まるで絵画のような美しさ!パタゴニア地方「トーレス・デル・パイネ国立公園」の魅力

Pocket はてブ

こんにちは。2017年6月1日よりハネムーン世界一周に出発した前田夫妻です。旅も終わりに近づき、南米大陸ではパタゴニア地方を周遊しました。

今回は、パタゴニア地方の見どころの1つである「トーレス・デル・パイネ国立公園」と、その玄関口となるチリの都市「プエルト・ナタレス」について紹介します。

 

プエルト・ナタレスとは

プエルト・ナタレスは、太平洋に面するチリの都市です。パタゴニア地方に位置し、パイネ国立公園への玄関口となる都市として南米大陸が夏を迎える12~3月にはたくさんの観光客で賑わいます。

パタゴニア南部最大の都市、チリの「プンタ・アレーナス」からバスで約3時間。ペリトモレノ氷河で有名なアルゼンチンの都市「エル・カラファテ」からバスで約6時間でアクセスすることができ、町には小さいながら空港も整備されています。

パイネ国立公園への拠点となる都市だけあって、宿やレストランは町にたくさんあります。

また、町の中にはトレッキングやアウトドアグッズを揃えた店舗がたくさん並んでおり、用具や機材を揃えるにはとても便利です。

今回私たちは、パイネ国立公園へ訪れる日はできるだけ天気の良い日を選びたかったため、この町に3泊滞在し、その中でパイネ国立公園を訪れる計画を立てました。

プエルト・ナタレスの町自体には特にコレといった見どころはないのですが、町の治安は他のパタゴニアの都市と同様安定しており、安心して過ごすことができます。

この町で落ち着いてゆったりと時間を過ごしながら英気を養い、パイネ国立公園でトレッキングに臨むのがオススメです。

 

トーレス・デル・パイネ国立公園とは

「トーレス・デル・パイネ国立公園」は、プエルト・ナタレスの町から北に約120km離れたところに位置する自然公園です。大阪府よりやや小さい面積の公園なだけあって、園内はバスツアーやトレッキングで周ります。

園内にある氷河湖や滝などの見所を詰め込んだプエルト・ナタレスから発着のバスツアーや、プエルト・ナタレスから国立公園入り口までバスで行き、日帰りでパイネ国立公園の象徴とも言える「トーレス・デル・パイネ」の3本の岩峰を真近で見られるトレッキングコース、そして園内での宿泊も含めた4泊5日程かけて行うトレッキングコースなど、パイネ国立公園にはいくつかの楽しみ方があります。

それでは、実際にパイネ国立公園を訪れた私たちがおすすめする、園内の見どころを紹介します!

1 2
Pocket はてブ

WRITER

前田哲都
前田哲都
夫(てつと)。1988年生まれ大阪出身。嫁(ちぃ)。1985年生まれ北海道出身。 2011年7月就航のピースボート74回クルーズに乗船し出会う。 2016年7月に入籍。2017年6月から互いに…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

ふたりで世界を楽しみ尽くす! てつ&みんとのハネムーン世界一周の旅

FEATURED特集

特集一覧へ