tabippo

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

そして、その次代に“確かな”情報をもたらすメディアは何か?と問われれば「“人”である」という答えに間違いはないだろう。
facebookやtwitterといったSNSが、先月来のチュニジア、エジプトの民主化運動を牽引したとされるが、これはテレビや新聞といった従来型のメディアにインターネットメディアが取って代わったという「媒体の転換」ではなく、一部の権力者によって操作可能なトップダウン型のマスメディアに対して、生活者個々の思いがネットされるボトムアップ型のネットメディアが力を持ったという「ベクトルの転換」なのである。

 

つまり、主役は“現場”にいる“人”であり、個々の力は弱くとも、その連鎖が社会を動かし時代を変える力を持つにいたったというのが「高度ネットワーク社会」なのである。

 

そこで、この連載ブログの初回を思い出してほしい。
「大袈裟に言うならば、21世紀における高度ネットワーク社会の誕生と歴史の必然性によってTABIPPOは誕生した」と僕は記したが、それこそ「人材論」なのである。

 

若いうちに「世界一周」を体験し、様々な国を“身をもって”体験し、“繋がり”の中に世界を見た「現場力」。

 

それらの体験が個々のものに終わらず、“同志”としてネットワークされている「連携力」。

 

これらふたつを兼ね備えたTABIPPOには「次代を担う人材」を超えて「次代のリーダー群」像が見え隠れするように僕には思えるのだ。

 

※旅行作家・プロデューサー 江藤 誠晃の My Page

 http://www.facebook.com/tomoakieto

 

 

 

tabippo

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事

FOCUSいま注目の特集