激務サラリーマンの僕が旅に出るために、社内で意識している5つのテクニック

Pocket はてブ

 

普段全力投球して「こいつが言うなら仕方ない」空気をつくる

無理やり旅行に行くのではないのです。旅行に行くまでに周りの協力体制を自分で作り上げていくのです。そのためには、普段の仕事に全力投球しましょう。人は、頑張っている人を応援したくなるのです。周りが一目置くくらい必死になって仕事をしましょう。

 

そんなあなたが「次の休みに旅行に行くために頑張ってる」と言えば、誰が邪魔するでしょうか。「まぁ、お前が言うなら仕方がないか」と協力体制ができるかもしれません。普段苦しい思いをしているあなたがたまに「旅行というわがまま」を言っている。そんな空気を作り出すのです。きっと周りは快く送り出してくれるでしょう。

 

次に備えてお土産は重要

P1010472

photo by Takuya Hanaoka

無事に旅に出たあなた。次に備えてお土産選びはとても大事です。

まず、部署や会社全体など、大勢に買うお土産はケチらずに良いものを買いましょう。美味しいお土産によって「あなたが旅行に行った。そしてセンスの良いお土産を買ってきた」ということで旅キャラ度合いを上げていきます。

 

そして、あなたが旅行中に代わりに仕事をしてくれた人がいれば、最大級のお礼の言葉と個別のお土産を渡しましょう。

代わりに仕事している時は「なんであいつが呑気に旅行してる時に代わりにやらなきゃいけないんだ!」と思うこともあるでしょう。そんなことを忘れるくらいちょっと奮発して、もしくはその人が好きそうなことを事前にリサーチしてお土産を渡しましょう。

これをきっちりすることで、次に旅行へ行く際も仕事を頼みやすくなります。

 

最後に上司です。仕事を代わりにお願いする人とイコールの場合もあるでしょう。

上司にもできれば個別に渡して「あなただけに特別」感を出していきます。あなたが旅に出るイメージを極力良くして、今後の業務調整においても優位に進められるように、上司との関係性は極めて重要です。

 

最後に

以上、激務な人が旅に出るために意識していることをご紹介しました。忙しい合間のたまの休みに旅に出ることは本当に調整が大変です。でも、忙しい時ほど旅に出た時の開放感、非日常感がより一層強くなり、旅の面白さが倍増します。

普段のんびりした仕事をしている人と比べても、旅の有り難みを誰よりも感じられるのは「忙しいあなた」なのです。「忙しいから旅に出られない」ではなく、「忙しいからこそ旅がより楽しい」のです。

 

「忙しい」を理由にせずに、旅に出るために全力で調整しましょう。その先には”激務なあなた”だからこそ感じられる魅力的な旅の世界が待っていることでしょう。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

はなちゃん
はなちゃん
社会人2年目で初めて行った海外旅行で旅に目覚めた遅咲きの30代。 少しでも休みがあれば弾丸トラベルに出て、空港からそのまま出社する勢い。 旅をしている時が一番自分らしく、旅をしてる自分が一番好…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

ひとり旅

FEATURED特集

特集一覧へ