・複数日程開催

【9/15〜11/10】仲間と歩む50日「世界一周ゼミ」の第14期を全国オンラインで募集開始!

日時
【DAY1】9/15(火)20:00-22:00 第14期キックオフ

【DAY2】9/29(火)20:00-22:00 旅の準備や旅の楽しみ方を考える

【DAY3】10/13(火)20:00-22:00 旅のテーマを考えよう

【DAY4】10/27(火)20:00-22:00 キャリアについて学ぼう

【DAY5】11/10(火)20:00-22:00 あなたの旅をプレゼンしよう
開催エリア
オンライン
定員
30名
講師
恩田 倫孝 , 清水 直哉 , 市川 瑛子 , 平岡 慎也 , 伊佐 知美 , マイケルたいが , ぽんず , 旅丸sho
参加費(一般)
¥30,000
参加費(学生)
¥25,000
申込はこちらから

※好評に付き、学生の早割は締め切りました。(08/19追記)

 

世界一周をしたい人に向けたTABIPPOの人気講座「世界一周ゼミ」の14期の全国オンライン版を開催します。

オンラインで開催し大盛況で終えた13期は、17の都道府県(+海外)から愉快なメンバーが集まりました。ゼミ終了後の満足度調査では【9.1/10】と高評価。大切なつながりができたとの声が多かったです。

今回の世界一周ゼミのテーマは「仲間と歩む50日。世界一周とキャリアのプランを考える。そして発信する」です。オンラインならではのコミュニケーションを大切にし、参加者同士や講師陣、TABIPPOメンバーとの密な関係を作っていきます。

全国に散らばる世界一周を夢見るみなさんが繋がり、運営に依存しない自立したエネルギーのあるコミュニティにしていければと考えています。前回もすぐに満員御礼になったので申込みはお早めに。ぜひ新しい刺激のあるコミュニティ「世界一周ゼミ」へ。

それでは、世界一周ゼミの詳細をお伝えします。

世界一周ゼミとは?

世界一周ゼミは全5回、50日間のプログラムです。

みなさんと一緒にいろんなかたちの「世界一周」について考え、世界一周の準備を確認し、旅に出る前の不安を整理し、旅の面白さ、旅とキャリアについて考えていきます。ざっくり言えば「旅について・人生について真剣に楽しく考える場」です。

講義はみなさん同士で話すワークショップが中心になっているので、ずっと聞いているだけという時間はあまりありません。たくさんのコミュニケーションを取りながらみなさんと一緒に考えていきます。自分の人生ってこれまでの生き方でいいんだっけ?旅の楽しさってなんだっけ?ということをじっくりと話しあいます。

直近で世界一周に行こうと思っている人から、いつか世界一周に行こうと思っている人、学生から社会人まで色んな人が集まる濃いコミュニティ(面白いコミュニティ)になります。

毎回人数は20〜30名程度。本当に愉快なメンバーが集まるのも魅力の1つです。過去には、一輪車で世界一周を達成した方、航空券にとても詳しい方、筋トレが好きでライザップで働いていた方、オカマバーが好きな方、世界一周と結婚の両立を考える人などなど、個性的な参加者が集まりました。

講義以外にも、チームMTG、チーム課題、課外活動としてオフ会や勉強会、1on1と言われるペアでのzoom会が自主的に行われ、ほぼ毎日何かしらのコンテンツがあります。余白が多いので自分たちで何でも企画が出来ることが特徴です。

今回の世界一周ゼミを表すキーワード

今回の世界一周ゼミでは、「仲間」「学び」「オンライン」「発信」の4つのキーワードを大切にすることを意識しています。

・1人で学ぶのではなくてみんなで学び合う
・学んだことをメンバー内、メンバー外に発信をしていく
・仲間を学びをシェアして循環させていく
・オンラインなのでコミュニケーションを丁寧に、優しく

こんなことを大切にしながら、仲間を作り学びを深めていきます。

世界一周ゼミのプログラムに含まれるもの

・全5回のオンライン講義&ワーク

・全4回のチーム活動@オンライン

・個人でじっくり取り組む宿題

・旅の情報やノウハウをシェアするオンライングループ

・参加者同士の世界一周プランのプレゼンテーション

・世界一周ゼミ生としての情報発信(任意)

世界一周ゼミに申し込む

質問があればこちらまで

世界一周ゼミで出会える人たち

①世界一周への想いをもった、愉快な参加者たち

今回の世界一周ゼミはオンライン全国版。日本全国(あるいは世界のどこか)から同じ志を持つ仲間が集います。海外からの参加もwelcomeです。

ゼミ全体の参加者数は20~30名を想定。オンライングループや講義の中でたくさんのメンバーと交流できる時間を設計しています。

その中から4,5人ずつのチームに分かれ、日々のコミュニケーションやチーム活動を行ってもらいます。途中で1度チームシャッフルを行うため、最低でも10名程度の方とは密に濃いコミュニケーションを取って頂けるように考えています。

参加者の属性は、男女50%ずつ、社会人7割学生3割がこれまでの傾向です。

②世界一周の経験を武器に活躍する、豪華ゲストたち

講義の中でのワークショップでは、世界一周の経験を仕事にしながら第一線で活躍されている豪華ゲストをお呼びし、彼らのノウハウや知見を伝授して頂きます。

今回の豪華ゲスト講師はこちらの方たちです。

旅する経営者 旅丸sho
2013年より世界一周を開始。2年で帰国し社会復帰の予定が旅を終えることができず現在7年目に突入。ブロガー、ライターを経て旅の途中にBackpackers Productionの経営に参画する。今年ジョージアにて起業。『旅人が増えれば、世界が変わる』を理念に旅人育成企画“タビイク”を開催する。
市川瑛子
慶応大学卒業後、マッキンゼーアンドカンパニー入社。文部科学省のトビタテ!留学JAPANの運営事務局を経て、スタンフォード大学の経営学修士(MBA)および教育学修士(MA)を取得。2018年よりランサーズ株式会社に参画し、フリーランス向けコミュニティ新しい働き方LABの所長を務める。「シリコンバレー在住のフルリモートワーク」や「働きながら世界一周」などの新しい働き方に挑戦。
https://note.com/eikoichikawa/n/n343a7a3308a1
ライター、フォトグラファー ぽんず
コピーライターとして働いたのち、どうしても長い旅がしたいという思いから退職。2019年9月から旅暮らしをはじめ、TwitterやnoteなどのSNSで旅にまつわる文章や写真を発信している。
編集者 伊佐知美
三井住友→講談社→Wasei『灯台もと暮らし』編集長を経て、現在フリーランスの編集者。学生時代に日本一周、20代後半、30代で世界を二周。旅が好きすぎて3〜4年間ほど家なし放浪、カナダ、マルタ、フィリピン、スコットランド語学留学、1年間の世田谷旅人シェアハウス運営を経て、現在Based in 沖縄。オンラインコミュニティ「#旅と写真と文章と」「#EnglishChallenge」主宰。 フラワーカンパニー「BOTANIC Inc.」、写真から始まるライフスタイルを提案する「CURBON」編集者を兼任。著書に『移住女子』。世界中のテキスタイル収集と花、noteを書くのが好き。総フォロワー数は7万人くらい。
Global Teacher Program 代表 平岡慎也
2016年、株式会社美京都に入社。学生時代にTABIPPOの世界一周コンテストにて「世界中の学校で先生になる旅」をテーマに準優勝。これまでの旅歴は世界3周、5大陸42ヶ国。現在は、海外で教育実習ができる留学「Global Teacher Program」を運営。セブ島、フィンランド、ハワイ、3拠点で展開中。
エンジョイライフ マイケルたいが
TABIPPO主催の世界一周コンテストDREAMでファイナルステージへ。敗退するも、その3か月後に300日間の世界一周を経験。アメリカ横断、アイスランド一周、ロシア縦断、ヨーロッパ周遊、アフリカ縦断など大冒険が大好き❤帰国後も、カナダ横断やアラスカ旅、中東旅など、休みの期間は旅をしています。将来は、南極に行ってペンギンとコミュニケーションをとりたいです。
TABIPPO代表 清水直哉
21歳で世界一周のひとり旅を経験。帰国後、旅路で出会った仲間とTABIPPOを創設。新卒でオプトに入社した後、26歳で独立を決意。TABIPPOでは「旅で世界を、もっと素敵に」を理念として、事業を多角展開。「旅するように働き、生きる」を組織の指針として、管理がないフラットでオープンな経営を目指す。

③世界一周ゼミの卒業生

講義には、世界一周ゼミの卒業生がコミュニティマネージャーとして入ってくれます。ゼミの進め方や参加のスタンスなど、いつでも気軽に相談できる体制を整えています。

スキを広める こーじ
1995年生まれ。実家の最寄り駅が、成田空港第2ターミナル駅という旅環境に恵まれている生い立ち。それでも実は、渡航数は2ヶ国(スイスとカンボジア)現在は、コミュニティマネージャーになるべく、TABIPPOコミュマネゼミにジョイン中。スキを広めるをテーマに、2022年を目安に世界一周計画中。世界一周はこれからなので、皆さんと近い目線で伴走できればと思います。
コミュニティマネージャー しゅか
1992年生まれ。大阪出身。大学時代にカンボジアへボランティアをしたことをきっかけに、『日本のストレス社会を軽減できる仕事』を軸にし、フィットネスクラブで丸5年働く。新ブランド店立ち上げやトレーナー育成、接客指導等に携る。2020年8月〜世界一周行く予定がコロナでなくなり、9月〜沖縄に移住。趣味は運動と温泉。

④世界一周ゼミを運営する、TABPPOメンバーたち

ゼミを運営するのは、世界一周の旅を経験したTABIPPOメンバーです。これまで全13期サポートしてきたノウハウや自身の旅の経験をもとに、みなさんの世界一周を全力で応援させて頂きます。

TABIPPO 恩田倫孝
日々酒で踊り続ける、砂漠と氷河を愛する吟遊詩人。旅を通じて「楽しさ」を考えて、多くの人の『楽しさの自給率』を上げることを目論む。食いつくキーワードは、ウェルビーイング、コミュニティ、教育。50ヶ国訪問。地元は新潟。慶応大学理工学部出身。趣味はホットサンドメーカーでサーモンを焼くこと。
TABIPPO 浦川拓也
滋賀県出身。旅人採用責任者。大阪大学理学部数学科を卒業し数学教員の免許を持つも、なぜか渋谷のベンチャー企業で旅を広める日々を送る。ファシリテーションが好き。36ヶ国訪問。趣味は登山で山好きのコミュニティを運営しています。最近はYoutubeとnoteの更新に命をかけています。
TABIPPO 石川文太
旅する食いしん坊、大学を休学して世界一周を果たす。食べることが好きで世界一周中も世界中の食べ物を食べて周った。タイムズスクエアで餅をついたり、キックボードで南ヨーロッパを横断したりとアクティブな旅が好き。訪問カ国数は29カ国。趣味はキャンプと料理とラグビー。

世界一周ゼミを卒業しても、繋がりは続いていきます

みなさんがこのゼミを卒業すると、ゼミ卒業生限定のオンライングループにご招待させて頂きます(任意参加)。そこでより交流を深めたり情報交換を行っていただくことが可能です。旅中の近況報告もぜひこちらのグループで行って下さい。

卒業生グループでは、過去の卒業生との繋がれたり、この後の期の卒業生たちが後輩として入ってきます。また、イベントの登壇依頼や記事執筆などのお仕事の依頼をさせていただくこともございます。

また、参加者みなさん全員が世界一周から帰国したタイミングで、オフラインでの同窓会を行いますので、ゼミを卒業してもずっと繋がっていただくことが可能です。

世界一周ゼミの講義の内容・プログラムの流れ

【DAY1】世界一周ゼミ第13期キックオフ!

・自己紹介&みんなの名前を覚える
・このゼミの楽しみ方 by 世界一周ゼミ卒業生
・TABIPPOが大切にしている価値観やゼミのルールについて
・何故旅に出たいのかを考えてみる
・どんなチームにしたいのか考えてみる
・チームのビジョンを考える
・世界一周トーク
・クロージング

【DAY2】旅の準備と楽しみ方について

・アイスブレイク/チェックイン
・世界一周をした2名によるトーク
・航空券、宿などの基本情報について
・旅の持ち物や便利アイテムについて
・おすすめのアプリやサービスについて
・保険、安全、健康について
・おすすめの観光地の紹介
・旅に出た理由
・旅と発信について
・クロージング

【DAY3】旅のテーマを考えよう

・アイスブレイク/チェックイン
・ゲストトーク|世界一周と自分のテーマについて
・旅のテーマを考えるワークショップ
・みんなでディスカッション
・クロージング

【DAY4】旅と働き方について考える

・アイスブレイク/チェックイン
・ゲストトーク|旅とキャリアについて
・ゲストトーク|これからの時代の働き方について
・みんなでディスカッション
・クロージング

【DAY5】あなたらしい世界一周とキャリアについての卒業プレゼン!

・アイスブレイク/チェックイン
・あなたらしい世界一周とキャリアについての発表会
・みんなで感想シェア
・クロージング

世界一周ゼミに申し込む

質問があればこちらまで

チーム活動について

世界一周ゼミでは4~5人ごとに1つのチームとなり、チームに分かれて活動を行います。チーム活動は主に以下の3つがあります。

1.講義時のグループワーク

2.講義以外で集まってMTG(全4回)

3.チーム単位でテーマを決めて、ゼミ全体を盛り上げるプロジェクトの推進

また、DAY3からはチームシャッフルを行い、新チームとなります。ゼミ全体を通して2チームに所属し、合計10~12名の方とは常に濃いコミュニケーションが取れるようにしています。チームの活動のオンラインで行います。

オンライングループについて

世界一周ゼミ14期生限定のSlackに招待させて頂きます。主な用途は以下の5つです。

1.参加者同士の自己紹介

参加者・運営メンバーのこのゼミに関わる方の自己紹介をグループ内で行います。

2.ゼミにおいての諸連絡

次回講義までの宿題内容や、運営からゼミ生に対する連絡手段として、掲示板のような役割を持ちます。全員が見ている1箇所に案内をまとめることで通達漏れを防ぎます。

3.講義の内容をシェア

講義の内容を動画や資料に残し、グループ内でシェアします。いつでもその内容を見返せるようになり、万が一講義に出られなくなった場合でも安心です。また、毎回講義毎に感想をコメントしていただくので、お互いの学びを共有することもできます。

4.旅の情報をシェア

参加者それぞれが旅の準備をする中で得た情報やノウハウをお互いにシェアします。もちろんTABIPPOメンバーやゲストからの投稿もあります。

5.1on1&他己紹介制度

ゼミが始まってから、メンバー同士で1on1をします。(1対1のzoomでの対話)。1on1を終えた後にメンバーの他己紹介を投稿します。

以上の5つ以外にも、参加者のみなさんのアイデアや主体性によってはたくさんの取り組みが生まれることも多々あります。全員でうまく活用していきましょう。

発信について

世界一周ゼミでは、参加者が自ら発信をすること大切にしています。ゼミを卒業するまで1人2本投稿を目標にします。

1.世界一周ゼミへの意気込み

2.世界一周ゼミを終えての感想

全体では共通してこの2つのテーマでみなさんにnoteを書いていただく予定です(任意参加)。

書いて頂いたnoteは、世界一周ゼミのマガジンとして登録させて頂いたり、フォロワー数5万人以上のTABIPPO公式SNSなどで積極的に拡散させていただく予定です。


世界一周ゼミ生が書いているマガジンはこちら

料金について

社会人

一般:30,000円、早割:25,000円(先着5名限定)

学生

一般:25,000円、早割:20,000円(先着5名限定)

料金に含まれるもの

・全5回のオンライン講義&ワークショップ

・全4回のチーム活動

・個人で取り組む宿題やワークシート

・世界一周ゼミ生限定のオンライングループ

・旅のテーマやプレゼンテーションに対する講評/フィードバック(希望者)

・メンバー全員が帰国後の同窓会参加の権利

募集要項

開催日程

【DAY1】9/15(火)20:00-22:00 第14期キックオフ

【DAY2】9/29(火)20:00-22:00 旅の準備や旅の楽しさを学ぼう

【DAY3】10/13(火)20:00-22:00 旅のテーマを考えよう

【DAY4】10/27(火)20:00-22:00 旅とキャリアについて学ぼう

【DAY5】11/10(火)20:00-22:00 あなたの旅をプレゼンしよう

定員

30名(最少催行人数:20名)※定員に達し次第締め切りとなります

参加条件

・5つの講義に最低4回以上出席が可能な方

※日付が確定していなくても構いません

※それ以降の出発予定の方は別の回をリリース予定です

ご用意いただきたいもの

▼必須
・Slackアカウント
・zoomアカウント
・声を出して話せる静かなwi-fi環境(※カフェよりも自宅がおすすめです)

▼推奨
・noteアカウント
・Twitterアカウント
・イヤホン(※オンライン講義はイヤホンがあったほうが聞きやすいです)

・個人PC(※講義の受講・プレゼンの作成などで利用しますが、ない場合はスマートフォンでも代替可能です)

申込について

応募動機と共に、peatixよりお申し込みとお支払いをお願い致します。

申込締切

2020年9月13日(日)24:00

※定員に達した場合はその時点で締切となります。

参加スタンス

・TABIPPOでは、8つの行動指針を大切にしています。みなさんもぜひそれを意識して参加してみて下さい(詳細はキックオフにて)。

・とにかく主体性と積極性を。自ら情報や機会を取りに行き、活気あふれるゼミにしていきましょう。

・オンラインだからこその、温かい思いやりのあるコミュニケーションやリアクションを大切にしましょう。

・周囲が積極的に絡みたくなるような、自己開示と自己アピールを積極的に行いましょう。

・SNSなどでどんどん発信を行って下さい。発信をすることで自分の旅を応援してくれる人、共感してくれる人が増えていきます。

・ビジネスの勧誘や迷惑行為などが発覚した場合は事情聴取の上、退会とさせて頂きます(返金はございません)。

世界一周ゼミに申し込む

質問があればこちらまで

13期の参加者の声

Q:このゼミの魅力はなんですか?
“出会い、繋がり、刺激など全部が詰まっていて、一緒に成長していけるようなすこぶる素敵なコミュニティだと思います!!”

“世界一周を志す仲間ができ、そこに向かって前進できること
世界一周の具体性をあげて現実的に考えることができること
それに向かって必要な行動がわかること”

“個性溢れてて、熱量の高い参加者が沢山集まるところ”

Q:講座以外での魅力はなんですか?
“オフ飲み会の開催が頻繁だったこと!
全員がお互いを尊重していて、自然と仲間や家族のような空気感が最初からありましたが、他愛もない話す時間ができることでよりお互いを知れて、それをきっかけに仲が深まっていくことがたくさんありました!”

“定期的に飲みやワークの企画があったり
noteの課題が出ることによって参加者同士で繋がることができたりしたこと。
理由として、旅しながら生きていくことや海外に興味を持った人たちと繋がりたいと思っていたから。
繋がることで夢を前進させたいと思っていたから。”

“オフ会が盛んだったこと。
メンバーと頻繁に顔を合わせる機会があったおかげで、すごく距離が縮まり仲良くなれたから。”

その他の参加者レポートはこちら

僕のやってみたい世界一周〜「ウラ」という日常の世界を眺める〜ワイン産地と絶景・世界一周をしたい|ワサオカタロウ

【TABIPPO】「世界一周ゼミ」に参加してみた。 – パラレルワールドトリッパー

TABIPPOの世界一周ゼミに参加して。世界一周の実現に向けて | アメとムチのキャリアスクール

人気のTABIPPO世界一周ゼミの参加者の声をまとめてみた。実際どうなの?

Q&A

・1人での参加も大丈夫ですか?
旅大学では、8割以上の方々が1人で参加しています。他の参加者と気軽に交流を出来るような仕掛けがあるので、お一人でも楽しめるようなイベントとなっております。

・旅にほとんど出たことがないのですが…
世界一周について本気で考えたい方なら、どなたでも大歓迎です!初海外が世界一周の方もいらっしゃいます。是非、少しの勇気を出して参加してください。

・講義の雰囲気はどのような感じですか?
みなさんで気軽に話合える雰囲気を作ります。硬い講義ではなく、ゆったりとした空気が流れる場所にします。全員で意見を出しながら、活発なムードでやりたいです。

・世界一周に出ることが不安です。
そのような方を対象としております。講座で、不安を解消出来るようになっておりますので、是非お越し下さい!

・全日程に参加できないのですが、、
基本的に全ての日程に参加して頂ければと思いますが、どこかの日程に参加出来なくてもこちらのゼミの申込は可能です。オンライン配信の録画はいつでも見れるようになっています。

・オンラインイベントに参加することが初め不安です。準備は何か必要でしょうか?
今回は、ツールでZOOMを使用します。なので、wifiとPCの環境があると完璧ですが、携帯からでも参加できます。みんなオンラインで繋ぐので、日本全国、そしてて世界のどこからでも参加できます。

世界一周ゼミに申し込む

講師紹介

TABIPPO / コミュニティマネジャー

恩田 倫孝

日々酒で踊り続ける、砂漠と氷河を愛する吟遊詩人。旅を通じて「楽しさ」を考えて、多くの人の『楽しさの自給率』を上げることを目論む。食いつくキーワードは、ウェルビーイング、コミュニティ、教育。訪問国数は50。地元は新潟。慶応大学理工学部出身。趣味はホットサンドメーカーでサーモンを焼くこと。
TABIPPO / 代表取締役

清水 直哉

群馬生まれ、40ヶ国以上を旅したビール好きの経営者、あだ名は「しみなお」です。世界一周のひとり旅から帰国して、TABIPPOを仲間と一緒に創設しました。26歳で起業してから、旅の力で世界を豊かにすることに人生を賭けてます。でも、経営者らしくないフラットな人間。趣味は、サッカーと漫画、そしてお酒。カレーとトマト、ビールとコーヒーが大好きです。

市川 瑛子

慶応大学卒業後、マッキンゼーアンドカンパニー入社。文部科学省のトビタテ!留学JAPANの運営事務局を経て、スタンフォード大学の経営学修士(MBA)および教育学修士(MA)を取得。2018年よりランサーズ株式会社に参画し、フリーランス向けコミュニティ新しい働き方LABの所長を務める。「シリコンバレー在住のフルリモートワーク」や「働きながら世界一周」などの新しい働き方に挑戦。 https://note.com/eikoichikawa/n/n343a7a3308a1
Global Teacher Program 代表

平岡 慎也

2016年、株式会社美京都に入社。学生時代にTABIPPOの世界一周コンテストにて「世界中の学校で先生になる旅」をテーマに準優勝。これまでの旅歴は世界3周、5大陸42ヶ国。現在は、海外で教育実習ができる留学「Global Teacher Program」を運営。セブ島、フィンランド、ハワイ、3拠点で展開中。
編集者

伊佐 知美

三井住友→講談社→Wasei『灯台もと暮らし』編集長を経て、現在フリーランスの編集者。学生時代に日本一周、20代後半、30代で世界を二周。旅が好きすぎて3〜4年間ほど家なし放浪、カナダ、マルタ、フィリピン、スコットランド語学留学、1年間の世田谷旅人シェアハウス運営を経て、現在Based in 沖縄。オンラインコミュニティ「#旅と写真と文章と」「#EnglishChallenge」主宰。 フラワーカンパニー「BOTANIC Inc.」、写真から始まるライフスタイルを提案する「CURBON」編集者を兼任。著書に『移住女子』。世界中のテキスタイル収集と花、noteを書くのが好き。総フォロワー数は7万人くらい。
エンジョイライフ

マイケルたいが

TABIPPO主催の世界一周コンテストDREAMでファイナルステージへ。敗退するも、その3か月後に300日間の世界一周を経験。アメリカ横断、アイスランド一周、ロシア縦断、ヨーロッパ周遊、アフリカ縦断など大冒険が大好き❤帰国後も、カナダ横断やアラスカ旅、中東旅など、休みの期間は旅をしています。将来は、南極に行ってペンギンとコミュニケーションをとりたいです。

ぽんず

コピーライターとして働いたのち、どうしても長い旅がしたいという思いから退職。2019年9月から旅暮らしをはじめ、TwitterやnoteなどのSNSで旅にまつわる文章や写真を発信している。
旅する経営者

旅丸sho

2013年より世界一周を開始。2年で帰国し社会復帰の予定が旅を終えることができず現在7年目に突入。ブロガー、ライターを経て旅の途中にBackpackers Productionの経営に参画する。今年ジョージアにて起業。『旅人が増えれば、世界が変わる』を理念に旅人育成企画“タビイク”を開催する。

イベント詳細

  • 開催日時
  • 【DAY1】9/15(火)20:00-22:00 第14期キックオフ

    【DAY2】9/29(火)20:00-22:00 旅の準備や旅の楽しみ方を考える

    【DAY3】10/13(火)20:00-22:00 旅のテーマを考えよう

    【DAY4】10/27(火)20:00-22:00 キャリアについて学ぼう

    【DAY5】11/10(火)20:00-22:00 あなたの旅をプレゼンしよう

  • 開催場所
  • 会場 : オンライン

  • 定員
  • 30名

  • 参加費
  • 一般 : ¥30,000

    学生 : ¥25,000

申込方法

こちらのボタンからお申し込み頂けます。
申込完了後、遷移先サイトから自動返信メールでご連絡致します。
※メールが来ない際は、tabi-daigaku@tabippo.netまでご連絡下さい。

キャンセルポリシー

申し込み後のキャンセルについて
申し込みのキャンセルはPeatix管理画面から可能です。キャンセル方法がわからない場合には、こちらまでキャンセルの旨をご連絡頂ければと思います。

キャンセル時の返金について
キャンセル時の返金ルールを下記のように定めています。
1, イベント開催日14日前まで:授業料の全額をご返金
2, イベント開催日13日以内 :ご返金の対応不可
例)授業日が6月15日の場合
 ーキャンセル対応期限:6月1日23:59まで
 ー6月2日00:00以降は、返金対応が不可

キャンセル時の返金方法
キャンセル時の返金方法に関しましてはチケット購入サイト「Peatix」に詳しい記載がありますので、こちらのページをご確認ください。

返金の手数料について
手数料については、チケット購入サイト「Peatix」が定めるルールがありますので、こちらのページをご確認ください。

複数日程講座について
開催初日をイベント開催日と考え、上記返金ルールに従います。個別日程のみの返金対応は御座いません。
※day2,day3のみの返金は対応しかねます。
※講座開始後の返金対応は行っておりません。

最小決行人数について
開講1週間前までに最小決行人数に満たない場合は、中止か延期とさせて頂きます。その場合は、チケット購入サイト「Peatix」のメッセージにてご案内をさせて頂きます。

RELATED

関連記事