地獄谷温泉

信州旅行で行きたいおすすめの観光スポット5選

地獄谷温泉
Pocket はてブ

日本のほぼ中心にある信州・長野県。四方を山々に囲まれ、冬の寒さは青森県にも引けを取らない寒さとなります。

都内からも2~3時間ほどで行けるため日帰りでも泊まりでも旅行にはもってこいの場所です。さらに信州には美味しい食べ物がたくさん、そして冬は夏以上に魅力がたくさん♪

*編集部追記
2016年1月公開の記事に新たに3スポットを追加しました(2018/2/1)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

信州を観光してみた際の感想と、訪れた土地の感想

photo by pixta

私は過去に何度か信州を訪れていますが、夏は山や高原は気温が低くて過ごしやすく、生き生きとした緑が非常に美しいと感じたのを覚えています。

また冬は猿が温泉に入ることで有名な地獄谷野猿公苑、国営アルプスあづみの公園で行われるロマンチックなイルミネーションなど、冬ならではの見所満載で、信州はまさに年間を通して楽しめる観光スポットだなと感じました。

地獄谷野猿公苑は、日本人のみならず海外の観光客にも人気のスポットで、温泉に入るかわいい猿を鑑賞しにたくさんの人々が集まっていました。猿を鑑賞するときは、なるべく離れて、目をじっと見ないなどの注意書きがありますので、ルールを守って鑑賞しましょう。

また北信越地方でかなり人気が高いイルミネーション・光の森のページェントは、まるで宝石のようにキラキラと輝くカラフルな灯りが、自然と調和してとても美しいです。カップルに人気があるので、ぜひ恋人同士で訪れてみてはいかがでしょう?

 

おすすめのベストスポット

上高地


soraさん(@sora_ciel_sora)がシェアした投稿

私がおすすめするのは、信州きっての自然スポットとして知られる上高地です。日本有数の景勝地として名高い上高地ですが、特に夏は色濃く美しい緑が、秋は紅葉が素晴らしいのでおすすめです。

毎年11月16日から翌年4月26日までは上高地の閉山期になってしまうので、冬に信州に行く予定がある方は注意が必要です。上高地の雄大な自然風景は、まるで芸術品のように美しいので、一見の価値ありです。

 

信州といえば猿!世界で唯一猿が入る温泉♪

16119198262_33555f8ed2_b

photo by koji1106

11480336233_0e1317b30d_b

photo by the measure of mike

猿が温泉に入っている、テレビで1度は見たことがあるのではないでしょうか。ここ長野県北部にある“地獄谷野猿公苑”では世界で唯一猿が温泉に入る温泉として、日本人のみならず、外国人も多く訪れる人気の場所です。

なぜ、温泉に入る猿風情があって、冬だなぁと感じること間違いなしです!また、近くにある“後楽館”という宿にも露天風呂に猿が来ることもあり、運が良ければ一緒に入れるかもしれません。

■詳細情報
・アクセス:詳しいアクセス方法はこちら
・営業時間:4月~10月 8:30~17:00  11月~3月 9:00~16:00
(猿の行動により変わる場合がございます)
・定休日:無休
・電話番号:0269-33-4379
・料金:大人(中学生以上)500円/小人(5歳以上)250円/5歳未満無料
・公式サイトURL:jigokudani-yaenkoen.co.jp

 

北信越地方で人気No.1のイルミネーション

長野県の中部にある“国営アルプスあづみの公園”では毎年恒例のイルミネーションが開催されます。

アルプスあずみの公園は2ヶ所に分かれており、堀金・穂高地区と大町・松川地区の2ヶ所合計で約70万個の電球を使って、信州の澄んだ夜を明るく照らします。

冬の信州の氷点下になることがよくあります。防寒対策をしっかりして見に行ってくださいね。また、イルミネーションを見に行った後に浅間温泉で冷たくなった体を温めるなんてのもいいもんですよ。

■詳細情報
・アクセス:詳しいアクセス方法はこちら 堀金・穂高地区 大町・松川地区
・イルミ点灯時間:16:00~21:00
・定休日:月曜日 12/31・1/1 (12/21,28は開園)
堀金・穂高地区のみ12月31日(木)18:00~25:00にカウントダウン開催
・電話番号:堀金0263-71-5511 大町0261-21-1212
・料金:大人(15歳〜)410円/小人(小中学生)80円/シルバー(65歳〜)210円/幼児無料
当日に限り、1枚のチケットで両地区ご利用いただけます。
・公式サイトURL:azumino-koen.jp

 

黒と白の世界 地元民から烏城と呼ばれ愛される”松本城”

4211749477_f9b4b1d297_o

photo by Kabacchi

春は桜、夏は祭り、秋は紅葉、そして冬には純白の雪。長野県中部松本市、その中心にあるのが信州人から烏城と呼ばれ親しまれてきた松本城です。

なぜ、烏城(からすじょう)と言われるかというと屋根に壁そのほとんどが黒く塗られており、見た目が真っ黒いからだそうです。

冬になると一面に雪が積もり、夜になるとライトが点灯され、一層美しさを増します。また、風のない日にはお城の周りにはられた池に松本城が映し出され、感動することまちがいなしです!

時間があれば松本城の南に今もなお残る城下町を散策してみるのもいいですね。

■詳細情報
・アクセス:詳しいアクセス方法はこちら
・定休日:無休 (12/29~1/3を除く)
・電話番号:0263-32-2902
・料金:大人610円/小・中学生300円
(城内に入る場合のみ、外から見るのは無料)
・公式サイトURL:matsumoto-castle.jp

 

上高地

言わずと知れた、日本を代表する山岳観光地帯です。神が下りたつ地とされ、観光客は年間約150万人を数えます。

梓川にかかる河童橋から眺める穂高連峰は、季節を問わない景勝地として人気です。普段登山をしない人でも十分自然を満喫することができます。

■詳細情報
・名称 :上高地
・住所:長野県松本市上高地
・アクセス:沢渡バスターミナル駐車場まで約70分。マイカー規制のため、沢渡バスターミナルよりシャトルバスにて移動
・公式サイトURL:http://www.kamikochi.or.jp

 

女神湖

女の神山と呼ばれる蓼科山の姿見のように、その優美な山容を水面に映す高原の湖です。秋になると赤や黄色の紅葉が最高にきれいです。

朝もやに覆われる早朝の姿は本当に神秘的で美しく、ぜひ訪れたい観光スポットです。

■詳細情報
・名称 :女神湖
・住所:長野県北佐久郡立科町芦田八ケ野
・アクセス:佐久ICから車で50分
・公式サイトURL:http://shirakabakogen.jp/sight/megami.html

 

まとめ

8578537643_31e0e5fd0a_b

photo by iriskh

冬になるとスキーやスノーボードをするために多くの観光客が訪れる信州・長野県。ゲレンデ以外にも冬の信州には魅力がたくさん詰まっています。ぜひ今年の冬はお得に信州に遊びに来てみてはいかがでしょうか。

また、2015.12.12より公開され、全国で観客動員数ランキング1位を獲得するなど、女子中高生を中心に絶大な人気を獲得した映画『orange -オレンジ-』の舞台となっている松本市。

映画の中の世界がそのままの形で残っているのでぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して4年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

北陸観光のおすすめスポット一覧

FEATURED特集

特集一覧へ