竹富島のおすすめ観光スポット10選

Pocket はてブ

沖縄県の八重山諸島にある竹富島は、どこか懐しい沖縄の原風景が残る島として、毎年多くの観光客が訪れる隠れた人気旅行先です。

どこまでも続くエメラルドグリーンの海に、白砂の道・赤瓦の屋根など、島特有ののんびりとした流れに身を任せ、日々の忙しさを忘れることができます。

今回は、そんな竹富島に旅行に行った際に必ず訪れたい観光スポット10ヶ所を厳選してご紹介いたします。

*編集部追記
2016年8月の記事に新たに3スポットを追加しました。

 

1.なごみの塔

yumikotoriさん(@yumikotori)が投稿した写真 – 2016 6月 28 2:13午前 PDT

竹富島を代表する観光スポットで、赤瓦の屋根が残る集落の様子を一望できる展望台です。

この塔が設置された1953年のころは、メガホンで住民に連絡する場所として使われていたそう。展望台の定員は2名で、1名ずつしか上ることができないので、人が多い時は待つ場合もあるそうです。

■詳細情報
・名称:なごみの塔
・住所:沖縄県八重山郡竹富町字竹富
・アクセス:●竹富東港→なごみの塔(約1.2km)車/約1分( 40km/h)、自転車/約6分、徒歩/約22分
・マップ:
・電話番号:0980-82-5445
・料金:入場無料
・公式サイトURL:http://www.taketomizima.net/k-nagomi.php

 

2.西桟橋

hirokiさん(@hi.ro.a)が投稿した写真 – 2016 8月 16 4:52午前 PDT

国の登録有形文化財に選ばれており、夕日の名所として知られる「西桟橋」。

西に向かって伸びているため、夕日がとてもきれいに見えるそうで、夕暮れ時は島中の観光客が来ているのではないかと思うほど混雑するそう。

日中はあまり人が多くないので、人混みが苦手という方は、昼間に訪れるのをオススメします。

■詳細情報
・名称:西桟橋
・住所:沖縄県八重山郡竹富町竹富207
・アクセス:集落から西に徒歩約5分
・マップ:
・公式サイトURL:http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/185123

 

3.コンドイビーチ

yumiさん(@yu_mi.shi_ba)が投稿した写真 – 2016 8月 15 4:19午前 PDT

「コンドイビーチ」を訪れれば、その美しいコバルトブルー色の海に、心身ともに癒されるはず!

ただずっと、このまま眺めていたい…そんな気持ちになるほど、きれいだと評判の海です。しかしながら、遠浅でほとんど波がなく、砂地が続くので、シュノーケリングには適していません。

■詳細情報
・名称:コンドイビーチ
・アクセス:竹富東港→コンドイビーチ(約2.3km) 自転車/約12分、徒歩/約43分
・マップ:
・公式サイトURL:http://www.taketomizima.net/k-kondoi.php

 

4.カイジ浜

「カイジ浜」は、星砂の浜として有名なビーチです。星砂とは、有孔虫の殻が堆積したもので、星のような形状をしていることから「星砂」と呼ばれています。

この「星砂」を持っていると幸せになれるといわれており、数多くの観光客が、砂浜にしゃがんで星の砂を探しているそう。残念ですが、ここは遊泳禁止となっています。

■詳細情報
・名称:カイジ浜
・住所:沖縄県八重山郡 竹富町竹富
・アクセス:竹富東港→カイジ浜(約2.7km) 自転車/約14分、徒歩/約50分
・マップ:
・公式サイトURL:http://www.taketomizima.net/k-kaiji.php

 

5.喜宝院蒐集館(きほういんしゅうしゅうかん)

日本最南端のお寺「喜宝院」と、そこに併設する民芸品などを集めた「蒐集館」。

世界的にも珍しいワラを使った「藁算」や、竹富島で織られた芭蕉布、竹富島で実際に使われていた民具や農具などが展示されています。竹富島の歴史に触れられる場所ですので、ぜひ足を運んでみてください。

■詳細情報
・名称:喜宝院蒐集館
・住所:沖縄県八重山郡竹富町竹富108
・アクセス:竹富東港→喜宝院・蒐集館(約1.2km) 車/約1分( 40km/h)、自転車/約6分、徒歩/約22分
・マップ:
・営業時間:9時~17時
・定休日:種子取祭の開催日
・電話番号:0980-85-2202
・料金:大人/300円、小中学生/150円
・公式サイトURL:http://www004.upp.so-net.ne.jp/kihouin/
1 2
Pocket はてブ

WRITER

yamboro
yamboro
オランダのアートアカデミーでイラストとグラフィックデザインを勉強中。現在は休学して、旅をしながらノマド的生活を送っている。マイナーな国に行くのが好き。現在中央アジアを放浪中。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

九州・沖縄観光のおすすめスポット一覧

FEATURED特集

特集一覧へ