旅と結婚、両立できる?私はプロポーズをOKしてから3ヶ月間も悩み続けた

Pocket はてブ

旅と結婚を天秤にかけるとしたら、あなたはどちらを選びますか?旅好きのみなさんであれば「旅」と答える方も多いのではないでしょうか。つい最近まで、私もそうでした。
もちろん結婚して子供もほしい。けれど一生旅人を目指す私にとって、結婚が「お荷物」になるのではないか。自分がやりたいことを貫く方法は、しかたないけど一生独身という選択かもしれない。と、孤独と生きて行く覚悟を決めていたんです。
ところが、私は世界を旅する夢より先に結婚を選び、その後3ヶ月間も悩み続けました。
今回は筆者が実際に3ヶ月間どう悩んだのか。そして旅と結婚を両立できるかについて、お話します。

 

一生旅人を目指していた、23歳の私

shutterstock_330194918

photo by shutterstock

私の夢は世界一周でも定期的な海外旅行でもなく、その中でも一番ハードルが高いであろう「一生旅人」が夢でした。(いまは過去形で話をします)
ようはムーミン谷のスナフキンのように世界中を無期限に放浪すること。世界中にはどんな景色があって、どんな人がいて、どんな暮らしをしているのか。小さい頃にテレビで見た「世界がもし100人の村だったら」に衝撃を受け、とにかく世界をこの目で見てから死にたい!と、外の世界へ強く惹かれるようになったのです。

 

ある日、人生設計は思わぬ形で崩壊する

shutterstock_198103985

photo by shutterstock

23歳まではお金を貯めて、24歳から世界一周スタート。1年後に帰ってきたら日本を一周しよう。そして結婚して、27歳頃に子供を産めたら…なんて人生設計を組んでいました。
ところが私は昨年23歳の10月に、訪問介助を仕事にする同棲相手からプロポーズを受け、二つ返事でOKしました。ちょうど付き合って3年経った記念日のことです。
実は初めてのフランスひとり旅のときに、「どうして隣に彼がいないんだろう?」と自分でも予想外の感情を抱くことがあり、その経験が「この人以上はいない」と思う決め手になっていました。
今までの私は恋人を置いて旅にいくことに躊躇せず、「彼が港のように待っていてくれたら結婚しよう」と、嫌になるほど利己的に考えていたんです。けれど、私の人生設計はいとも簡単に崩壊しました。

 

旅への理解が得られず、感情をぶつけ合う毎日

shutterstock_291501950

photo by shutterstock

彼とは付き合う前からよく旅行にも行ってましたし、何ヶ月かに一回なら今でも付き合ってくれます。旅への想いは散々口にしていたので、てっきり結婚しても今まで通り旅ができるもんだと思い込んでいました。けれど、蓋を開けてみれば彼はかなりのリアリストで、私はかなりの夢見がちエゴイスト。
残業の多い仕事を辞めて家庭に専念することとなった私のために、今まで以上に仕事を頑張ろうとしてくれていた彼は、「旅なんて遊び。お金もないし、結婚したんだから今はやりたいことは諦めて」と私の息の根をとめるかのようなジャブをいくつも繰り出してきました。
shutterstock_410315752

photo by shutterstock

「旅なんて遊び?」この一言にはちょっと待て、と右ストレートをかましたくなるのですが、一旦落ち着いて。(修羅の戦争になりますので)
私は彼の理解が得られるよう散々説得しましたが、しまいには「世界一周なんて結婚前にやっておくべき」なんて言われちゃう始末。「そっちが勝手にプロポーズしたんやんけー!!!」と案の定喧嘩が絶えない日々が続きました。好きだった仕事を辞める決意や、これからの将来への不安もあったのだろうと思います。

 

私が愛した人は、私ほど旅が好きじゃなかった

shutterstock_337141949

photo by shutterstock

何度も頭の中で考えました。時期を早まったとか、他の人とならもっと旅も楽しみながら結婚生活を送れるのか、とか。でも、きっとそういうことじゃないんです。
ただ、好きになった人が旅好きじゃなかった。ただそれだけ。たまに「旅好きな人と結婚する!」という人を見かけますが、では旅好きと知って結婚した人が旅を好きじゃなくなったらどうしますか?離婚しますか?
こんな言いぶりでは全旅好き女子を敵に回してしまいそうですが、わざと意地悪な言い方をしたので許してください。もちろん、一緒に旅に行ってくれるようなアクティブな人と結婚したい、の訳だとは理解しています。

ですが、旅好きの人と結婚したから必ずしも2人で旅をできるかと言ったらそうではないですよね。むしろ相当な経済力のある人でないと家計は苦しくなる可能性も。
shutterstock_247845670

photo by shutterstock

誰かと一緒に生きていくことって、そう生半可なものじゃありません。理想通りではないですし、むしろ衝突ばかり。得る代わりに、何かを捨てる覚悟も必要なんです。
私はこの人のためなら旅を、夢を諦めてもいいかもしれない。そう思えたから結婚しました。もちろん旅は楽しいし、夢を諦めるつもりもありません。でも、彼と一緒にふざけて笑い合っている時間も最高に楽しいんです!

 

旅と結婚、あなたはどちらを選びますか?

shutterstock_212493655

photo by shutterstock

世界一周団体TABIPPOのメンバー16名に旅好きの結婚観についてアンケートをとり、旅と結婚を天秤にかけてもらいました!その結果がこちら。

【旅派】

■旅を我慢して結婚しても、長くは続かないと思うから。いつか旅欲が爆発しそう。笑

■結婚したら自由に行くのはかなり難しい お互いのスケジュールを合わせたりなど、どうしてもフットワークが重くなる

好きなことやっちゃだめなまま結婚しても幸せになれなそう。自分の子供に 結婚するために好きなこと諦めたんだよって言いたくないです。

【結婚派】

もちろん旅は大好きだけど、何か自分の未来を犠牲にして海外を知るよりも、大好きな人と大切な人生を幸せに歩めることの貴重さを、最近は実感してる。ある意味これまで出来る限り旅は出来たから、そう思えるのかも。

結婚しても旅させてくれる人と結婚する

旅はいつでも誰とでも出来るけど、結婚はいつでも出来ないし誰とでもできないから。
たしかに自分の子どもに「結婚するために好きなこと諦めたんだよ」って言いたくないですね。ありのままの旅好きな自分を受け入れてくれる人と結婚するのが、懸命な判断かもしれません。

 

結婚=旅できない、の世間的イメージは本当なのか?

亭主関白の我が家には、いつも母の存在がありました。その環境から、自分も結婚したら家を守らなければいけない、夫に尽くし支えることが「結婚の基本」だと思っていました。
なので結婚=旅のおわり。はい、あなたの夢は終了ですよ。と自分で自分に幕を閉じようとしたのです。
では結婚すると本当に旅ができなくなるのか、私だけの主観ではなくみんなの意見も見ていきましょう。
スクリーンショット 2017-01-22 1.10.10 PM

圧倒的に「思わない」人が多いですね。むしろ「思う」はテストで私が一票入れた結果なので、私以外の16名の方は即答で思わないと回答しました。
なんとも心強いというか、さすが旅人!頭の中もアグレッシブです。ではそんな旅人たちの持論をお聞きしましょう。
■旅好きの人と結婚して、旅しながら暮らせたら最高。もし旅好きでいなくても、自分がしょっちゅう旅に出ることをわかってほしい。

■一緒に旅に出てくれるような人を見つけるべき!!

■相手が旅好きじゃなくても、私が色んな国に行って心動かされたこととか、その生き方に興味を持ってくれたらそれでいいかなぁ。そう生きていきたいから。そんな関係だったらまあ、心地いいかな

■旅好きの人と結婚して今幸せです。 ってことで、旅好き結婚いいよ!ってのが持論です!

■ 旅好きが結婚するのは、自由がなくなるから少し嫌だなって思うかもしれませんが、考えればいくらでも自由に旅できる方法があるから、結婚はしたい。

 

旅への理解を得られず、離婚する人もいるという現実

shutterstock_532786732

photo by shutterstock

よくSNS上で離婚してしまった旅好きの女性を見かけます。「旅に行きたい」ことが必ずしも原因とは言わないけれど、おそらく関係しているのではないかと思います。
夫婦になるとお金も含めて2人のものですし、家事もあります。ましてや子供が居る方はさらに難しい。私たち夫婦の場合は、子供はまだいない代わりに我が子にも匹敵する愛犬がいます。やはり何か守る存在があると、衝突してしまうのはしかたないのかもしれません。
アンケートではこういった前向きな声も挙がっています。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

キタトモミ
キタトモミ
旅する愛犬家
*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

カップル・新婚旅行・ウエディング

FEATURED特集

特集一覧へ