フィンランド在住者のおすすめ「タリンクシリアライン」で北欧諸国をお得に船旅

Pocket はてブ

こんにちは。南西フィンランド在住のあおいです。フィンランドは現在、女子旅、ひとり旅やハネムーン等でとても人気の高いヨーロッパの国の1つですが、せっかくフィンランドに行くならお隣のスウェーデンや近くのタリンにも足を運んでみたい人が多いのではないでしょうか?

そこで今日は、フィンランド在住の私がいつも気軽に利用しているタリンクシリアラインで、フィンランドからスウェーデンのストックホルムまで簡単に足を運べる方法を、詳しい体験談をもとにご紹介いたします。

 

1.豪華客船シリアラインとは?


タリンクシリアラインは、現在近隣の北欧諸国を繋ぐ豪華客船のひとつです。船の中には、宿泊用のキャビン、免税店、BAR、カラオケ、ダンスクラブなど色々なアクティビティが盛りだくさん。

夜間、または昼間の運行どちらでも選べますが、私は夜の間に移動する方が時間をシフトできて便利なので、よくトゥルクからスウェーデンに行く際は、夜便を利用しています。

 

2.シリアラインはどこからどこまで運行しているの?

・ヘルシンキーストックホルム
・トゥルクーストックホルム
・ヘルシンキータリン
・ストックホルムーリガ
・ストックホルムータリン
・オーランド島行き

と現在6つのルートがあります。

 

3.フィンランドからストックホルムまで何時間かかる?

ヘルシンキからストックホルムまでは約15時間(夕方6時ごろ出発の、翌日10時頃到着 ※2017年夏現在)

トゥルクからストックホルムまでは約10時間(夜8時ごろ出発の、翌日6時頃到着 ※2017年夏現在)※スウェーデンは、フィンランドから時差マイナス1時間です。

時間だけ見ると少し長い印象があるかもしれませんが、宿泊込みで移動付きと思えば、夜中まで楽しめる旅行となって素敵なひとときが楽しめるでしょう。

 

4.シリアラインの予約チケットはキャビンのクラスによって異なります

※こちらは窓のついたAクラスキャビン

シリアラインを予約する際は、自分の部屋となるキャビンを予約することが必要で、価格はクラスによって異なります。

キャビンには豪華な内装をした部屋もあれば、ベッドが4つ設置されているコンパクトな部屋など、種類はかなり豊富です。

旅を最大限に楽しみたい人は海の眺めを見渡せる、プレミアムルームやデラックスルームがおすすめですが、船内のアクティビティを楽しむ旅中は寝るだけで十分な方には、A〜Cクラスの一般的なキャビンがオススメです。

 

5.シリアラインの予約料金は?

キャビンによってかなり差がありますので、詳しい料金は公式ホームページで見ていただく必要がありますが、今回は私のある日の予約料金を参考にお見せできればと思います。

2人でBクラスのキャビンを往復にて予約、行きのビュッフェディナー(1人35ユーロ)を合わせて、合計270ユーロ(日本円33,750円 ※2017年現在)でした。

食事、宿泊キャビン、交通費と含めて一人当たり往復1万7千円って結構お得ではないでしょうか?

ちなみに私たちが選んだキャビンにはベッドが4つありましたので、キャビンの1部屋代金は友達や家族が4人集まれば割り勘となり、もっと安く宿泊できるのも是非知ってほしい情報です。※キャビンの収容人数によります

1 2
Pocket はてブ

WRITER

あおい
大阪生まれ、フィンランド在住。幼い頃から夢見たフィンランド留学中に、ひょんなことから出会ったフィンランド人と恋に落ちて、大学卒業後に結婚。2015年の夏にフィンランドへ移住後グラフィックデザイナー…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

北ヨーロッパ(北欧)のおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ