ポップで可愛いアートが砂漠の真ん中に!映画やMVでよく見るカラフルな丘ってどこ?

Pocket はてブ

アメリカ・カリフォルニア州の砂漠の真ん中に存在する、とってもカラフルで思わず写真を撮りたくなるようなスポット「サルベーション・マウンテン(Salvation Mountain)」。

多くの映画やミュージックビデオでも使用され、観光客の人気スポットとなっています。実はこのアート、最初は無断で作り始めてしまったのだとか。

 

砂漠の中にあるポップでキュートなアート

3160573307_85c1c72d76_o

photo by Chuck Coker

アメリカ・カリフォルニア州パームスプリングから車で約130km。砂漠の中でひと際目立つアート、サルベーション・マウンテンは、レオナード・ナイト氏によって約30年かけて作られました。

丘にレンガ用の泥を押し固め、色を付けているそうです。

 

無断で作り始めちゃった

6281074628_a20132d79c_b

photo by Alison Jean Cole

現在80代のレオナード氏。1980年代、宗教的なメッセージを飛ばそうとやってきたものの実際に上げることができず、サルベーション・マウンテンを作ることを思いついたそうです。

なんと、最初は無断で作り始めてしまったのだとか。後に世界中から寄付が寄せられ、2002年には「国家的財産」に認定。

 

6281063686_5ce78af018_b

photo by Alison Jean Cole

ペンキや食料も、全て寄付によってまかなわれていたといいます。

 

テーマは「GOD IS LOVE」

8316063919_ca7c70ca47_b

photo by Brian

サルベーション・マウンテンのテーマは「GOD IS LOVE(神は愛)」。丘の至る所に、「GOD IS LOVE」の文字が見られます。

 

3755851348_2e1c10052d_b

photo by hmcharg

山のふもとには、レオナード氏が住居として使っていたトラックも。寄付を受けたシボレーの51年型トラックで、車内には冷房もないそうです。

 

5941524275_4c4436d50f_b

photo by MythicSeabass

また、「オズの魔法使い」でドロシーやライオンがオズの国に向かう際に通る“イエロー・ブリック・ロード”という黄色い階段も再現されています。

 

多くの映画やミュージックビデオに登場

このとっても可愛いアート作品は、ショーン・ペンが脚本・プロデュース・監督を務めた2007年公開の映画「イントゥ・ザ・ワイルド」の撮影で使われました。劇中にはレオナード氏も登場。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

阿部まなみ
阿部まなみ
コンテンツディレクター
*コンテンツディレクター* 高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニュ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

アメリカのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ