ここでは、「キーワードプランナー」を使った、キーワード選定方法の基本的な手順などを説明します。

※コンテンツ(記事)を制作する時に必要なキーワード選定になります。

 

そもそも、キーワードプランナーとは?

Googleの無料ツールで、の検索数や競合の強さや広告単価などを調査できるツールです。

キーワードプランナーでは、サイトのキーワード選定、コンテンツ追加のときの関連語などの抽出をキーワードプランナーで出来ます。

キーワードプランナーは、無料で使えSEO対策に役立つ情報をたくさん取得できます。

 

キーワードプランナーの使い方

まずは、キーワードプランナーにログインしてください。

https://adwords.google.co.jp/keywordplanner
※キーワードプランナーにログインするには、アドワーズのアカウントがいるので、ない方は登録してください!

 

検索したいキーワードを入力

ログイン後は、以下の画面になります。

5c7045cc1244e259f8426b9863833735

 

↓上記の部分をクリックすると開いて、キーワードが入力する部分が出てきます。
6c53c8018ae55a5b41dffa01915a3f64

上記の部分にキーワードを入力して「候補を取得」を押すと検索数などの表示画面になります。

特別、他のテキストボックスや項目などは入力しなくて大丈夫です。

複数のキーワードを入力する場合は改行で出来ます!

 

キーワードの検索数などが表示される

スクリーンショット_2016-05-08_14_35_37

上記の画面が入力したキーワードと関連したキーワードの検索数などが、表示される画面です。

一番上のグラフは、今回の調査で抽出されたキーワード全部の月間検索数の推移のグラフです。

その下にある表は、

上の赤枠部分が、自分が入力したキーワードの検索数などです。

下の赤枠分は、自分が入力したキーワードの関連したキーワードになります。

 

キーワード選定のポイント

注目するポイントは特に以下2つ。

・「月間検索数」
・「競合の強さ」です。

 

具体的にキーワードを選定する場合の見方としては、
「月間検索数」が多い
「競合の強さ」が低い
「月間検索数」が多いキーワードは、順位が上位化したときにトラフィックが多くきます。

「競合の強さ」が低いキーワードは、比較的、SEOでも競合が弱く、上位化しやすい傾向にあります。

 

2つの条件がそろっていれば問題ありませんが、基本的には「月間検索数」が多いキーワードを優先します。

以上です。

 

補足:知っていると便利な機能

CSV or スプレッドシートなどでキーワードをDL

スクリーンショット_2016-05-08_15_01_27

この画面からキーワードをすべてCSVファイル(表で一括DL)でダウンロードできます!

スクリーンショット_2016-05-08_15_01_37

赤い四角の中の選択が「Excel用CSV」になっていることを確認してDLしましょう!

RANKINGカテゴリーランキング

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品