誰もが訪れたくなる隠岐島の観光スポット15選

Pocket はてブ

島根半島の北に位置する隠岐島(おきのしま)。名前だけは聞いたことがあるけれど、具体的にはよく知らないという方が多いかもしれません。

島後と島前と呼ばれる有人・無人の島が集まった隠岐島は、島根県に属しながらも、独自の自然景観に恵まれた魅力的な島です。飛行機やフェリーを利用して訪ねることができる隠岐島で、見るべき観光スポット15ヶ所をご紹介します。

 

1.ローソク島

隠岐の島の北西にそびえるローソク島(ローソク岩とも呼ばれる)は、約20mの高さの奇岩。岩の先端に沈みゆく夕日が重なる姿が、火を灯したろうそくに見えることからこのネーミングがつきました。ローソク島展望台から眺められますが、4~10月には日の入りに合わせたベストなタイミングで出航する遊覧船も出ています。

■詳細情報
・名称:ローソク島
・住所:隠岐郡 隠岐の島町町代
・アクセス:西郷港から福浦港へ車で約40分
・公式サイトURL:http://oki-dougo.info/data01/room/broom/see_boat_ro-soku.html

 

2.壇鏡の滝

k.hさん(@p.hayashiya)がシェアした投稿 – 2016 9月 10 7:54午前 PDT

「日本の滝百選」に選ばれている「壇鏡の滝(だんぎょうのたき)」。林道の間を抜け第一・第二鳥居を通り過ぎ参道を進むと、40mの高さから流れ落ちる雄滝・雌滝が見えてきます。雄滝の裏側に回り込んで、ミストを浴びながら見学するのも気持ち良くておすすめです。

■詳細情報
・名称:壇鏡の滝
・住所:隠岐郡隠岐の島町那久
・アクセス:西郷港から車で約50分、駐車場から徒歩約5分
・公式サイトURL:http://oki-dougo.info/data01/room/sroom/sroom_nature.html

 

3.八百杉

Risaさん(@risa_alohaa)がシェアした投稿 – 2016 11月 26 2:52午後 PST

玉若酢命神社の神門をくぐり境内も右側に立つ「八百杉(やおすぎ)」は、樹高30m、根本の周囲が約20mの巨木。昭和4年に国の天然記念物に指定された八百杉の樹齢は千数百年といわれ、島根県一の杉の大木として祀られています。

■詳細情報
・名称:八百杉
・住所:隠岐郡隠岐の島町下西
・アクセス:西郷港から車で6分
・公式サイトURL:http://oki-dougo.info/data01/room/sroom/sroom_nature.html

 

4.油井の池

「油井の池(ゆいのいけ)」は、隠岐の島の西海岸の山の中腹にある直径250m程の湿原。標高50mの位置にある油井の池は、地すべりによって偶然できたもので、鳥やトンボなど貴重な生物の生息地となっています。

駐車所のすぐ近くの展望台から遊歩道を歩きながら、静かで神秘的な湿原を散策してみるのはおすすめです。2月になると水仙の群落が満開になってきれいですよ。

■詳細情報
・名称:油井の池
・住所:隠岐郡隠岐の島町油井
・アクセス:西郷港から車で40分
・公式サイトURL:http://oki-dougo.info/data01/room/sroom/sroom_nature.html

 

5.岩倉の乳房杉

ka__rin10さん(@ka__rin10)がシェアした投稿 – 2015 12月 19 9:08午後 PST

隠岐島で1番の標高を誇る大満寺山の麓に立つ樹齢800年の「岩倉の乳房杉(いわくらのちちすぎ)」。樹高は30mで、株から育った10数本の幹が伸び、その下には乳房状の下垂根が24個ぶらさがるという独特の形状をしています。

孤高を感じさせるその姿からは、力強い生命感があふれています。車ですぐ近くまでたどり着けますが、約1時間の登山コースをトレッキングしながら巨木に会いに行くのもよさそうです。

■詳細情報
・名称:岩倉の乳房杉
・住所:隠岐郡隠岐の島町布施
・アクセス:西郷港から車で40分 布施から徒歩で60分
・公式サイトURL:http://oki-dougo.info/data01/room/sroom/sroom_nature.html

 

6.那久岬

かつては海上交通の要所だった那久岬(なぐさき)。灯台がなかったころは古い灯篭に火を灯し、目印にしていたのだそうです。展望台からは、古い灯篭が立つ岬の突端や、島前(どうぜん)と呼ばれる3つの島を眺めることができます。

晴天の日の日没にあわせて現地を訪れると、海面にきらきらと反射する陽の光を見ることができます。

■詳細情報
・名称:那久岬
・住所:隠岐郡隠岐の島町那久
・アクセス:西郷港から車で40分
・公式サイトURL:http://oki-dougo.info/data01/room/sroom/sroom_nature.html

 

7.福浦トンネル

「福浦トンネル」は、トンネル・土木遺産マニアをわくわくさせてくれるスポットです。一見すると素朴でこじんまりとしたトンネルですが、2本あるうちの海側の小さな方は、明治時代にノミを使って手掘りで貫通させたものだそうです。現代の時間感覚からすると気が遠くなりそうな話ですが、ここは島内の交通の難所だった場所。

少しでも便利にしたいという当時の人たちの想いが、このトンネルを作らせたのかもしれません。

■詳細情報
・名称:福浦トンネル
・住所:隠岐郡隠岐の島町福浦
・アクセス:西郷港から車で40分
・公式サイトURL:http://www.oki-geopark.jp/lifestyle/wisdom/000086.php

 

8.摩天崖・国賀海岸遊歩道

milukojiさん(@milukoji)がシェアした投稿 – 2017 4月 3 5:00午前 PDT

@co.heeeei21がシェアした投稿 – 2016 8月 22 4:26午前 PDT

隠岐島のメインの島である島後(とうご)からフェリーで渡れる西の島にあるのが、天空の草原と呼ばれる「魔天崖(まてんがい)」です。海面から257mの高さでほぼ垂直に立ち上がる岸壁と、海風と波によって侵食された周辺の海蝕崖。一面緑の草原に、放牧された牛馬が自由にくつろいでいる光景は、日本にこんな場所があったんだと思えるほどの絶景。

その絶景の中、青い海を見ながら歩いてみたいのが、摩天崖から国賀海岸まで続くトレッキングトレイル「国賀海岸遊歩道(くにがかいがんゆうほどう)」。約1時間の行程ながらも、標高差が257mとバリエーションに富んだ道のりなので飽きることなく歩けます。

■詳細情報
・名称:摩天崖・国賀海岸
・住所:隠岐郡西ノ島町大字浦郷
・アクセス:別府港から車で15分 バスで20分
・公式サイトURL:http://nkk-oki.com/japan/matengaicliff/
1 2
Pocket はてブ

WRITER

ゆんたく
ゆんたく
日本とアジアを旅したあと、沖縄に移住。現在は、台湾在住です。アジアの路地裏から日本の離島の自然まで、好きなものを求めて旅しています。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

中国観光のおすすめスポット一覧