編集部
伊藤 美咲 業務委託 / エディター

1996年東京生まれ。ステキな人やモノを広めるライター。2019年にフリーライターとして独立し、インタビュー記事、地方取材記事、イベントレポート、プレスリリースなどの執筆を手がける。短期間でサクッと行く旅と音楽が好き。普段は多国籍なシェアハウスで暮らしています。

株式会社TABIPPOが運営する、次世代の旅人=ニューノーマルトラベラーが育つ学校「POOLO(ポーロ)」の2022年度募集がついに開始されました。

POOLOのミッションは、「あたらしい旅で自分と世界の豊かさをつくる」。2019年の開講以来、時代の変化とともにアップデートし、今回で4期目の募集となります。

募集するコースは、仲間と学んで人生をアップデートするキャリアデザインコース「POOLO 4期」と、挑戦で地域をアップデートする次世代リーダーコース「POOLO NEXT 2期」の2種です。

POOLO_TABIPPO

POOLO_TABIPPO

POOLOとはどんな学校なのか、どんなことが学べるのか、2種のコースの違いは何か、どんな人に参加いただきたいのかなど、当記事ではその全貌をご紹介します。

  • 公式サイトはこちら
  • 申し込みや資料請求、お問い合わせはこちら

「POOLO」とは?

POOLO_TABIPPO

POOLOは、株式会社TABIPPOが運営するニューノーマルトラベラーの学校です。「あたらしい旅で自分と世界の豊かさをつくる次世代の旅人」=ニューノーマルトラベラーを育てます。

参加者は、世界中を旅した経験を持つ20〜30代のミレニアルズがメイン。講師陣には、「旅」を共通項とした知恵や力、経験を持つ現代の起業家・事業者・実践者たちが集結しました。

これまでに延べ400名以上の生徒が卒業し、自らの人生を豊かにするだけでなく、実際に社会のアップデートに着手する人材を多く輩出してきました。

ミッション「あたらしい旅で自分と世界の豊かさをつくる

POOLO_TABIPPO

旅にまっすぐに向き合い続けてきたトラベルカンパニー・株式会社TABIPPOは、社員のほぼ全員が世界一周経験者。創業以来、旅業界のみならず、旅を原体験に様々な事業を起こし、世界の常識や価値観をアップデートし続ける先駆者や実践者、その卵に出会い続けてきました。

その中で確信したのは、「旅をすると、自分が豊かになること。そして、自らを満たした者は、いつか世界を満たしたいと考えるようになること」でした。

POOLOでは、まずは自己に向き合い、自己を満たし、個人として豊かに生きることを目指します。なぜなら、個人の幸せなくしては、何もはじまらないから。個を満たしたその次に、世界を正確に認識し、あたらしい価値観をインプットし、自らのアップデートの準備を始めましょう。

「あたらしい自分」が向き合う世界で、改めて自らのコアとなる課題・プログラムの種を見つけ、そこではじめて、自分と世界の豊かさをつくる準備が整うのだと僕らは考えています。

「POOLO」の3つの魅力

POOLO_TABIPPO
「POOLO 4期」「POOLO NEXT 2期」どちらのコースにも共通する、POOLOの魅力は以下です。

[1]価値観の合う多様な仲間とオンラインを中心に活動する学校

仲間同士の旅行や起業、POOLO講師が経営する企業への転職など、「一人ではないからこそ行動できたこと」を多く経験できます。

[2]豪華講師の講座をはじめ多角的なプログラムで学びが加速する

POOLOのプログラムの特徴は、多角的であること。豪華講師陣の講義のインプットをはじめ、個人ワークやチーム課題、プレゼン発表等のアウトプットも実施。

また課内活動のほかに、課外活動として、自主開催企画やコミュニティ発のプロジェクトも例年多数発生します。同時並行でさまざまな視点から学びを得るプログラム設計が、理解と発見のサイクルを加速します。

[3]旅を原体験に持つ参加者が集い、あたらしい豊さを共創する

これまでの旅の経験を見つめ直し、原体験や「好き」を深掘りできる環境がPOOLOです。

観光が世界を豊かにする方法を学んだり、自分が実現したい世界や届けたい想いを決めたり、講師や参加者とコミュニケーションを取ったりする中で、旅の経験を未来につなげる道を探します。

2種コース「POOLO 4期」/「POOLO NEXT 2期」について

2022年度のPOOLO募集では、ご自身の希望に合わせて選べる2種類のコースを用意しています。

1つは、仲間と学んで人生をアップデートするキャリアデザインコース「POOLO 4期」。もう1つは、挑戦で地域をアップデートする次世代リーダーコース「POOLO NEXT 2期」です。

以下では、それぞれのコースの詳細をご案内します。

[1]「POOLO 4期」仲間と学んで人生をアップデートするキャリアデザインコース

POOLO_TABIPPO

「POOLO 4期」は、仲間と学んで人生をアップデートするキャリアデザインコースです。

旅が好きな多様な人たちと学びあいながら、自分の人生をアップデートしたい方向け。ほかのメンバーとの対話やチームワークを通じて、人生について見つめ直し、仲間と世の中を豊かにするプロジェクトを提案します。

活動期間は8ヶ月、人数は約75名を予定しています。

「POOLO 4期」活動概要|仲間と共創してキャリアデザインの指針を定める8ヶ月間

POOLO_TABIPPO

「POOLO 4期」の課内活動は、おもに「多種多様な豪華講師たちによるオンライン形式の講義」「学びと繋がりを深めるチーム活動や様々なプロジェクト」「アウトプットする発表の機会や実践の場の提供」の3つ。

一方的なインプットだけでなく、企画を実践する、チームで発表をするなど、アウトプットの場を多く設けることで、インプット・アウトプットのサイクルをつねに回しながら学びます。

「マインドセット」「ナレッジ」「スキル」「キャリアデザイン」の4つの領域を、「共に学び、共に遊び、共に創る」の実現を通して高めます。

また個人ワークのほか、興味関心が近い4〜5人のチームに分かれて課題に取り組むチーム活動も重視。チーム活動には必ずコミュニティマネージャーがつき、継続的な活動をサポートします。

さらにコミュニティを生かした自由な部活&サークル活動や、自主企画イベントといった課外活動も多く存在。ユニークな個性を持った仲間と過ごす8ヶ月間は、あたらしい視点を与えてくれるだけでなく、豊かな人生への指針を得る特別な期間になるでしょう。

自分と世界の豊かさを作るロードマップ

活動期間中は、月ごとに学習内容やテーマが変化。8ヶ月間で、自分と世界の豊かさを作ります。

POOLO_TABIPPO

スケジュール・講義概要

講義はすべてアーカイブ保存され、いつでも視聴可能です。

POOLO_TABIPPO

講師紹介

旅を原体験に様々な事業を起こし、世界の常識や価値観をアップデートし続ける実践者が講師に就任。これからの時代を担うニューノーマルトラベラーの成長を支えます(順不同)。

POOLO_TABIPPO

・石川善樹(公益財団法人Wellbeing for Planet Earth代表理事)
・村上萌(株式会社ガルテン代表取締役・NEXTWEEKEND代表)
・四角大輔(ニュージーランド在住執筆家)
・牧野圭太(DE 共同代表・プランナー)
・辻 愛沙子(株式会社arca CEO・Creative Director)
・大瀬良亮(株式会社KabuK Style 社長/共同創業者)
・いいたか ゆうた(株式会社ホットリンク CMO)
・古性のち(写真家・株式会社BRIGHTLOGG 取締役)
・ミツエ・ヴァーレイ(ハワイ州観光局 日本支局長)
・西井敏恭(株式会社シンクロ 代表取締役)
・江藤誠晃(BUZZPORT 代表取締役)
・村上卓(SHIFT-x, Ltd. CEO)
・髙井典子(神奈川大学 国際日本学部 教授)
・清水直哉(株式会社TABIPPO 代表取締役/プロデューサー)ほか

「POOLO 4期」はこんな人におすすめ

・まだ自分のやりたいことがわからない方
・学ぶことで自分の人生をアップデートしたい方
・旅が好きな方
・仲間と個人や世の中を豊かにしたい方
・豪華講師陣の講義を受け、マインドとスキルを大幅にブラッシュアップしたい方
・あたらしいキャリアを描きたい方
・何か新しいことを始めたい方
・旅を原体験に持つコミュニティや仲間がほしい方 など

[2]「POOLO NEXT 2期」挑戦で地域をアップデートする次世代リーダーコース

POOLO_TABIPPO

「POOLO NEXT 2期」は、挑戦で地域をアップデートする次世代リーダーコースです。3ヶ月間の短期集中、25名限定。

世界や地域の最前線で活躍する方々による講義とメンタリングサポートを通じて、マインドとスキルをブラッシュアップ。自身の定めたフィールドで今後どう活動していくか等、ビジョンを再構築し次のステージに向けたリーダー戦略を練り直します。

「POOLO NEXT 2期」活動概要|地域に貢献する次のステージへ

POOLO_TABIPPO

豪華講師群の講義受講のほか、メンターの定期的なフィードバック、先進モデル地域でのスキルアップ合宿、視察やフィールドワークなどの多様なカリキュラムを用意。

中長期ビジョンを明確化し、3ヶ月間で実行と磨き直しを繰り返していきます。終了後も次世代リーダーとして自走し続けられる戦略ロードマップを策定、ステージチェンジを実現します。

ビジョンの設定やロードマップの作成をしっかりして完走できるよう、世界・地域の最前線を走るメンターが手厚くサポート。

また、実例に基づくケーススタディで実践的な知識が身につくだけでなく、プログラムの中盤には長野県の乗鞍高原にて合宿を実施予定です。

合宿では、自己ビジョンの実現に向けた環境分析と戦略策定を通して、自分と向き合う2日間を過ごしましょう。参加者全員が集まるので、参加者同士の仲もぐっと深まります。

自分と世界の豊かさを作るロードマップ

POOLO_TABIPPO

スケジュール・講義概要

講義はすべてアーカイブ保存され、いつでも視聴可能です。

POOLO_TABIPPO

講師紹介

次世代のロールモデルとなる講師陣。机上の空論ではない実例に基づくケーススタディによって、実践的な知識が身につきます(順不同)。

POOLO_TABIPPO

・田邉泰之(Airbnb Japan 株式会社 代表取締役)
・加藤史子(WAmazing株式会社 代表取締役CEO)
・青木優(株式会社MATCHA 代表取締役)
・鈴木 円香(一般社団法人みつめる旅 代表理事)
・小林 未歩(株式会社温故知新 プランナー・クリエイティブディレクター)
・加藤 遼(旅するようにはたらく部長)
・江藤 誠晃(BUZZPORT 代表取締役)
・藤江佑馬(Raicho Inc.代表・のりくら観光協会事務局・JMGA自然ガイド)
・大瀬良 亮(メンター・株式会社KabuK Style 社長・共同創業者)
・菊地 恵理子(メンター・タイガーモブ株式会社 代表取締役)
・小池 克典(メンター・株式会社LIFULL 地方創生推進部 LivingAnywhere Commons事業責任者・株式会社LIFULL ArchiTech 代表取締役社長)
・柴田 涼平(メンター・株式会社とける 代表取締役)
・清水 直哉(メンター・株式会社TABIPPO 代表取締役)ほか

「POOLO NEXT 2期」はこんな人におすすめ

・次世代を担うリーダーになりたい
・やりたいことはあるけど、具体的にどう行動すればいいのかわからない
・ビジョンを再構築してステージアップしたい
・地域に貢献できる次世代リーダーシップを得たい
・思考と実践を繰り返す学びの場に身を置きたい など

お申し込みや資料請求、詳細情報等は公式サイトまたはLINEへ!

POOLO_TABIPPO

僕たちが旅で得た経験にはかけがえのない価値があり、世界と社会への協力や貢献のきっかけになると思っています。POOLOは、その経験を社会に還元するために必要な知識やマインドを得られ、そして同じ想いを持ったかけがえのない仲間と出会える学校です。

次世代を担う人材を志す方の参加をお待ちしています。お申し込みや、より詳しい情報が知りたい方は、LINE登録をお願いいたします。

  • 公式サイトはこちら
  • 申し込みや資料請求、お問い合わせはこちら

編集部
伊藤 美咲 業務委託 / エディター

1996年東京生まれ。ステキな人やモノを広めるライター。2019年にフリーライターとして独立し、インタビュー記事、地方取材記事、イベントレポート、プレスリリースなどの執筆を手がける。短期間でサクッと行く旅と音楽が好き。普段は多国籍なシェアハウスで暮らしています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング