台湾旅行で使える中国語フレーズ20選

Pocket はてブ

日本からも近く、気軽に行くことができる国、台湾。台湾マッサージや屋台など、日本人にとっても魅力的なものが多い国なので、旅行にも大人気ですよね。

台湾では中国の北京語が基本として使われているのですが、中国国内で使われている言葉とは、発音の仕方などに少し違いがあります。

今回は旅行で使えて通じる、台湾の中国語フレーズをご紹介します!これだけ覚えていけば、きっと楽しい旅行になりますよ!

 

1.您好(リゥーホゥー)

「こんにちは」
中国語のニーハオとは少し発音が異なります。空港やホテルでも使われる、基本の挨拶です。

2.再見(ツァイゲン)

「さようなら」
こちらも中国語と漢字は一緒ですが、発音が異なります。

 

3.不好意思(ブーハオイースー)

「すみません」
日本語のすみませんと同じ意味合いを持っています。何かを訪ねたい場合などに使ったり、ちょっと謝りたい時などにも使います。

 

4.請問(チンウェン)

「お尋ねしたいのですが/お聞きしたいのですが」
とても丁寧な言い回しなので、初対面の人に何かを訪ねる時に使える言葉です。

 

5.請写一下(チンシィエイーシィァ)

「書いていただけますか?」
行きたい場所までの道を書いて欲しい場合などに、この言葉でお願いしてみましょう。

 

6.我要坐計程車(ウォヤオズォジーツェンチョー)

「私はタクシーに乗りたいです」
ホテルなどでこの言葉を言えば、タクシーが呼んでもらえますよ。

7.謝謝(セーセー)/感謝(ガムシャ)

「ありがとうございます」
謝謝(シエシエ)は日本語でも知られている表現ですが、それを台湾式に発音したのがセーセ。感謝(ガムシャ)を使うと、より丁寧な言い方になります。

 

8.呷飽啊(チャッバー)/猶末呷(アベチャッ)

「食べました/まだです」
台湾では「呷飽没?(チャッバーベー)“ご飯食べましたか?”」が挨拶としてよく使われます。それの返事として使えるのがこの言葉です。

 

9.洗手間在哪裡?(シーソウジェンザイナーリ?)

「トイレはどこにありますか?」
洗手間という感じが、日本語のお手洗いと似ていますので、漢字だけでも覚えておくことをオススメします。

 

10.我要這個(ウォヤオチェーガ)

「これをください」
台湾といえば行きたいのが屋台ですよね。欲しいものを指さして、この言葉を使いましょう。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

鈴木夏樹
鈴木夏樹
毎週末、夫と3歳になる娘と一緒にどこかに出かけています♪連休が取れたら必ず旅行!というくらいの旅行好き♡海外旅行には最近行けていませんが、旅行情報を見ているだけでも楽しくなっちゃいます♪

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

台湾のおすすめ観光スポット・旅行情報一覧