東欧にあるラテンの首都・ブカレストの基本情報

Pocket はてブ

今回はルーマニアの首都・ブカレストの基本情報をお伝えします。ルーマニア観光ではブカレストよりもブラショヴのほうが有名です。

ブカレストにはどのような見所があるのでしょうか。さっそく、見ていきましょう。

*編集部追記
2017年5月公開の記事に、新たにスポットを3ヶ所追加しました。(2017/9/29)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。
 

ブカレストに行ってみての感想

photo by pixta

私がブカレストを訪れたのは秋頃で、気温は肌寒く、上着は必須でした。ルーマニアは周りをスラブ民族に囲まれた東欧唯一のラテン民族の国で、言葉もロマンス語とスラブ語が融合したような感じです。

全体の感想としては、ブカレストは街全体が暗く、またジプシーも多いので、ある程度治安に気をつけなければいけないなと感じたのを覚えています。かつては東欧の小パリと呼ばれていたそうですが、現在は歴史的な建造物はほとんど壊されてしまっていて、あまりその面影はありません。

気をつけていれば過去の歴史も興味深く面白い国ですが、日本のようにリラックスして街歩きできないので、十分注意が必要です。
 

観光する際のアドバイス

photo by pixta

先ほども書きましたが、ブカレストはあまり治安が良くないことで有名なので、街歩きには気をつけたほうが良いでしょう。特に北駅周辺が危ないと評判で、かつて日本人女子大生がここからルーマニア人とタクシーシェアし、殺されてしまった事件もあります。

物価は安く、スーパーなどで食品やお菓子、ビールなどを買い込んでも10ユーロもいかないことが多いです。西欧とは大きく差があるので、節約したい方にはおすすめの国です。

衛生面はそれほど良くなく、また野犬も多いので、狂犬病には気をつけておく必要があります。水道水は飲用可能ですが飲まないほうがいいです。ミネラルウォーターを購入しましょう。
 

おすすめのベストスポット

Tmhr ynさん(@tmhro_yn)がシェアした投稿 – 2017 8月 23 9:15午前 PDT

私がおすすめするのは国会宮殿(国民の館)です。ブカレストでもっとも有名な観光スポットの一つで、非常に巨大で豪華な宮殿です。

暴君として悪名高いニコラエ・チャウシェスクが国民に圧政を強いながら1500億円もの巨額を投じ建造したもので、その豪勢な作りの裏にある悲しい歴史を考えずにはいられません。ブカレストを象徴する建物といっても過言ではないので、ぜひ観に行ってみてください。
 

ブカレストの概要・特徴

photo by shutterstock

ブカレストはルーマニアの首都です。隣国、ハンガリーのブダペストと似ていますが、全く関連性はありません。人口は約188万人。ルーマニア最大の都市です。

ルーマニア国内の都市はもちろん、ブカレスト、ソフィア、キシナウなどの外国の都市から直通列車が運行されています。
 

ブカレストの歴史

photo by shutterstock

かつて、ブカレストは「小パリ」と呼ばれたほど活気に満ちた美しい街でした。しかし、戦後の共産主義政権により多くの古い建造物が破壊されました。

現在、旧市街の整備などが進み、かつてのブカレストの姿を取り戻しつつあります。
 

成田空港からのアクセス

photo by shutterstock

2017年4月現在、成田空港からブカレストの直行便はありません。そのため、少なくとも1回は乗り変える必要があります。

中東回りですと、エアーターキッシュのイスタンブール経由、欧州便ですとルフトハンザのフランクフルト経由やアエロフロート・ロシア航空のモスクワ経由が考えられます。成田空港からは少なくとも15時間はかかります。
 

観光スポット

1.大主教教会

Ma.Isabelさん(@mjuaristi)がシェアした投稿 – 2017 4月 29 1:06午前 PDT


最初に紹介するのは17世紀に建てられたルーマニア正教の総本山、大主教教会です。ルーマニアはギリシャ正教の流れを汲む、ルーマニア正教を信仰しています。教会には聖人ディミトリチ・バサラボフがミイラの形で祀られています。

■詳細情報
・名称:大主教教会(Patriarchal Cathedral)
・住所:Str Dealul Mitropoliei Piata Unirii, Bucharest, Romania
・アクセス:最寄駅は地下鉄Piata Unirii駅
・営業時間:7:00~20:00
・定休日:無休
・料金:無料
・オススメの時期:いつでも

 

2.旧王宮跡

@fred.vrがシェアした投稿 – 2017 4月 29 2:05午後 PDT


旧王宮跡は小説「吸血鬼ドラキュラ」のモデルと言われているヴラド・ツェペシュ公が15世紀に築いた砦の跡です。その昔、旧王宮跡の周辺は大火災により、ほとんどの建物が焼失しました。その中で旧王宮跡はかろうじて残ったのです。

■詳細情報
・名称:旧王宮跡(Curtea Veche)
・住所:Strada Franceză 25, București 030167 ルーマニア
・アクセス:最寄りは地下鉄Piața Unirii駅
・営業時間:9:00~17:00
・定休日:無休
・電話番号:+40 21 314 0375
・料金:3レイ
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.muzeulbucurestiului.ro/palatul-voievodal-curtea-veche.html

 

3.国会宮殿(国民の館)

photo by shutterstock

ある意味、ルーマニアで最も有名な建築物かもしれません。国民の館は共産主義時代の独裁者、チャウシェスク大統領によって建てられました。アメリカのペンタゴンに次ぐ、世界第二位の規模を誇る建築物と言われています。

■詳細情報
・名称:国会宮殿(Palatul Parlamentului)
・住所:Strada Izvor 2-4, București, ルーマニア
・アクセス:最寄りは地下鉄 Piata Unirii駅
・営業時間:10:00~16:00
・定休日:無休
・電話番号:+40 21 316 0300
・料金:スタンダードツアー25レイ(学生は13レイ)
・所要時間:60分
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://cic.cdep.ro

 

4.凱旋門

photo by shutterstock

「凱旋門」といえばフランスのパリが有名ですが、ブカレストにも立派な凱旋門があります。こちらの凱旋門は第一次世界大戦を記念して1922年に建てられました。現在の姿になったのは1936年のことです。

■詳細情報
・名称:凱旋門(Arcul de Triumf))
・住所:Piața Arcul de Triumf, București, ルーマニア
・アクセス:最寄りは地下鉄 Piata Aviatorilor駅
・オススメの時期:いつでも
1 2
Pocket はてブ

WRITER

新田浩之
国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していま…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

ルーマニアのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ