スペイン語

バイリンガルを超えよう!第2外国語にぴったりの5つの言語

スペイン語
Pocket はてブ

第2外国語を勉強するのは簡単な事ではありませんよね。たくさんの時間を費やし、決意とモチベーションをキープしないと成果が現れないのが語学学習です。しかし、中には他の言語と比べて比較的簡単に習得できる言語があります。

バイリンガルを超えてマルチリンガルを目指しているあなたの為に、5つの習得しやすい第2外国語をリストアップしました。これらの言語をマスターし自信をつけたら、難易度の高いフィンランド語なんかにもチャレンジしちゃいましょう!

 

1. 中国語

中国語

photo by shutterstock

世界で最も喋られている言語の1つなので、実践練習がしやすい所がポイントです。日本語と共通点(漢字)が多いのも魅力です。一つ一つの単語が短く、性別によって変化する単語もありません。

中国語を喋る人口(第一言語として)は、約13億7000万人にものぼると言われています。ビジネスの面でも日本と結びつきが強い中国ーグローバルキャリアを目指すなら、中国語はマストですね!

 

2. フランス語

フランス語

photo by shutterstock

2.2億人がフランス語を使用しているそうです。28カ国で公用語として使用され、地球上の全ての大陸でフランスが喋られています。そのため、どこ行ってもフランス語を喋る相手を探せるのがフランス語学習の強みです。

もう一つの強みはフランス語と英語は単語や文法が似ているので、英語を既に勉強していればフランス語はとても勉強しやすいでしょう。英語とフランス語のコンビネーションはどの言語を比べても最も類似点があると言われており、英語はフランス語に強く影響されていると言われています。

国連など多くの国際機関では、英語に並びフランス語が公用語として指定されている機関も多いので、こういった分野でキャリアを築きたい方は、今からフランス語に親しんでおくとよいでしょう。

 

3. スペイン語

スペイン語

photo by shutterstock

ラテン語とアラビア語に強く影響されているスペイン語。他の言語と比べて不規則に変化する単語が少ない事でも知られています。2050年までにアメリカで英語と共にスペイン語も公用語になるのではないかと言われています。

スペイン語の発音は日本人にとって発音がしやすい、という特徴もあります。ブラジルを除くほぼ全ての南米諸国で話されているスペイン語。中南米に興味のある方は、スペイン語を覚えておくと良いかもしれません。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して4年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

英語・語学の悩みを解決する