writer
キタ トモミ TABIPPO編集部 / 愛犬家

*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡し、3ヶ国目のフランスでは列車で爆睡して待ち合わせに2時間遅刻してしまうほど大雑把で大胆な一面も。憧れの旅人はスナフキンで、将来は気の向くままに世界を放浪しながら仕事をして、自分の旅本を出すのが夢。

みなさんは旅行の荷物をまとめるとき、どのような裏技を使っていますか?圧縮袋を使用したり、洋服を丸めてコンパクトにしたりなど、自分なりのパッキング方法ってありますよね。

しかし、あの手この手を使っても奥のものを取り出すのに手こずるのがスーツケースの難しいところ。今回は、そんなスーツケースの収納に大活躍な「Luggashelf」というグッズをご紹介します!

 

スーツケースの中から棚が登場!?

UtahValley360さん(@uv360)がシェアした投稿

いたってシンプルなスーツケースの中身。しかしトップの金属フックを引っ張ると、瞬時に出てくるのがこの「Luggashelf」。

出発前に荷物を詰めてスーツケースに入れるだけと簡単に使用でき、目的地に着いたらハンガーレールにかけるだけで整理整頓が可能です。帰国前に慌てる必要もないですし、既存の棚が付属されたスーツケースではなく、棚を手持ちできるというところが強みです。

 

抜群に使える収納力と機能性

サイズは30.48cm×39.37cm×高さ 66.04cmとあらゆるスーツケースに収納できる大きさで設計されており、棚は4段、側面にはファスナーのついたポケットが3つ付いています。

畳むと3.81cmとコンパクトになりますが、広げるとわかるように中々の機能性と収納力を発揮してくれる代物です。大きめのスーツケースなら横向きに収納すれば、残り半分のスペースを思う存分使うことができます。

 

こんな人におすすめ

「Luggashelf」の持ち味はやはり時間短縮の効率化にあります。

出張で滞在時間が短く、すぐにホテルから移動したい人や、整理整頓の苦手な人、ついつい旅先でお土産を買い込んでしまいパッキングに苦労してしまう人なんかにおすすめです。

スーツケース内の探し物を探す手間も省けますし、スピード感重視な旅人さんにはもってこいですね。

 

旅好きな夫婦のアイデアで誕生

laggershelf

photo by www.luggashelf.com

Luggashelfを開発したのはカップルで旅好きというMikeとNivea夫妻です。常々荷造りのイライラを解消できないかと試行錯誤していたときに思いついたのが、この「ケースインケース」というアイデア。

日常の中にある収納ケースに焦点をあて、そこから旅を快適にできるアイテムへとアイデアを繋げた2人に感服です。

 

まとめ

いかがでしたか?1つあればあなたの旅を確実にスマートにしてくれる「Luggashelf」。

1つ25ドル(3,000円)と良心的な価格で販売されているので、手に入れたい方は公式サイトを要チェックです!

writer
キタ トモミ TABIPPO編集部 / 愛犬家

*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡し、3ヶ国目のフランスでは列車で爆睡して待ち合わせに2時間遅刻してしまうほど大雑把で大胆な一面も。憧れの旅人はスナフキンで、将来は気の向くままに世界を放浪しながら仕事をして、自分の旅本を出すのが夢。

RELATED

関連記事