writer
キタ トモミ TABIPPO編集部 / 愛犬家

*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡し、3ヶ国目のフランスでは列車で爆睡して待ち合わせに2時間遅刻してしまうほど大雑把で大胆な一面も。憧れの旅人はスナフキンで、将来は気の向くままに世界を放浪しながら仕事をして、自分の旅本を出すのが夢。

しかし、河津町観光局の公式サイトの情報によると、2月下旬から3月上旬のちょうど今が見頃だそうです!3月1週目に行くことを強くおすすめします!

 

一面ピンクのトンネルを歩こう!

kemmaki?さん(@kemmaki)が投稿した写真 – 2016 2月 25 5:36午前 PST

河津桜祭りは河津川沿いの桜並木で行われ、一面ピンクのアーチのほかにも菜の花が咲き乱れており、明るいビタミンカラーを楽しめます。周辺に大きな建物もない開放的な景観から、空の青と桜のピンク、菜の花の黄色が共演し、見事な四季のはじまりを感じさせてくれます。思わずワクワクしてしまい、元気をもらえること間違いなしです。

 

18時から21時の間はライトアップもされているので、3月上旬のデートにもうってつけです!

 

屋台のデザートも、ピンク!?

Anyaさん(@anya.s2.515)が投稿した写真 – 2016 2月 16 10:57午後 PST

Yoshiko Kさん(@yoshico.k)が投稿した写真 – 2015 3月 7 6:18午前 PST

なんと、期間中は毎日150軒の出店で屋台が充実しています!ピンクの桜に似合う大きな苺が入った苺大福や、ピンク色の鯛焼きは食べるにもSNSで自慢するにも最適です。桜並木をバックにピンクの鯛焼きを持ってたら画になりますね!

甘いものだけでなく串焼きや、キンメコロッケというじゃがいもほくほくなコロッケもあり、お腹も大満足なお花見となりそうです。

 

まとめ

いかがでしたか?この機会を逃してしまうと河津桜を見られるのはまた来年となってしまいます。夜のライトアップや、舞妓さんと無料で写真を撮れるイベントなども充実しています!

ぜひ公式サイトの詳細を見てイベントの見逃しもないよう、お花見の先駆けを楽しんでくださいね!筆者も3/10までに行く気満々です!

writer
キタ トモミ TABIPPO編集部 / 愛犬家

*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡し、3ヶ国目のフランスでは列車で爆睡して待ち合わせに2時間遅刻してしまうほど大雑把で大胆な一面も。憧れの旅人はスナフキンで、将来は気の向くままに世界を放浪しながら仕事をして、自分の旅本を出すのが夢。

RELATED

関連記事