「次代を担う人材モデル」連載企画 part4

Pocket はてブ

 

旅行作家としても知られる観光マーケティングプロデューサーの江藤誠晃氏が、

「旅」、「世界一周」を切り口にTABIPPOブログにアツい記事を連載!!

全5回の連載の先にあるものとは…!?

第一回 「世界一周(TABIPPO)は次代を変える」
第二回 「グローバル化で変わる海外旅行」
第三回 「21世紀の世界一周」

=========================
江藤誠晃 TOMOAKI ETO
旅行作家・観光マーケティングプロデューサー

国内外各地の観光プロジェクトを手掛ける他「旅行作家・真名哲也」として数々のマルチメディアコンテンツをリリース。
近年は東南アジア諸国の観光プロモーションや若者の海外旅行市場活性化に関わる。
=========================
Part4:次代を担う人材モデル
「見ると聞くとは大違い」
「百聞は一見にしかず」
というが、異国体験ほどこれらの故事を通説に実感することはない。

すなわち旅に出てこそ身をもって世界を理解することは多い。

 

昨年の10月と11月、2度にわたってビジネスでミャンマーを訪れる機会を得た。
インドシナ半島各国の観光魅力を日本に伝えるためのドキュメンタリー映像を制作する目的で各国を順に旅していたが、折しもミャンマーでは民主化に向けた総選挙の前後で渡航交渉は困難を極めた。

 

マスメディアが報道する同国に関する情報はといえば、「軍事政権の圧政に苦しむ国民」「近代化が遅れ貧しい民の生活」「国境では武装集団と軍の間に抗争」・・・と、ネガティブなものばかりで高リスクとされた。
ところが、交渉がかなって実際に訪れてみると、そこで目にしたのは「のどかで美しい自然風景」「奥深い歴史に支えられた素晴らしい遺産の数々」「異人を優しく迎えてくれる明るく親切な人々」・・・と、事前に刷り込まれた情報とは正反対のものばかりで驚いた。

 

あえてここで政治や外交の問題に踏み込んで誰かを批判することはしないが、マスメディアの威力というのは恐いもので、軍事パレードや武装集団の戦闘シーンばかりを映像で見せられると、受ける側はそれがその国の全てのように錯覚してしまう。
グローバル社会の今だからこそ、表層的な一面のみを誇張するのではなく、“多様性”と共にあるその国の“真実”を整理して大衆に提示する役割をメディアは担うべきなのだが、現実はほど遠いといってもいいだろう。
※もちろん、現在中東各国で吹き荒れる民主化運動の嵐がアジアの国々に広がる可能性がないとは言えないが。

 

そこで「次代を担う人材」の話である。
文明の進化によって世界は“小さく”なり、全ての国家と無関係ではいられないというのが21世紀である。
つまり“小さく”なった分“深く”なって世界は僕らの前にある。
これからは政府や企業のみならず、生活者個々にもグローバル化が求められ、その精度によって“未来”のあり方は変わってくるはずだ。

 

1 2
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して4年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

世界一周経験者の記事

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品