新潟の美人と乾杯。日本酒を嗜むなら、やっぱり酒どころ新潟で

Pocket はてブ

男性のみなさん、最近デートしてますか?好きな人のために前日から服を考えて、夜も眠れなくて、当日もずっとそわそわしているあの感覚、ご無沙汰になっていませんか?

こんにちは、阿部まなみです(@mnooooom )。今回はそんな男性でも、美人とデートをしているような気分になれるかもしれませんよ。

安心してください、デート相手は私ではありません。この企画に協力してもらったのは、新潟生まれ新潟市在住の藤井みなみさんです。

 

ミスユニバース 新潟で準グランプリを受賞

photo by abe manami

藤井みなみ
新潟市出身。老舗呉服屋の娘。(一社)ピースキッチン新潟にて、新潟の食文化を国内外に発信。MC、通訳も。

渡航国は23カ国(2018年3月現在)。住むように旅をするスタイルで、最低でも1泊は民泊、農泊を使うのがここ数年のポリシー。大学時代にフードロスに関心を持ち、地元新潟でも運動を広げて行くべく構想中。

暖かくなってくるとお着物を着て新潟市内に出没する…かも?この春世界4大ミスコン、「ミスアースジャパン」新潟大会に出場予定。趣味は宝塚観劇とその土地の美味しいものを食べること。

Instagram:@fujii_minami_0715

これぞ、新潟美人ともいうべき美貌を誇るみなみさん。筆者とは高校の同級生という関係なのですが、2人で並ぶとどう見ても「モデルとアシスタント」のペアにしか見えません。はあ、辛い。(実際に「写真撮ってください」と何回も頼まれました)

実はみなみさんは、2017ミスユニバース 新潟で準グランプリを受賞した経歴の持ち主なんです。見た目の美しさもさることながら、所作も美しく内面も磨いているとは。しかも英語とスペイン語と韓国語も話せるという、才色兼備の女性なのです。

天は、二物を与えるらしい。

そんなみなみさんと、とあるイベントに参加してきました。そう、新潟といえばアレですよね?

 

にいがた酒の陣とは

photo by abe manami

参加してきたのは、3月10日・11日に行われた「にいがた酒の陣」。日本酒の消費量日本一を誇る新潟に85の蔵元が集い、様々な種類の日本酒を飲み比べることができる夢のようなイベントです。

モデルとしたのは、ドイツで開催されるビールの祭典「オクトーバーフェスト」だそう。「その土地を大切にし、県外及び国外から来た人たちと共に、地元の食と地酒を楽しむことがコンセプト」だといいます。

詳しくはこちら▶︎http://sakenojin.jp/index.php

 

なんと2日間の人数は、昨年を約1万1千人上回る14万1523人!県外から多くの人が集まり、新潟の中心部が活気に包まれていました。あんなに人で溢れかえった光景を見たのは初めてかもしれないです。

イベント会場は、多くのイベントやコンサートなどに使用される朱鷺メッセ。初日の10日朝には、長蛇の列ができていたようです。新潟駅からは臨時バスも出ていますが、歩いても15分ほどの距離なのでバスが混んでいたら信濃川沿いをお散歩するのも良いかも。

 

会場でみなみさんと待ち合わせ

photo by abe manami

会場でみなみさんと待ち合わせ。深緑の小紋柄の綺麗なお着物を着ていたので、すぐに合流することができました。こんなに美しくお着物を着こなせるの、羨ましさしかありません。いよいよ、にいがた酒の陣デートの始まりです。

:じゃ、いこっか。飲みすぎて、酔っ払っちゃったらごめんね(笑)

photo by abe manami

にいがた酒の陣イベントは朝10時からスタートしているのですが、待ち合わせをしたのは午後2時30分。1日券のほかに、当日はアフター3という午後3時以降に入場できるチケット(当日のみ販売1,500円)が販売されるので、その発売が始まる2時30分に待ち合わせをしたのです。

photo by sakenojin.jp

ちなみに入場は無料。日本酒を試飲するには、専用のお猪口付きチケットが必要となります。両手が空けられるように、お猪口専用のホルダーも販売しています。

何回も参戦しているであろうベテランの中には、首からカゴをかけてお酒とおつまみをセッティングしている人もいました。

photo by abe manami

チケット購入後は、すんなりと会場に入ることができましたが、エスカレーターから見た景色に唖然としました。人、人、人。

:すごい人だねぇ!まわるのちょっと大変そう……(笑)。

あまりの人の多さに少しひるんでしまいそうになりましたが、これは「酒の陣」。そう、まさに戦いなんです。入り口でお猪口と和らぎ水をいただいたら、初陣に挑むつもりで、いざ人の渦の中へ。

 

美味しそうなお酒がずらり

photo by abe manami

県内から85の蔵元が集まっているため、目移りしてしまうほどの日本酒がずらりと並んでいます。それぞれの蔵元が「酒の陣のためにとっておきのお酒を!」と気合を入れているので、普段飲めないような貴重なお酒も飲めるチャンスです。

むむ、「越後美人」とは。早速気になるお酒を見つけてしまいました。

photo by abe manami

気になるお酒を見つけたら、蔵元の方に「飲んでみたいです!」と一声かけるだけ。喜んでお猪口に注いでくれます。この時、あまり欲張らないでくださいね。まだまだ時間はありますから、たくさんのお酒を楽しみましょう。

photo by abe manami

こちらは上越酒造さんの「越後美人」。まさに越後美人のみなみさん、お酒をもらって嬉しそうですね。本日一杯目、いただきましょう。

photo by abe manami

ぐびっ。(お、結構勢いよくいった)

photo by abe manami

にこっ。(一瞬でなくなりました)

目の前に着物の美人がいると、京都の旅館にいるかのような感覚になります。女の筆者でも見とれてしまうほどの美貌です。同じ高校3年間を過ごしたはずなのに、おかしい。

:はーーー美味しかった!ねぇ、次行ってみよ。

photo by abe manami

早くも2杯目をいただくみなみさん。

photo by abe manami

なお、一杯飲んだら同量の水を飲むようにしましょう。一気にごくごくと飲んで、酔っ払ってしまわないように注意してくださいね。

photo by abe manami

こちらは近藤酒造さん。おやおや、美人を前にして思わず顔がほころびていませんか。筆者に注いできた時は真顔でしたけど、あれれ。

photo by abe manami

菊水酒造さんでは、しぼりたて生原酒が樽酒になって登場していました。蛇口をひねって日本酒が出てくるの、新鮮すぎる。こちらも美味しくいただきました。

photo by abe manami

他にも魚沼の緑川酒造さんや、

photo by abe manami

佐渡の尾畑酒造さんなど、どんどんといただいていきます。

:大丈夫?私、飲みすぎてないかな?

全然大丈夫だと思うよ。次、食べ物のコーナーとか……

:あ、そういえば行きたいところあったんだった!行こう!

あ、はい……。筆者からこのイベントにお誘いしましたが、思いの外みなみさんが楽しんでくれている。

 

次に目指したのは……

photo by abe manami

みなみさんが行きたかったところは、柏露酒造さん。日本酒をいただくのはもちろんですが、実は一番のお目当ては……

photo by abe manami

柏露酒造さんで働いている高校の同級生に会うこと!見つけた途端、「キャァ〜〜〜〜〜!」とJK並みの甲高い声で叫び合っていました。こんなところで同級生と出会うなんて、なんか不思議な感じがする。

こちらでいただいたのは、果物のお酒を2種類。

:柚と桃どちらも香りが芳醇で、女性に人気間違いなし!日本酒の果実酒も美味しいんだね〜^ ^

2種類とも、本当に美味しくてびっくりしてしまいました。なんで買わなかったのか後悔しているくらい。柏露酒造さんで働いている友達へ、もしこの記事を読んでいたらぜひTABIPPOまで送ってください。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

阿部まなみ
阿部まなみ
コンテンツディレクター
*コンテンツディレクター* 高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニュ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

新潟観光のおすすめスポット一覧

FEATURED特集

特集一覧へ