ベトナム縦断1800Kmの大移動を「ベトナム風サンドイッチ」で語る!

Pocket はてブ

ベトナム料理と聞いたら、皆さんは1番に何を思い浮かべるでしょうか?

ゴイクン(生春巻き)やフォー(米粉麺)って方が多いんじゃないでしょうか?僕もベトナムに訪れるまでは、ずっとそうでした。でも出会ってしまったんです!バインミー(ベトナム風サンドイッチ)に!

 

バインミーはフランス統治時代の名残でフランスパン風の小さなバゲットにミートパテや野菜、パクチーなどを挟んだサンドイッチで外はカリカリの中はモッチモチのバゲットがなんとも言えず、美味なベトナムを代表するファストフードです。

バインミーは食べるお店や場所によって味も中身も様々!しかも、ベトナムは南北で2,300kmと長く、南から北まで気候も違うのできっとバインミーも土地それぞれの味わいがあるだろうと、思ったらバックパッカーには有名なシンツーリスト(旧シンカフェ)の1,800kmベトナム縦断オープンバスに乗り込んでいました。
sIMG_2551

photo by 022おふじ

 

ベトナム縦断オープンバスとは?

sIMG_3325

photo by 022おふじ

まずはベトナム縦断バインミー(ベトナム風サンドイッチ)を紹介する前に、ベトナム縦断するために僕が使ったオープンバスなるものをご紹介します。

このバスはベトナムのホーチミン、もしくはハノイ発の寝台バスで、ホーチミン〜ダラット〜ムイネ〜ニャチャン〜ホイアン〜ダナン〜フエ〜ハノイの都市の移動を1ヶ月の間乗り降り自由、逆走のみ不可というUS30$〜US50$と格安でベトナム1,800kmを縦断ができる便利なバスです。

このバスに乗ってホーチミン〜ハノイまでバインミーを食べてきました!

ホーチミン

sIMG_1676

photo by 022おふじ

僕が初めて食べたバインミーはこのホーチミンのバインミーで久々に食べたバインミーは変わらず美味しかったです。

バゲットにマヨネーズを塗り、コンビーフとレバーパテを塗り縦にスライスしたきゅうりと甘酢漬けの大根と人参とパクチーにヌックマムと呼ばれるベトナム魚醤をかけ、青唐辛子のスライスを散らして出来上がり!

青唐辛子が後からジワジワ効いてきて、辛いけれど!美味いあっという間に食べてしまいました。お値段は外国人バックパッカーの集まる安宿街のファングラーオ地区だったので少し高めの12000ベトナムドン(約65円)

 

ニャチャン

sIMG_3347

photo by 022おふじ

ベトナム随一のビーチリゾートのニャチャンでも食べるのはバインミー!

ここのはコンビーフは使わず豚のひき肉をその場で炒めて、オムレツを挟んでレタスたっぷりにケチャップとチリソースとヌックマムこれは、これで美味しかったけどイメージしていたバインミーとは少し違って困惑しました。お値段は8,000ベトナムドン(約45円)

 

ホイアン

sIMG_3379

photo by 022おふじ

ランタン祭りが有名なベトナム中部の古き良き街並みのホイアンでもバインミーが売っています!

ホイアンのバインミーはレバーパテとチャーシューのようなハムに大根と人参の細切りの甘酢漬けにパクチーに甘辛いチリソース、そして何て言うのだろう?インドネシア料理ではアボンという肉を細かく綿状にしたふりかけのようなものを挟んだバインミーです!

彩りと見た目はあまり良くないですが、やっぱりバインミーこれはこれでうまいのです!お値段10,000ベトナムドン(約55円)

 

ダナン

sIMG_3421

photo by 022おふじ

ベトナム中部最大の港湾都市ダナン。たまたま訪れた場所が悪かったのかバインミーの屋台を探すのに苦労しました。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

022おふじ
藤村ゆう(022おふじ)
子供の頃から転勤続き、いつの頃からかひとつの場所に定住することが苦手になり、日本全国世界中を行ったり来たり、ここ10年はインドネシアのバリ島をベースに定住していましたがさすがに10年で放浪癖が再燃…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

ご当地グルメ