【まるでナイト・ミュージアム!?】ニュイ・ブランシュ、パリのアートは24時間眠らない

Pocket はてブ

東京といえば、「24時間眠らない街」と言うイメージがありますよね。コンビニやファストフード店は24時間営業ですし、深夜営業している飲み屋さんも結構多いもの。

それと比べると、フランス・花の都パリはしっかりと休む時は休みます。24時間営業しているところなんてないし、お昼休みや日曜休みすらしっかり取るお店も多いです。しかし、1年に1度眠らない街に変わるのです。

 

 ニュイ・ブランシュとは何か

ニュイ・ブランシュとは、フランスの首都パリで開催される、現代アートの祭典です。ニュイ・ブランシュを直訳すると「白夜」ですが、白夜は一日中太陽が沈みません。つまりこの日だけは、夜通しやっている美術館などが多い日ということです。

 

ニュイ・ブランシュはどの時期にやっているのか

10123414285_9094b166b9_z

Photo by Joseph Morris

ニュイ・ブランシュは、いつの時期でもやっているわけではありません。2014年の場合には、10月4日の夜から翌5日の朝5時まで行われました。おおむね毎年これくらいの時期で行なわれます。

 

ニュイ・ブランシュの行き方

他の5つのコースでも、様々なーティストたちが作品の展示をしております。ちなみに交通手段ですが、普段は早仕舞いしてしまうメトロも、この日に限り遅くまで運行しています。パリのレンタサイクル「ヴェリブ」を使うというのもありですね。

 

1 2
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して4年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

アート・美術館

FEATURED特集

特集一覧へ