オーストラリアの代表的な料理&スイーツ25選

Pocket はてブ

南半球に位置するオーストラリアは、魅力的な観光スポットが数多くあることで有名。毎年多くの人々が訪れる人気の国です。

しかしながら、オーストラリアの料理やスイーツと言われても、あまりぴんと来ないという方も多いはず。そんな方のために今回は、オーストラリアの代表的な料理とスイーツを25選にまとめてみました。

*編集部追記
2017年3月に公開した記事に新たに加筆しました。(2017/9/12)
オーストラリア料理のレシピを追加しました。(2017/12/26)

 

オーストラリアの食事事情

photo by shutterstock

移民の国として知られるオーストラリア。いわゆる「オーストラリア食」といったものはありませんが、移民が多い分、欧州料理、アジア料理、中東料理など、ありとあらゆるグルメを楽しめます。アジア食ブームの影響もあり、アジア系スーパーはもちろん、普通のスーパーでもアジア食品を見つけられる確率が高いです。

オーストラリアの一般的な家庭料理は、日本のように複数おかずがあるものではなく、どちらかといえば一品主義。バラエティーに富んでいるとは言い難いです。ラザニア、ハンバーガー、サンドイッチ、ピザやパスタも定番です。

また、イギリスの影響を受けているため紅茶の種類が充実しています。コーヒーもおいしく、素敵なカフェもたくさんあるので、カフェ巡りも楽しいです。

 

オーストラリアの代表料理!ミートパイ(ひき肉のジューシーパイ)のレシピ

オーストラリア料理が気になる方へ、「全196ヵ国おうちで作れる世界のレシピ」の本山尚義シェフが考案した「ミートパイ(ひき肉のジューシーパイ)」のレシピをご紹介します。

パイ生地で肉汁をぎゅっと閉じ込めたおやつです。パイシートを使えば意外とカンタン。お休みの日に友達やお子さんとつくってもいいですね。

 

ミートパイ(ひき肉のジューシーパイ)の材料(4個分)

玉ねぎ(1/2個・みじん切り)、バター(大さじ1・12g)、合びき肉(400g)、カットトマト(1/4缶)、塩・胡椒(少々)、冷凍パイシート(4枚)、溶き卵(適量)

 

ミートパイ(ひき肉のジューシーパイ)の作り方

1.フライパンにバターを熱し、玉ねぎを中火でしんなりするまで炒める。合びき肉を加え、火が通ったらカットトマトを加える。
2.塩・胡椒で味をととのえ、汁気がなくなるまで炒める。バットに広げて冷ます。
3.パイシートを直径10cmの丸型に抜く。2の具をのせ、溶き卵をふちに塗り、パイをかぶせる。パイの上にも溶き卵を塗る。
4.220度のオーブンで15分焼き、180度に温度を下げ、さらに20分焼く。

 

ベジマイト

一家に一つは常備されているという、茶色いペースト状の食べ物「ベジマイト」。匂いが強烈+味がしょっぱく、苦手な人も多い食べ物です。しかしながら、オーストラリア人には大人気という、まるで納豆のような存在です。

 

フィッシュアンドチップス

おやつにも主食にもなるフィッシュアンドチップス。油で揚げた白身魚にフライドポテトを添えた料理で、シンプルながら美味。友達とシェアしながら食べるのもオススメ。

 

カンガルーミート

カンガルーのお肉は、「ルーミート」とも呼ばれています。カンガルーが多いオーストラリアならではのもので、低脂肪・低カロリー・高たんぱく質のため、ダイエットに良いそう。

 

ミートパイ

角切りまたは薄切りやミンチの肉とグレービーソースをパイ生地で包み、サクッと焼き上げた料理です。ファーストフードとしても人気で、主にケチャップをかけて食されるそうです。

 

マッシュポテト

西洋社会では定番のマッシュポテト。茹でたジャガイモをつぶし、牛乳とバターを加えて作られる料理で、お肉や野菜などと一緒にいただきます。

 

チキンソルト

「チキンソルト」とは、オーストラリアやニュージーランドで呼ばれる名前で、その他の英語圏では「シーズニングソルト」と称されています。さっぱりして食べやすく、フィッシュアンドチップスなどにかけていただきます。

 

ラムチョップ

オーストラリアで頻繁に食されるラムチョップ。味付けしてオーブンまたはフライパンで焼くだけの簡単料理で、バーベキューなどでもよく食されます。

 

チキンシュニッツェル

元はドイツ生まれのシュニッツェルですが、オーストラリアでも大人気。チキンを薄く伸ばし、 パン粉をつけて揚げた料理で、チップスや野菜とともにいただきます。

 

バラマンディ

さっぱりとしていて食べやすい白身魚・バラマンディ。油で揚げ、レモンを絞って食べます。日本人の口によく合うので、ぜひ試してみてください。

 

オーシャントラウト


海で釣れる大きなマスのことを「オーシャントラウト」と言います。サーモンより脂がのっており、また臭みもないので、サラダやサンドイッチに入れて食べることが多いです。

 

シーフード

海に囲まれたオーストラリアでは、シーフードも盛んに食されています。新鮮なロブスターや牡蠣は、思わず唸ってしまうほどのおいしさ!

 

オージービーフ

日本でも有名なオージービーフ。赤みが多く、低カロリー&低コレステロールなので普通のお肉よりもさっぱりしています。値段もリーズナブルで嬉しい。

 

ラップ

オーストラリア人がランチに好んで食べるラップ。ハムや野菜などをフラット・ブレッドと呼ばれる薄い生地で巻いて食べます。ヘルシーなのにお腹いっぱいになるので、ダイエットにも良し◎

1 2
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して4年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

ご当地グルメ

FEATURED特集

特集一覧へ