ライター

漫画家。 大学3年時、インドのデリー大学に9ヶ月間留学。現在は自らサイトを立ち上げ、インド留学の経験をもとにしたエッセイ漫画「留学先はインド!? ~バイヤー伝~」を執筆中。

7-1 7-2 7-3

前回のお話が気になる方は
【マンガ】第1話「インド人全員が俺達を狙っている…」先入観だらけのインド留学がいよいよ始まる!
【マンガ】第2話「使い物にならない紙幣に警戒心MAX!」両替所でプチ争いが勃発!
【マンガ】第3話「空港を出たら待ち伏せする詐欺軍団!?」戦々恐々の中、ついに空港の外へ!
【マンガ】第4話「インドでバスに乗った事を後悔…」ボロボロのバスは冒険への始まりでした!
【マンガ】第5話「バスから見た光景に唖然…」激しい揺れとスピードの40分 間とは 
【マンガ】第6話「インドの洗礼?旅行者はカモ扱い!」大きな手荷物がおっさん達を引き寄せる!

 

親切そうなナイスガイ、ラジャン

rajan

たくさんのインド人のおっちゃん達に囲まれ、辛くもその場を離れる事が出来たKenとハマ。

そして、携帯ショップを探しにコンノート・プレイスの中心地に向かうのですが、その途中で出会ったのが、この「ラジャン」という青年です。

 

他のインド人のおっちゃん達は強引な感じで迫ってきましたが、このラジャンは非常に親身な感じで話しかけてきました。

そしてなんと、友人シンのオートリクシャーで携帯ショップまでタダで乗せてくれるというのです。

 

おっちゃん達に恐怖の囲い込みをされ、ビビっていた時。

そんな時に優しい言葉をかけられると、心を開きたくなるのが人間ですよね。

 

魔法の言葉「俺たちはフレンド」

rajan

しかし、流石にタダでというのは…。

 

「何かの詐欺なんじゃないか?」

「何か裏があるんじゃないか?」

そう思わざるを得ないです。なにしろ、ここはインド。

 

そんな疑いと躊躇が入り混じった感情を読み取り、爽やかな笑顔でラジャンはこう言うのでした。

ライター

漫画家。 大学3年時、インドのデリー大学に9ヶ月間留学。現在は自らサイトを立ち上げ、インド留学の経験をもとにしたエッセイ漫画「留学先はインド!? ~バイヤー伝~」を執筆中。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング