writer
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

関西国際空港のLCC専用の国際用ターミナルとして、「第2ターミナルビル(国際線)」が28日に開業しました。従来の2倍の835万人が利用できるといいます。ピーチアビエーションが第1便として到着。3月からは春秋航空も就航します。

 

2つの「日本初」を導入


新ターミナルの出国審査後の制限エリアに、日本では初めてウォークスルー型ショッピングエリアを設置。保安検査場には「スマートセキュリティー」システムが国内で初めて導入され、手荷物検査レーンを通過できる人数を従来の倍近くにしたそうです。

 

利用客増える関空


25日に発表された平成28年の運営概況では、関空の国際線と国内線を合わせた総旅客数は前年比9%増の2523万人に。発着回数も8%増で過去最高を記録しました。

LCCや新規路線が就航し、訪日客が大幅に増えたためとみられます。


参照:関空、新LCCターミナル開業 ピーチの国際線就航、3月から春秋もコスト削減と効率化を徹底 関空の新LCCターミナル関空は日本一! 28年の旅客、発着回数とも過去最高 LCCが牽引

writer
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

RELATED

関連記事