ウクライナ

クリミアを中心に紛争が続く「ウクライナ」の世界遺産とは?

ウクライナ
Pocket はてブ

黒海に面したウクライナは、スラブ圏の中心として発展してきた国です。ヨーロッパとロシアの中間に位置するため、歴史的に様々な干渉を受けてきました。

現在は、2013年より続く紛争のためウクライナを旅行したい方も控えている状況かもしれませんが、本来は観光資源の豊富な素敵な国です。

そこで、今回は世界的にも有名なウクライナの世界遺産を全てご紹介します。

 

リヴィフ歴史地区

リヴィフ歴史地区

photo by Xiquinho Silva

リヴィフ歴史地区

photo by Jennifer Boyer

「ヨーロッパの真珠」とも言われる美しい街、リヴィフの旧市街には中世の名残を残すゴシック様式、バロック様式の建築物が数多く並びます。

ポーランドやオーストリアの支配下となっていた歴史もあり、東欧の伝統的建築だけでなく、イタリアやドイツなどの建築様式が混在していることが評価され、世界文化遺産に登録されました。

 

聖ソフィア大聖堂と関連する修道院建築物群、キエフ-ペチェールスカヤ大修道院

キエフ:聖ソフィア大聖堂と関連する修道院建築物群、キエフ-ペチェールスカヤ大修道院

photo by World Wide Gifts

ウクライナで最初に世界遺産登録された、首都キエフの建築物です。キエフ大公国の名残が強く残る独特の形をした屋根と、美しい装飾が施された外壁。

キリスト教の大聖堂である聖ソフィア大聖堂は中世ヨーロッパの建築物の中では最も大きな建物の一つです。ペチェールスカヤ大修道院では広い敷地内にいくつもの美しい教会を見ることができます。

 

タウリカ半島の古代都市とチョーラ

タウリカ半島の古代都市とチョーラ

photo by Grigory Gusev

タウリカ半島の古代都市とチョーラ

photo by Grigory Gusev

ウクライナ南部のクリミア半島にある古代都市遺跡と周辺の農業遺跡です。チョーラと呼ばれる長方形の区画で構成されていることが特徴。

ウクライナのポンペイとも呼ばれたこの古代都市の遺跡郡は、かつてウクライナの紙幣の図案にも採用されました。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

ルイス
前田塁
TABIPPO.NET編集長
慶應義塾大学商学部卒。大阪ガス、オプトを経てTABIPPOを立ち上げました。サーバー、コード、コンテンツ、マネタイズまでを担当するフルスタック編集長です。ツイートは旅行とテクノロジーと宇宙が多め。…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

世界遺産

FEATURED特集

特集一覧へ