世界で盛り上がるパーティーゲーム5選!

Pocket はてブ

世界中に友達が欲しい!世界中から集まって出会った人と仲良くなりたい!そう思う人も多いのではないでしょうか。旅や留学は、まさに現地の人や仲間と急接近できる大きなチャンス。そのチャンスを掴むにはみんなが集るお酒の席を利用するのも大アリだと思うのです。

ロサンゼルスで1年、マカオで2年海外生活を経験した筆者も当時は、仲間で集まると必ずといって始まるのがパーティーゲーム。盛り上がった後には友人も増え、語学も上達といいこと尽くしです!

 

そこで、今回は英語と中国語のゲーム、そして、国籍関係なく遊べる日本のゲームをご紹介します。はじめに言っておきますが、くれぐれも飲み過ぎないように!そしてお酒がなくても充分楽しめますので、ご安心を。

 

英語編① Beer Pong

3584984540_2c4acebace_o

Photo by Yogma

8116362145_ba866f389f_b

Photo by  Marc van der Chijs

アメリカで人気のゲームですが、ほぼ言葉関係なく遊べるところもビアポンの魅力。

ルールを簡単に説明すると、ビールの入ったコップを並べ真ん中に線をひき、相手側のカップの中にピンポンボールを入れるだけ。

入れられた側はその入ったコップのビールを飲まなければいけません。(入ったコップとその周り全部、という過激なルールも存在します。)

なんと、日本ビアポン協会というのも存在するので、詳しいルールはこちらから見ることができます。

 

英語編②Never have I ever

8629691648_3647d97661_b

Photo by  waitscm 

ちょっと英語の難易度は上がりますが、もう一つ定番のゲームが”ネヴァーハブアイエヴァー”

日本語に直すと、”私は今まで一度も◯◯したことない”ゲーム。

3人以上のグループで行います。大勢でもできるのがこのゲームの楽しいところ。

ルールは簡単で、プレーヤーは順番に、自分が今までに経験したことのないことを言っていきます。例えば…

 

“Never have I ever tied bungee jump”

私はバンジージャンプをしたことがありません。

“Never have I ever lived in L.A”

私はロサンゼルスに住んだことがありません。

 

相手が”未経験”で、自分が”経験済み”のことがあれば、1ポイント自分で数えます。指を折っていくのが全員からもよく見えるので簡単です。

3ポイント(または5ポイントの時もあり)溜まってしまったプレーヤーは飲む、もしくは罰ゲームとなります。

ゲーム序盤のコツは、できるだけ自分以外の多くの人が当てはまりそうなことを選ぶこと。

 

例えば、2番目の文の”ロサンゼルスに住んだことがない”は、自分が旅で訪れているだけなら、現地の人は全員当てはまってしまいますね。ゲームが進むにつれて、また相手のことをよく知れば知るほど、集中攻撃もできちゃいます。

初対面でも、仲良しでも、意外な経験が聞けちゃうので、盛り上がりますよ!

 

英語編③Truth or Dare

15206820_1a19a26c83_o

Photo by _e.t

よく罰ゲームにも使われるのがこの”真実(truth) or 挑戦(dare)”です。

例えばゲームで負けた相手に対して、それ以外の人が” Truth or Dare?” と質問します。負けた人はどちらかを選ばなければなりません。

Truth を選んだ場合、周りの人はその人に対して質問します。

相手は絶対に答えなくてはならないので、その質問は答えにくいもの、恥ずかしいもの、または相手が秘密にしていることがいいのです。例えば…

 

” Which one of us would you chose to be your girl friend?”

この中で彼女にするなら誰?

“What was the worst thing you did when you get drunk?”

酔っ払ってした最低なことは何?

 

などなど、挑戦を選ばなかったくらいですから、質問する人は、思いつく限り答えにくいものを選びます。

Dareを選んだ場合は、周りの人からの挑戦を受けます。つまり、周りの命令に従うということです。例えば…

 

男の子に対して”Pait your finger nail pink ”

手の爪にピンクのマニキュアを塗って。

女の子に対して” Draw mustache on your face and take picture”

1 2
Pocket はてブ

WRITER

彩愛
彩愛
旅で人生にトキメキを!
外資系客室乗務員として欧州と日本を往復しながら東京に暮らす。 18歳で初めて一人で海外へ行ったのを皮切りに、留学、インターン、世界一周と人生が旅に染まっていった。CAになる夢を叶えた今もバックパ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

世界遺産や絶景まとめ

FEATURED特集

特集一覧へ