北欧旅行へいく前にチェックしたい服装まとめ!これで、−20度にだって耐えられる

Pocket はてブ

こんにちは。南フィンランド在住のあおいです。

現在、私が住んでいる北欧フィンランドは皆さんがご存知の通り、オーロラにサンタクロース、本場のクリスマスマーケット等で人気の北欧諸国の1つでもあり、この時期になると北ヨーロッパならではのアクティビティや絶景の雪景色を楽しもうと、たくさんの日本人観光客が訪れています。

そこで今回、フィンランドやスウェーデンをはじめとする北欧旅行をご計画中の方に、冬の北ヨーロッパでも安心して過ごせる服装や防寒対策についてご紹介したいと思います。日本では信じられないほどの厳しい寒さを体験することになるので、真冬は氷点下10度、いやもっと寒い時は-20度の極寒の中で過ごせる服装を前もって準備することが必要です。

 

フィンランドはどのくらい寒いのか。11月の気温と天気について

実は今年、例年より早く雪が降ったので、11月からぐっと気温が低下してあっという間に氷点下に突入しました。この時期フィンランドの首都ヘルシンキ(南フィンランド)ではマイナス3度~5度が観測されています。

そのほか、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、アイスランドでもほぼ同じくらいの気温が観測されているので、北欧諸国は日本よりも随分と早い雪景色に包まれています。ちなみに天気予報では氷点下3度ですが、体感気温は-10度とも言われているのでそれ相応の防寒対策が必要です。

 

北欧旅行へ行く前に要チェック!現在の防寒対策と服装は?

北欧旅行

11月、現在は氷点下3度~の気温ですので、私は日本から持ってきた普通のコート、またはジャケットの中にヒートテックやセーターを着込んで外を歩いています。雪が降り始めて間もない頃は、日本の1月で着る服装に、ちょっとだけ多めの防寒を意識するくらいで結構寒さはしのげます。

ただ、マフラーの巻き方は要注意ですね。

北欧旅行服装

首元を冷やして旅行中に風邪を引かないようにお気をつけください。

しかしこの服装は11月までの話です。12月からは更に冷え込みますので、今あなたが日本でお使いのファッション重視の薄いコート、ジャケットは、北欧旅行で使い物にならないかもしれません…次は本格的に冷え込む時の服装をご紹介します。

 

そのジャケットじゃ凍え死ぬ!可愛さ重視で上着を選ぶと絶対後悔。

北欧服装

1 2
Pocket はてブ

WRITER

あおい
大阪生まれ、フィンランド在住。幼い頃から夢見たフィンランド留学中に、ひょんなことから出会ったフィンランド人と恋に落ちて、大学卒業後に結婚。2015年の夏にフィンランドへ移住後グラフィックデザイナー…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

服装

FEATURED特集

特集一覧へ