旅人に嬉しいゲストハウスでの5つの特典とは

Pocket はてブ

「ゲストハウス」ってご存知ですか?一言でいうと、世界各地にある、素泊まりの安宿です。でも、ゲストハウスの利点は、安いだけじゃないんです。そんなゲストハウスで、地域の特徴をつかんだ面白いサービスを受けたので、紹介します!

 

1.Facebook 「いいね!」で、1ティッシュ

11206093_699199220212606_7888421545528619130_n

 Photo by Miki Nishikawa

ラオスの ビエンチャンのある宿で。ゲストハウスのFacebookページにいいね!をすると、ポケットティッシュが1つもらえるというサービスをしていました。新しい発想だなぁ、と感心したのを覚えています。

旅をしていると案外ティッシュって重宝するんですよね。少々だとあまりかさばらないし。効果的な宣伝方法なのかもしれません。

 

2.バナナフリー

こちらラオス・ルアンパバーン。宿決めに彷徨っていると 、おじちゃんが「(うちの宿は)バナナ、コーヒー、フリー。」と。(え?バナナが無料!?)ラオスらしい斬新なサービス。大きさは日本の半分くらいだけど、食べ放題だから問題なし!朝ご飯に、昼のおやつに、あま~いバナナと、ちょっと甘めのラオコーヒーはいかが?

 

3.フリービール

shutterstock_140611192

Photo by shutterstock

こちらはポルトガル・リスボン。迷いながらなんとか到着し、重たい荷物と暑さでクタクタ。チェックインを済ませた直後、お姉さんが「フリービールいる?」「(え?ビール無料なの?)Yes…?」 って答えると、栓開けて「ごゆっくり!」って、キンキンに冷えた瓶ビール。ポルトガルに惚れた。

 

4.朝食&夕食フリー

10012554_699199786879216_7163600439762469580_n

Photo by Miki Nishikawa

引き続きポルトガル・リスボン。朝食が無料な宿はたまにありますが、夜ご飯までもが無料!ちなみにこの宿、1泊約1000円です。夕食といっても、野菜トマトスープやチャーハンなど軽食程度のもの。でもお代わり自由だから!

1 2
Pocket はてブ

WRITER

nipo
NishikawaMiki
私たちは日本人でなく世界人だ。
大学4年。大学最初の夏にイギリス留学を経験し、海外の魅力に圧倒された。その後長期休みを利用し、ボランティア(カンボジア モンゴル インドネシア)、親子旅(韓国)、東南アジアパッカー(マレーシア ラ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

ホテル・宿泊

FEATURED特集

特集一覧へ