WordPressで記事を作成する時に使用するエディタにはビジュアルエディタとHTMLエディタの二種類が用意されています。ここではまず2つのエディタの違いについて解説します。1.エディタの切り替え方法
2.2つのエディタの使い方の違い

 

エディタの切り替え方法

それでは記事の新規作成画面を表示して下さい。

投稿画面

画面中央に表示されているのがエディタです。記事の本文を記述する時に使用します。

 

投稿画面上部

エディタは「ビジュアルエディタ」と「テキストエディタ」の二つが用意されています。エディタの右上にあるタブをクリックすることで切り替えることが出来ます。

 

ビジュアルエディタ:

ビジュアルエディターボタン

 

テキストエディタ:

テキストエディターボタン

どちらのエディタを使って記事を作成しても記事そのものは1つです。途中でエディタを切り替えても入力した内容は変わりませんが、使用しているエディタによって表示のされ方が変わります。

実際にビジュアルエディタで文字を入力した後でテキストエディタに切り替えてみます。まずビジュアルエディタで文字を入力します。

 

ビジュアルエディター記載

次にテキストエディタのタブをクリックしてエディタを切り替えます。すると次のようにビジュアルエディタで入力していた内容はそのまま維持されていることが分かります。

 

テキストエディター記載

このように内容を損なうことなく2つのエディタを切り替えることができますので、ビジュアルエディタで記事を作成し、テキストエディタに切り替えて一部修正を加えるといったことができます。

 

2つのエディタの使い方の違い

ビジュアルエディタを使用すると実際にブログでどのように表示されるのかを確認しながら本文を入力していくことがでいます。例えばビジュアルエディタで一部の文字に「太字」を設定すると実際にエディタ上でも太字になって表示されます。(下記では”本文”という文字に対して太字を設定しています)。

 

ビジュアルエディター太字

それに対してテキストエディタは通常のHTMLページを作成する時と同じようにテキストに対してHTMLタグを記述することで太字などのスタイルを設定していきます。「テキスト」タブをクリックしてテキストエディタに切り替えてみて下さい。

 

テキストエディター太字

「太字」が設定されている部分をテキストエディタで見るとが記述されています。このようにテキストエディタではHTMLタグを直接入力して文章を編集します。(テキストエディタでもツールバー上によく使用するタグが簡単に入力できるように用意されています)。

ビジュアルエディタを使う場合にはブログでどのように表示されるのか確認しながら記事を編集することができますが、ツールバーに用意されているスタイルしか設定できません。

逆にテキストエディタではより細かいスタイルの設定を記述することができます。通常はビジュアルエディタをしつつ、必要に応じてテキストエディタに切り替え、詳細な記述を行うといった使い方が便利です。

記事投稿マニュアル一覧に戻る

RANKINGカテゴリーランキング

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品