「内にこもりがち」な人がヨーロッパ旅行で気をつけたい4つのこと

Pocket はてブ

旅に出る人が、誰もが武勇伝を語りたがるような性格ばかりではありません。

今回は「内にこもりがち」な人がバックパッカーをするに当たって、気をつけたい点を説明します。と言っても、あまり神経質に考える必要はありません。

私の体験を通じて説明したいと思います。話の舞台はヨーロッパに限定していますので、あらかじめご了承ください。

 

ホステルに着いたら30分間は観察する

P9290712

Photo by 新田浩之

「内にこもりがち」な人多くの方が「空気」を読むことが苦手です。つまり、文字に書かれてあるルールを守ることは得意ですが、文字に書かれていないルールを守ることが苦手なのです。

ホステルでは言葉にできない「暗黙のルール」がいくつかあります。まずはホステルの部屋に着いて挨拶をしたら、ホステルをしばらく観察してみましょう。何となく、そのホステルの雰囲気を感じることができるはず。

 

ホステルでわからないことがあれば、スタッフに遠慮なく聞いてみましょう。親切に答えてくれます。

私は正直に言うと、幾度も同室の人をイラつかせたことがあります。悪気は全くないので、その時はショックでした。その後「あれはしてはいけないのだな」とその度に頭のメモリに入れるようにしています。

 

会話、議論の際は一方的に話をしない

shutterstock_348653996

photo by shutterstock

「内にこもりがち」な人は、どうしても自分の興味のある話を一方的にするクセがあります。旅行中ですと気分が高まっているので、そのような傾向になりがちです。

 

頭と心には、必ず「一方的に話をしないためのブレーキ」を持つようにしましょう。なにか議論をする時も同様。きっちりと「聴く」ことに意識すれば、仮に激論になっても、友人になれます。

 

むしろヨーロッパの人は「議論慣れ」しているので、「議論好き」の方は好かれる傾向にあります。

 

女性からの誘いには普段通りに接する

shutterstock_373830886

photo by shutterstock

このアドバイスはおとなしい男性に当てはまります。ホステルの部屋にヨーロッパの女性と2人きりになったら、食事や観光に誘われる場面が出てくるでしょう。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

新田浩之
国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していま…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

ひとり旅