editor
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

海外で英語を勉強してみたい!と思っても、どうしても気になるのがお金。渡航前にかかる経費に加え、授業料や生活費などが心配ですよね。勉強に集中するために、少しでもお金は抑えたいもの…。

そんな方にぴったりの留学支援プロジェクトを、株式会社Enginnierが開催しています!

 

最大3カ月の授業料が無料に!

株式会社Enginnierが、最大3ヶ月までの授業料を支援する「留学全授業料支援 ~One project~」を開催しています。5回目となる今回のプロジェクトのテーマは「最後」。

世界全8カ国15都市へ、留学全授業料支援する9人を選抜するということです。募集枠は各国1人。最大3ヶ月までの全授業料を支援します。

 

アイルランド(約20万円相当)

shutterstock_280310111

アイルランドはカナダやオーストラリアとは違い、日本人、アジア人が少ないといわれる国。SEDA Collegeは最大1000人規模にもなる大規模校です。

 

アメリカ(約60万円相当)

shutterstock_360951227

アメリカ全土に広がる7都市に展開するFLS International。FLSではほとんどがオンキャンパス校という現地の大学内で授業が展開されており、語学留学生だけでなく、実際にアメリカの大学に通う現地大学生とも交流を持つことができるといいます。

 

ハワイ(約40万円相当)

shutterstock_337861145

ICCはハワイの中でも随一の質の高さで有名な学校。Cambridge Examではハワイで公式試験センターに認定されているだけでなく、ハワイで唯一CPEの授業を展開している語学学校だとか。

 

カナダ(約25万円相当)

shutterstock_326001848

人気留学国として、世界中から留学生を集めるカナダ。CanPacific Collegeはバイリンガルコースという同時通訳者などを育成するコースで、カナダから表彰されている名門校です。

 

イギリス(約55万円相当)

shutterstock_412054315

Rose of YorkではESP(English for Specific Purpose)という、英語を学ぶだけでなく「英語を使って何をするのか」を重要視しているそう。

 

オーストラリア(約41万円相当)

shutterstock_349407779

editor
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

RELATED

関連記事