「海外に興味がなかった19才東大女子」外国人と旅して考え方が180度変わった

提供 : トップデックトラベル 日本事務所
Pocket はてブ

 

農場体験!ホームメイドのアフターヌーンティーとスコーンも楽しめる!


旅の最終日に参加者全員で、いかにもニュージーランドらしい大きな牧場を訪れました。牧場を経営する老夫婦が初対面の私たちを温かく出迎えてくれ、牧場内を案内してくれたのですが、特に印象的だったのは羊の毛を刈るシーン!逃げ惑う羊を捕まえるところは少しかわいそうでしたが、羊にストレスを与えないよう素早く毛を刈る技術を目の当たりにし、さすがプロだなと感じました。

見学の後は、奥さんお手製のスコーンやケーキをいただきました!これがまたとても美味しかったです!おかわりも自由にできたので、私はつい3個ほど食べてしましました(笑)。羊以外にも子牛や鶏や犬や猫など様々な動物と触れ合うことができ、動物好きの私にとっては天国のような場所でした。

 

アロー川をマウンテンバイクでサイクリング!

旅の6日目には皆で大自然をサイクリング!クイーンズタウンに程近い可愛らしい街並みのアロータウンを出発し、バンジージャンプで有名なカワラウ橋までマウンテンバイクで走りました。コースは山々の中を通っているためアップダウンがかなり激しく、崖すれすれの道もありました。

油断すると大変なことになりそうでヒヤヒヤしましたが、色んな風景を楽しみながらの変化に富んだコースを走るサイクリングは、日本では絶対できない体験だなと思いました。途中何度か休憩を挟みながら13キロの道のりを走破!

サイクリングのあまりのハードさに中にはリタイアする人もいるみたいですが、今回はどうやら全員がゴールまで辿り着けたみたいです。(実際には体力に自信のない私でもなんとかなったので、そこまで大変じゃないのかも)マウンテンバイクはこれまた人生初でしたが、風がとても気持ち良くて景色も最高でした!

 

Topdeckに参加する前と後の変化

旅に参加する以前の私は、とても国内志向でした。大学の友人たちの中には留学を目指している人も多くいましたが、「自分はいいかな、一人で海外に行くのはこわいし…」という内気な考え方でした。でもTopdeckに参加した後は、旅に行く前の自分と比べて、精神・肉体共に強くなり、海外に対するハードルが下がった気がします。

今回の旅に参加し、各国の人と一緒に様々なアクティビティを体験したことで、自ら英語でコミュニケーションをとることができるようになりました。きっと、この旅に参加しなければ乗り越えることができなかった壁だと思います。そのおかげで、海外に行くことや留学に対する興味が湧き、将来の選択肢が広がった気がします。

学生のうちにこういったことに気づけただけでも、Topdeckのバストリップに参加して良かったと思いました。また、旅を通じて学んだことは、これからの生活に活きてくると思います。これからも、積極的に海外に飛び出して行こうと思えるようになりました。

 

在学中にTopdeckに行った方がよい理由

all photo by megumi oda

トップデック以外の旅にも共通することですが、社会人になるとどうしても海外旅行は行ける時期や期間が限られてくると思います。比較的自由に時間が使える学生の間にこそ、なるべく海外に行っておくべきです。そしてどうせ行くなら、人生に一度はTopdeckの旅も体験して欲しいです!

外見も国籍も様々なトリップメイトたちと旅を共にしていくうちに、日本国内では決して持てないような新たな価値観が確実に生まれます。断言できます!私自身も、旅に参加する以前と比べ格段に視野が広がりました。他の場所では味わえない体験ですし、学生のうちにそういった経験を積んでおくことは、今後の学生生活や社会に出てからの人生をも有意義にしてくれると思います!

 

Topdeckでは豪華賞品が当たるキャンペーン開催中

Topdeckでは、アルクとのコラボレーション企画「旅のプロモーション動画 字幕動画コンテスト」を実施しています。Topdeckの90秒のプロモーション動画に表示される数行の英語センテンスを翻訳して応募するとTopdeckの旅があたるチャンス!動画を最後までに見るとお得な特典があるかも!?

【キャンペーン期間】

2017年7月25日(火)まで

1 2
Pocket はてブ

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

バス

FEATURED特集

特集一覧へ