手工芸品などの展示品が鑑賞できる博物館です。建物自体の細工も素晴らしいので、一見の価値ありです。

■詳細情報
・名称:ネジャーリン木工芸博物館
・住所:Place an-Nejjarine, Fes
・マップ:
・電話番号:+212 535644087
1 2
Pocket はてブ

WRITER

yamboro
yamboro
オランダのアートアカデミーでイラストとグラフィックデザインを勉強中。現在は休学して、旅をしながらノマド的生活を送っている。マイナーな国に行くのが好き。現在中央アジアを放浪中。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

モロッコのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ