フィリピン留学経験者17人に「学校選定の決め手」を聞いてみた!

Pocket はてブ

フィリピン留学に行くと決めたはいいものの、いろんな学校がありすぎて、自分に合った学校の選び方が分からない!と迷う方も多いはず。フィリピンには500校以上あると言われているのでそれもそのはずです。

というわけで今回は、フィリピン留学経験者17人に、数ある学校の中でご留学した学校を選んだ決め手を聞きました。

*編集部追記
2015年12月の記事に、2017年-2018年の情報を新たに追加しました(2018年5月)

 

前田塁の学校選定の決め手

ルイス前田
世界一周中に出会った友人と旅人を増やす会社を起業して4期目。40ヶ国訪問、世界二周して、ワークライフカオスに生きてます。Webメディアの運用と開発が得意な賢者型編集長で、次の夢は宇宙飛行士です。フィリピン留学は2017年の4月から6月までNexSeedでエンジニアコースを受講していました。

 

フィリピン留学した学校:NexSeed

フィリピン(セブ島)でのエンジニア留学に決めていたので、NexSeedの他に候補は2校ありました。選ぶ基準は下記の3点を大切にしました。

1. 学校がセブ島の中心部にあるか
2. エンジニア講師の技術力が高いか
3. 寮の設備が充実しているか

 

NexSeedは1と2は完璧だったのですが、3については寮の部屋にキッチンがなく、自炊がほとんどできなかった点が気になりましたが、寮自体は新しくインターネットがとても早かったので(おそらく、セブ島で一番早かったのでは…!!)使い勝手が良かったです。

また、行ってみてから気づいたのですが、講師やスタッフ陣の面倒見が非常によく頻繁にアクティビティやショートトリップが主催されていて、ゆるくみんなで遊べたのが楽しかったです。

 

嵯城大輝の学校選定の決め手

嵯城大輝
2017年3月にロサンゼルスの親戚の家に滞在したことをきっかけに世界の仕事の仕方に興味を持つ。世界一周という選択肢が浮上し、翌月からの世界一周ゼミ第6期に参加。1年間かけて親を説得し、2018年3月より世界一周に出発。フィリピン留学は2018年3月から4月にかけて5週間いました。

 

フィリピン留学した学校:PALETTE SCHOOL

私の学校選択で考慮したポイントは

1,マニラのあるルソン島であること(留学後マニラで予定があったため)
2,誘惑の少ない田舎であること
3,フィリピンのことを知る機会が提供されている

でした。

 

自然のなかで学ぶことができて英語に集中できたので2は満足でした。また欧米人とも話すチャンスのある機会がある学校だったので、様々なアクセントの英語に触れることができました。この点はとても良い環境を与えていただいたと思っています。

不満が残る点は、3にかかわることです。学校のアクティビティの一つにフィリピンの貧困地域を訪ねるスタディツアーがあり期待していましたが、車のレンタル代を人数で割る形式だったため参加人数によって値段が大きく変動するもので、自分の時は値段が高すぎて行くことができませんでした。

 

小林由知の学校選定の決め手

小林由知
2018年1月から、世界一周しながら”くらしをつくる”をテーマにWebメディアlife of.を運営。『暮らしやすい働きやすい社会を作る』為の情報発信をしてます。 セブ島留学は、2017年10月〜12月の3ヶ月間で、Nexseedの「英語xプログラミング」コースに通っていました。

 

フィリピン留学した学校:NexSeed

僕は、英語とプログラミングの習得もしたかったので、その時点で学校3校に絞られており、知人のすすめもあって、NexSeedを選びました。

NexSeedで良かった事

寮に警備員がいて安全で、フロントにフィリピン人スタッフがいるので、困ったらすぐに相談して対応してもらえた事。英語とプログラミングがあるので、留学生が幅広いジャンルの人が来るので、交流すると面白い。

NexSeedで悪かった事

これは語学学校全てに言えるのですが、語学学校の先生は「日本人の英語」に慣れているので、通常の人よりも日本人の英語を聞き取る能力が優れています。

なので、先生よりも現地の人と交流する様に心がけると、本当の英語のレベルが理解できるので、さらにスキルアップが目指せます。

 

中山彰の学校選定の決め手

中山彰
自分で決めた「33歳までにしたいこと」で世界一周を25歳までにすると決める。2017年6月から2018年3月まで公約通り世界一周をしました。行った国は22の国と地域。フィリピン留学は2017年6月~7月、8週間をセブ島のCROSS×ROADでスタンダードコースで勉強しました。

 

フィリピン留学した学校:CROSS×ROAD

僕の留学でのポイントは
1. マンツーマンで集中的にできるか
2. 食事が満足できるか
3. 設備が充実しているか

フィリピンは大抵の場合、マンツーマンが多いのでいいですが、勉強するにも体調を整えるにも食事が充実していないと満足にできないと考えてました。その点は日本食に近い味付けだったので、安心して過ごすことができました。

施設に関してはおおむねよかったですが、wifiはかなり遅いです。これは多くの語学学校がそうかもしれません。またセブはたまに停電が発生することもあります。日本人が多く、目的意識が似ていることもあるのでとても良好な人間関係が築けたのはとてもよかったです。

 

菅野翼の学校選定の決め手

菅野翼
25歳までに世界一周をすると決めて2013年から1年かけて世界一周へ。帰国時にワーホリに行くと決めて、2017年の年末から20代最後にやりたい旅と留学とワーホリとウーフを実現するため2018年2月から4月の2ヶ月半バギオのHELPという学校で、ESLコースで英語を学びました。

 

フィリピン留学した学校:HELP ロンロン校

スパルタ校で勉強に集中できるようにバギオと決めてました。

選ぶ基準は下記の3点を大切にしました。
1. スパルタである
2. 歴史があり制度がきちんとしている
3. 日本人が少ない

HELP ロンハン校の良かった点

講師評価などが定期的にあり、希望があれば先生を変更することも可能だった。
1ヶ月のプログラムの最後には進級テストがあり、全体の総合点数で上位に入ると次のプログラムで好きな先生を3人まで選ぶことが出来た。
そのおかげで先生との関係も築け授業もスムーズだった。

HELP ロンハン校の悪かった点

wifi環境が良くなかった。SIMも契約していたが、学校が山にあったためほとんど使えなかった。若い年代が多く騒がしかった。

 

ほさかまきの学校選定の決め手

ほさかまき
35歳になってから唐突に世界一周を思い立ち、実行することを決意。英語への苦手意識の克服と少しでも話せるようにしたいと考え、2017年2月中旬~3月末の7週間、世界一周の一番最初に留学しました。バギオのBECIという学校で、スピードESLコース(要はスパルタではない方)で学びました。

 

フィリピン留学した学校:BECI

最重要事項は日本人が少ないこと。当初はきれいな海に惹かれてセブを希望していましたが、エージェントから春休みのセブは韓国資本の学校でも日本人比率が半分を超えると言われ、他の町を検討することにしました。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

田村なほ美
田村なほ美
フィリピンの英語学校で5ヵ月間インターンを経験。現在はTABIPPOのフィリピン留学を担当しています。LINE@はじめました!フィリピン留学のご相談はLINEで24時間受付中!以下のURLから友だ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

フィリピン留学 情報まとめ

FEATURED特集

特集一覧へ