留学で後悔しないために、絶対にやるべき英語の勉強まとめ!

Pocket はてブ

語学留学生がやっておけばよかったと最も後悔するのが「留学前の事前勉強」。今回は中でもTABIPPOがオススメしているフィリピン留学を例に、留学後に後悔しないためにどんな勉強を留学前にすればいいのかをお話しします。

基本的に、日本でできる勉強はすべて日本で済ませておくことを頭に入れておきましょう。日本で勉強できることをわざわざ留学先でやるのは、時間の無駄になってしまうのでくれぐれも気をつけて。

 

1つの単語帳を何周もしよう!

shutterstock_242620702

photo by shutterstock

まず手をつけるべきは「英単語」です。英単語やイディオムはどれだけ覚えていても損をしないので、今この瞬間から勉強を始めましょう。ただ、漠然と単語を覚えるのではなく単語が使われている例文も一緒に読んで、その単語がどのようなニュアンスで使用される単語なのかを意識しながら覚えるのがおすすめ。

単語を覚えていてもその使用方法がわからなければ、生きた英語になりません。

 

ちなみにおすすめの単語帳は「DUO 3.0」です。

この単語帳は、現代英語の重要単語1,600語と重要熟語1,000語を重複なしで560本の英文に凝縮されており、英文を読みながら単語も覚えられちゃうので英語初心者から上級者の方まで幅広くおすすめできます!

 

留学前に文法は完ぺきに!

shutterstock_283633109

photo by shutterstock

単語と合わせて文法もしっかり勉強しておきましょう。

中学レベルの基本的な文法を覚えていれば最低限会話はできます。しかし、それ以上の細かいニュアンスであったり、1つのテーマに関してみんなディスカッションをするなどの際には大学受験レベルの文法も勉強しておいた方がいいです。

英語の文法書であれば「ネクストステージ」がおすすめ!基礎から応用レベルの文法が問題形式で効率良く学べます。

 

辞書は英英辞書を使おう!

shutterstock_397573084

photo by shutterstock

上記の単語の勉強や文法の勉強をする際には日英辞書を使うのではなく、英英辞書を使うようにしましょう。英語を日本語で解釈するとどうしても細かいニュアンスが理解できなかったりします。わからない語彙は英語の文で理解することでよりネイティブに近い英語を理解することができます。

 

海外映画や海外ドラマで英語に慣れておこう

shutterstock_289654529

photo by shutterstock

単語や文法の勉強と並行して、リスニングの勉強もしておきましょう。もちろん留学すれば一日中英語に触れることになるので次第に耳も英語に慣れてきます。しかし、それでも最初はなかなか聞き取ることに一生懸命になってしまうので、できるだけ日本にいるうちから海外映画や海外ドラマを見て、英語での会話に慣れておくことが大切です。

毎日少しでも英語に慣れておきましょう。

 

できれば発音練習も!

shutterstock_320923037

photo by shutterstock

最後にここまでできれば完璧ですが、発音の練習もしておきましょう。日本人は特に英語の発音が苦手だとされていて、フィリピン留学をすると例えば「r」と「l」の違いで何回も先生から指摘されるかと思います。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

狭間純平
1994年宮城県生まれ。一橋大学法学部。大学入学後はヒッチハイクの経験を生かして任意団体、東京旅人会を創設・運営する。また、株式会社TABIPPOでWEB/SNSを使ったマーケティングを学ぶ。その…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

フィリピン留学 情報まとめ

FEATURED特集

特集一覧へ