渡航費・移動費ゼロ♡ヨーロッパを旅してくれるユーストラベルライターを募集します!

提供 : 欧州エキスプレス
Pocket はてブ

こんにちは。TABIPPOライターの小倉です。みなさんは、旅でどのような交通手段を選択しますか?飛行機、フェリー、バスに電車…どれも定番ですね。わたしも普段はありきたりな交通手段に限ってしまいがちなのですが…いつかは鉄道を使って旅をしてみたいな、と夢見ています。

行き先は…憧れのヨーロッパなんていいですね♡車窓から大自然を眺め、街ごとに変わる景色を楽しみ、ヨーロッパの国々を訪れる…まるで映画のよう!

 

ライターになるとヨーロッパ鉄道の旅が「無料」で満喫できるんです

そんな素敵な旅の妄想が止まらないわたしに朗報が届きました。

なんと、欧州エキスプレス(マックスビスタトラベル)がヨーロッパの魅力を伝えるユーストラベルライターを募集中らしいです!選ばれたあかつきには…ヨーロッパ鉄道パスと航空券を無料でプレゼントされちゃいます!!

traintravel_btn01

 

ヨーロッパ周遊の旅のチケットをゲットするには?

travel_writer

鉄道でヨーロッパ周遊の旅なんて、とってもロマンチック!なんだか大人の仲間入りをした気分になれそう♡そんな夢のような企画が本当にあるの!?…と思っている方もいると思いますので、以下概要をじっくり読んでぜひ応募してみてくださいね♡

 

プレゼント内容

①ユーレイルセレクトパス2等 (2カ月間の内、8日間お好きな日付でご利用頂けます。)
※ヨーロッパ27カ国の中から隣接する2~4カ国を選択可能です。

②ヨーロッパ行き往復航空券
航空会社は参加者に直接お伝えさせて頂きます。

※なお航空会社の指定はできませんのでご了承ください。
※ヨーロッパの到着地、出発地についてはパスのご希望をお伺い、確定させていただいた後にこちらからご指定させていただきます。

 

対象国

フランス・ドイツ・スイス・イタリア・スペイン・ポルトガル・ベネルクス※・オーストリア・ハンガリー・チェコ・ルーマニア・デンマーク・スウェーデン・ノルウェー・フィンランド・ギリシャ・アイルランド・スロベニア&クロアチア※1ブルガリア・トルコ・ポーランド・スロバキア・セルビア&モンテネグロ※1

※1:オランダ・ベルギー・ルクセンブルクは3つで1ヶ国(ベネルクス)扱い、スロベニア&クロアチアとセルビア&モンテネグロは2つで1ヶ国扱いとなります。

旅する国はヨーロッパ27か国の中からお好きな2~4か国を選択可能!

 

募集要項

・対象年齢: 満18歳以上27歳以下の方(ご旅行開始時点)
・募集人数: 合計2名様(ペアでの応募、1名様での応募、どちらも可)
・旅程: 2017年02月10日~2017年03月20日中にご旅行可能な方
※ただし搭乗日は平日のみとさせていただきます。
※お友達やカップルでの応募も大歓迎です♪

 

応募条件

・1日に少なくとも1回、指定ハッシュタグを付けインスタグラムへ写真を投稿できる方。
・ご帰国後旅行中の日記またはコラム(写真付き、動画も可)を1週間以内に提出できる方。
・有効なパスポートを所持している方。
・ご自身で考えたヨーロッパ2カ国以上を周遊する旅程を事前に提出できる方。
・コラム掲載時にご自身のお名前(ペンネーム可)・顔写真を出せる方。
・帰国報告と撮影物(動画、写真など)の納品していただける方。

 

選考方法

2016年12月20日(火)応募締め切り後、弊社基準の下、候補者を選考し、メールにてご連絡致します。候補者に選ばれた方には今までSNS等に投稿した選りすぐりのコメント付きの写真1枚を2016年12月31日(土)までに指定メールアドレスにお送りいただきます。そちらをもとにモニター参加者を決定させて頂きます。

一次選考応募締切:2016年12月20日(火)
二次選考書類提出締切り:2016年12月31日(土)
対象者発表:2017年1月10日(火)

traintravel_btn01

 

あなたはどこ行く?なにをする?

約40日というたっぷりな期間、27カ国から自由に選べる国、そして、車窓から眺めるヨーロッパの大自然。考えるだけでわくわくしますよね♡あなたがユーストラベルライターに選ばれたなら、是非とも訪れてほしいスポットをご紹介します♪

ノイシュヴァンシュタイン城(ドイツ)


ドイツ南部のバイエルン州に19世紀にルートヴィヒ2世によって建てられました。通常、城というのは要塞や外交のための宮殿としての役目をおっていますが、こちらのお城は彼の趣味のため、というので驚きです。

シンデレラ城のモデルとなっていることで知られています。こんなお城で舞踏会なんてロマンチック♥


ドイツのお城めぐりがお好みであれば、近隣にあるホーエンシュヴァンガウ城もおすすめ。湖の静けさと、お城の厳格なたたずまいはぜひとも写真におさめておきたい風景です。

また、ドイツと言えば、女の子に大人気のクリスマスマーケット!!欧州エキスプレス(マックスビスタトラベル)では「本場ドイツ クリスマスマーケット特集」を展開されておりますので、こちらもぜひチェックしてみてください♡

シェーンブルン宮殿(オーストリア)


オーストリア・ウィーンには是非見ておきたい宮殿がいくつかありますが、そのうちのひとつが「シェーンブルン宮殿」。あのマリー・アントワネットがこの宮殿で育ちました。

夜のライトアップされた姿も素敵ですが、おすすめは朝。朝の澄んだ青空に、柔らかなイエローの壁がよく映えます。人気スポットなので、他の観光客より早く訪れ、ばっちりいい写真を撮りましょう!

オーロラ(ノルウェー)


絶景って、写真の中でもその壮大さや美しさを存分に発揮しますよね。それが、そこにずっとあるものではなく、様々な巡り合わせから自分の目の前に表れたら、その感動は、写真だけではなく心にもくっきりと刻まれるでしょう。

オーロラが奇跡のように美しく感じられるのは、きっと永遠不動のものではないから。条件がぴったり重なって、初めて目にできるもの。今回のキャンペーンだと、1箇所に長く滞在することができるので、オーロラを待ちわびて、北欧・ノルウェーの自然に身を置くことだって可能です。

マッター・ホルンとリッフェル湖(スイス)


マッターホルンはアルプス山脈にある標高4,478mの山です。ピラミッド型をしており、イタリア語では「鹿の角」と呼ばれています。その麓にあるのが、リッフェル湖。リッフェル湖をはさんでマッターホルンをみると、その雪をかぶった三角形が、湖面に写り込み、「逆さマッターホルン」が表れます。

チボリ公園(デンマーク)


あのディズニーランドのモデルになったといわれているのがチボリ公園。「公園」と付いていますが、実際は遊園地です。その歴史は長く、世界最古の遊園地といわれています。コペンハーゲン中央駅の隣と、アクセスが抜群。おとぎの国の雰囲気に酔いしれたいものです。

ヒエラポリス・パムッカレ(トルコ)

#pamukkale #turquia #travel

Alexandre de Avilezさん(@alexandre_de_avilez)が投稿した写真 –


トルコ西部にある世界遺産(複合遺産)であるヒエラポリス-パムッカレ。どこかで見たことあるような棚田に似た形でありながら、全体的に淡い色合いの風景は、やはりどこにもない、ここでしか堪能できない絶景。

昔は温泉として人々の疲れを癒してきましたが、いまでは景観保護のために入浴は禁じられています。それでも、足先だけの利用なら大丈夫。トルコ生まれの温泉で、一休みしませんか?

サントリーニ島(ギリシャ)


石灰でできた建物の、白すぎる白が目に印象的なこちらの風景。まるでおもちゃの家のような可愛らしい佇まいは、遠目から眺めても、道中を散策しても絵になるのでシャッターを押す手が止まらないはず。

昼間の海と空の青、夕日が沈むオレンジ、美しい白と、どちらの色のコントラストを楽しみますか?

ドゥブロヴニク(クロアチア)

Dubrovnik, Croatia #dubrovnik #croatia

Geoff Moorhouseさん(@geoff.moorhouse)が投稿した写真 –


海辺に建つ可愛らしい家々、赤い屋根…どこかで見たことはありませんか?ドゥブロヴニクはアニメ映画『魔女の宅急便』のモデルになった街として知られています。


旧市街地は世界遺産にも登録されていて、「アドリア海の真珠」と表現されるほど美しい街並みです。ここを歩けば、あなたの気分はまるで見習い魔女。新しい土地と出会いに胸を躍らせること間違いなし♥

モン・サン=ミシェル(フランス)


日本のCMに起用されたことで、その荘厳な美しさが知られるようになったフランス西海岸にあるモン・サン=ミシェル。満潮時には海に浮かんでいるように見えます。

サン・マロ湾上に浮かぶ小島と修道院としての景色を楽しむだけでなく、モン・サン=ミシェルのなかには観光地が多数存在します。島内に宿泊し、ゆっくりと観光を楽しむのもいいですね。

 

妄想が膨らみすぎて待ちきれない♥ そんな人はいますぐ応募しよう!

どこも捨てがたいですね!あなたのプランなので欲張ってココもソコも…だってできちゃいます!インスタグラムと応募の準備はいいですか?鉄道で旅するヨーロッパの魅力を伝えるのは、未来のあなたかもしれません♡

traintravel_btn01

Pocket はてブ

Writer

TABIPPO専属ライター・ブロガー。鹿児島県出身。学生時代は家族と哲学について学び、卒業後はセブ留学へ。Webメディアへの寄稿を経て、帰国後は文字媒体の仕事をしていくことを決意。現在はTABIPPOで旅に関する記事執筆と個人ブログを運営中。好きなことは旅と映画と睡眠で、将来の夢は鹿児島県観光大使でテーマパーク評論家。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

旅に行きたくなるニュースやリリース情報