登山初心者におすすめの服装8選

Pocket はてブ

皆さんは、登山をした経験がありますか?登山知識や経験がない初心者は、登山に適した服装が分からない方も多いと思います。

一日中雨の中を歩いたり、夏でも寒かったり、晴れの予報なのに大雨だったりと、大自然の中を歩く登山は思いがけないハプニングがいっぱい!だからこそ、自分の身を守る服はとても大切なのです。

そこで今回は、登山初心者におすすめの服装を8選、ご紹介いたします。

 

1.ソフトシェルジャケット

防水性は低いですが、防風、耐風性、撥水性などに優れ、通気性・動きやすさを重視しているのがソフトシェルです。裏側が透けてみえるほどの薄いナイロンシェルから、フリース生地が張り合わされた分厚いジャケットまで種類も様々です。

 

2.ハードシェルジャケット

ゴアテックスなどの防水素材がラミネートされている、このような完全防水ウェアをハードシェルと呼びます。雪山などの登山・山岳スキーを想定して作られており、生地はシャカシャカしていて固い感じで、破れにくくなっています。

 

3.ダウンジャケット

ダウンジャケットをメインにする条件は、相当な極寒の地や冬季に限られます。一般的な登山では基本的にダウンジャケットは使用しないことが多いですが、冬季の北海道ツアーや海外のトレッキングなどには使用できます。

 

4.靴下

登山用の靴下選びは軽視されがちですが、実は登山靴と同じように登山をするうえで重要なポイントです。疲れ軽減や怪我防止に大きな役割を持つ靴下。登山では、普段履く靴下よりも厚めのものを履くことが多いです。

 

5.インナー

肌着やアンダーウェアですが、綿素材は避けて、速乾性のあるポリエステル系の化繊素材のものを選ぶようにしましょう。登山は汗をかくので、速乾性が非常に重要となってきます。春秋の寒い時期にはウール素材のものもおすすめです。

 

6.パンツ

パンツの素材もやはり速乾性のある化繊素材のものがベスト。なるべく足が上げやすいもので、夏は涼しい素材、春秋などは防風性が備わったものが良いでしょう。岩や木で擦っても破れないよう、丈夫なパンツを選びましょう。

 

7.帽子

夏は日差しよけに、冬には防寒具として使える帽子。雨を防ぐ役割や頭の保護にもなるので、必ず準備しましょう。帽子もウェアと同じように透湿性が高いものがおすすめです。冬の登山には耳まで覆える防寒性の高い帽子を用意しましょう。

 

8.手袋

怪我の防止や日焼け止め、防寒対策など、夏山から厳冬期の冬山まで、登山の様々なシーンで活躍する手袋。防水性や保温性、内部の熱を発散するものやグリップ力に優れた高機能タイプまで様々なものがありますので、用途に合わせて選んでください。

 

楽しい登山に向けてしっかりと揃えよう

いかがでしたか?登山のようなアウトドアアクティビティーには、速乾性に優れた、軽くて動きやすい服装が一番です。素材選びがきちんとできていないと、登山自体を楽しめなかったり体調不良になってしまう恐れもあります。

普段の生活では問題なくても、登山にはあまり合わない素材もあります。いつも以上にしっかりと服の素材を確認するのを忘れないようにしてくださいね。

以上、登山初心者におすすめの服装の紹介でした。

Pocket はてブ

WRITER

yamboro
yamboro
オランダのアートアカデミーでイラストとグラフィックデザインを勉強中。現在は休学して、旅をしながらノマド的生活を送っている。マイナーな国に行くのが好き。現在中央アジアを放浪中。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

服装

FEATURED特集

特集一覧へ