【wizTABIPPO過去参加者インタビュー】第2回優勝者/福田祥宏さん

Pocket はてブ

こんにちは、TABIPPOです。今回は、「第2回世界一周が実現するコンテストwizTABIPPO」の優勝者、福田祥宏さんにお話を伺ってきました。

ふくださん

Photo by TABIPPO 

▼wizTABIPPOに参加した理由や応募したきっかけは?

きっかけはTwitterでTABIPPOをフォローしててコンテストを知って、大勢の人の前でしゃべるっていう経験ができるのがおもしろそうだなって思って応募しました。

僕は大学3年生の終わりに出場したんですけど、丁度その1年ぐらい前から漠然と世界一周に対する憧れが自分の中にあって、軽い気持ちで応募しました(笑)。

 

▼前々回のテーマは「私×〇〇=世界一周」ですがどんなテーマで臨みましたか?

僕は、「私×わたし=世界一周」というテーマを設定しました。

旅をしたいと思う気持ちの根底にあった「自分を最大化したい」という想いを表現するためです。旅の中での人との出会いや経験が、自分の中に色んな可能性や選択肢を生む。旅することを通して、自分を最大化することができるんじゃないかなって思ったんですね。

 

▼2000人の前で話す経験はどうでした?

最高でしたね。wizTABIPPOの決勝プレゼンの場って、全く見ず知らずのお客さんとの対話の場所なんです。1対2000の対話です。お客さんの表情だったり、リアクションだったり、その一つ一つにコミュニケーションの要素があって、こんな自分を受け入れてくれているって肌で感じられる瞬間がありました。

その日初めて会った2000人の反応が自分の背中を後押ししてくれているようで、それまで感じたことのなかったパワーをもらえましたね。

 

▼wizTABIPPOに出て良かったことはなんですか?

そもそもwizTABIPPOに出てなかったら世界一周にすら行っていなかったですね。想いはあったんですけど、具体的なアクションは全く起こしていませんでした。でも優勝したからには、もう世界一周から逃げられなくて(笑)

それと、選考を通じて自分の想いを形にする必要に迫られたのが何よりの収穫だったと思います。「自分の最大化」という言葉も、選考を通じて想いを伝えたい相手がいたからこそ、絞りだすように生まれてきたんです。

イベントから2年経った今も、この言葉が自分を支えてくれています。そういう意味では旅以前にwizTABIPPOに人生変えられていますよね(笑)

1 2
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して5年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

世界一周コンテスト

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品