writer
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

スリランカ政府は8月1日、外国人観光客への観光ビザを無償にすることを発表しました。4月21日に起こった同時爆破テロによって観光が打撃を受け、観光産業を盛り上げる施策として期待されています。

 

5月からビザ無償化の予定が、テロ発生で延期

2012年より、観光ビザの取得が義務付けられていたスリランカ。オンラインで申請すると35USD、空港で申請すると40USDかかっていました。

2019年4月には閑散期に観光客を呼び込もうと、同年5月1日から10月31日まで期間限定でビザの無償化を発表。しかし4月21日にテロが発生したことにより、無償化が延期されていました。

 

無償化は期間限定

観光ビザ発給の無償化は、2020年1月末までの6カ月間の期間限定。当初は38カ国が対象でしたが、今回の発表では48カ国が対象となることが明らかになりました。

参照:観光ビザ無償化で観光産業の復興に期待 https://www.jetro.go.jp/biznews/2019/08/8fd54233e42e6ddd.html

writer
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

RELATED

関連記事