世界で最も歴史の長いアメリカの「ゲイ・パレード」に学生だった私が参加してみた!

Pocket はてブ

こんにちは!TABIPPO専属ライターのりなちきです。いきなりですが…みなさん、「プライド・パレード」を知っていますか?おそらく、色とりどりの衣装を身にまとった人達が参加するクレイジーなパレードという認識ではないでしょうか?

私がアメリカへ留学していた時に実際に参加した経験を元にパレードの内容や歴史、どんな人達が参加しているかを伝えていきます。

 

プライド・パレードの歴史

photo by shutterstock

今では世界的に認知されている「プライド・パレード」ですが、どのような始まりから「プライド・パレード」が始まったのか気になりませんか?

始まりは1969年6月28日未明、アメリカ合衆国ニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジ地区にある、「ストーンウォール・イン」というゲイバーへ警察の手入れが入った際にそこに居合わせた同性愛者達がそれに抵抗し、暴動が起きたのがきっかけです。

この事件を機に、同性愛者達の権利を重要視する声が高まり、事件の翌年にデモンストレーションがアメリカ国内各地で行われました。この時のデモが今の「プライド・パレード」の始まりとされています。このパレードは、同性愛者に対する差別化を無くし、社会的・法的権利を求めることが目的です。

 

実際に「プライド・バレード」に参加してみた!

photo by rina

私が学生の時にボストンへ留学していた時のこと、現地の友達に誘われ、ボストンで開催していた「プライド・パレード」に参加したことがあります。

当時は同性婚をアメリカで初めて認められた州がマサチューセッツ州だったこともあり、パレードでは凄い盛り上がりを見せていました。

開催している場所によってパレードやイベントの内容は変わってきますが、ボストンでは参加者全員で鮮やかな衣装を身にまとい、プラカードを持って街を練り歩きます。

 

他には、街の至るところでパーティーやクラプイベントなど実施しているのですが私は社交ダンスイベントに参加しました!社交ダンスの経験はもちろんありません。最初はドキドキしていましたが、主催者の方がそんな緊張も吹き飛ばすぐらいハイテンションな人で、手取り足取りダンスをエスコートしてくださってるうちに緊張もどこかへ消えました。

ダンスを踊った後は参加者全員でお菓子を食べながら仲良くおしゃべりタイム!参加者達はみんな年齢も様々ですがとてもフレンドリーで、「プライド・パレード」の始まりやそれぞれの想いをたくさん話してくださいました。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

半澤里奈
半澤里奈
TABIPPO専属ライター/福島県出身、夏生まれ。ファミチキが大好きなリナチキです。ボストンへ1年間留学していた経験もあり、学生時代はフリーハグやヒッチハイクしたりと思い立ったらまず行動派。将来は…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

アメリカのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧