平成生まれのための「猿岩石」解説!ここから、現代バックパッカーの時代が始まった

Pocket はてブ

現在ではすっかりMCとしてテレビの顔に定着した有吉弘行さんですが、実はもともと「進め!電波少年」というテレビ番組のユーラシア大陸ヒッチハイク横断という企画で一気に売れた「旅人芸人」でした。

一定以上の年齢の方は「そんなこと常識じゃん。」と思うかもしれませんが、一方20歳前後の方は「知らなかった!」という人のほうが多いかもしれませんね。

それもそのはず、今年2016年は有吉弘行さんの旅からちょうど20周年なのですから!!

というわけで、今回は現在では超大物芸能人になった有吉弘行さんの原点である「猿岩石」の旅を改めて振り返ってみたいと思います。

 

番組内容を知らされないで受けたオーディションで合格!

スクリーンショット 2016-03-08 16.00.45

実はもともと有吉さんは「猿岩石」というコンビ芸人のボケ担当でした。彼が旅に出たのは猿岩石だったときで、当時の相方の森脇さんと二人で旅に出ることになりました。

 

しかし、この二人は自分たちがこれから旅をしなければならないことをまったく知りませんでした。

彼らはオーディションで合格したものの、そのオーディションがユーラシア大陸をヒッチハイクで横断する芸人を決めるオーディションだなんて聞かされていなかったのです!

 

猿岩石、香港に降り立つ


オーディションに合格した猿岩石の二人は香港へ。若手芸人の彼らにとって海外ロケなんてまたとない売れるチャンス!

「猿岩石だ!」と叫びながら舞台に登場しました。登場にはかなり勢いがありましたが、現在の有吉さんからは想像もつかないほどガチガチの表情が印象的です。

満員の観客の中、ついに企画の説明が始められました。

「では、これから…香港からロンドンまでヒッチハイクで行ってもらいます!」

開いた口がふさがらないとはまさにこのこと!猿岩石の二人は口を半開きにしたまま、固まってしまいました。

そして、わけのわからないまま出発することになったのです。

 

アジアをヒッチハイクで進…めない


香港を出発した彼らはまず中国にわたることにしました。しかし、ビザが取れずいきなり足止めを食らってしまいます。

なんとかビザを取得して中国に入国したものの、今度はヒッチハイクがつかまらずまたしても足止め。4日も5日も中国の街で野宿することになってしまいます。

どうやら彼らの旅はこの時点ですべてが決まったようで、その後も何度となくビザとヒッチハイクの足止めを食らうことになるのです…。

 

トラブル、トラブル&トラブル!!


アジアでは香港→中国→ベトナム→ラオス→タイ→ミャンマー→インド→パキスタンと旅をしましたが、すべての国でなんらかのトラブルに巻き込まれたのは言うまでもありません。

香港ではビザ事務所が休みで、旅初日に野宿をすることになりました。

ラオスでは川を渡ってタイに入国しようとしましたが、川を渡るお金がなくすぐ向かいにタイがある中で野宿をしなければならなくなったこともあります。

 

1 2
Pocket はてブ

WRITER

佐々木拓馬
佐々木拓馬
せかいいっしゅうしましょう じぶんのいきたいところにいきましょう むずかしいことはなしにして さぁ、いきましょう

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

世界一周経験者の記事

FEATURED特集

特集一覧へ