サラッと言えたら便利な英会話フレーズ21選

Pocket はてブ

英語を使ってみると思わぬシーンで英語につまづいてしまうことがありますよね。相手に尋ねられた時にスマートに返事できたり、自分の思ったことを相手にスムーズに伝えられたらかっこいいですよね!

今回はサラッと言えたら便利な英会話のフレーズを集めてみました。

*編集部追記
2016年3月の記事に新たに5フレーズを追加しました。

 

海外で実際に使った時のエピソード

「I’ll take this.(これいただきます)」はショッピングはもちろんのこと、レストランやカフェでメニューをオーダーする時にも使えるフレーズです。「I’ll take ◯◯.」は簡単な上によく使う表現なので覚えておきましょう。

「I had no idea.(そんなこと思ってもなかった。/ 全然知らなかったよ。)」は、予期しない出来事が起こった時に使える表現です。良いときにも悪い時にも使えるので、こちらも覚えておいて損はありません。

 

さらに「I wish I could.(そうできたらいいんだけど…)」は断りの決まり文句です。友達や同僚に誘われたたけどすでに予定があって無理な場合など、断る時に便利なので覚えておきましょう。

 

ショッピング編

15627238721_9662ca00e1_b-e1454548341580

photo by Traveloscopy

“I’ll take this.”

店員さんと話していて「これください。」「これが買いたい。」と言いたいときなどに頻繁に使われるフレーズ。

 

“Just looking. Thank you.”

店員さんに”May I help you?”と尋ねられた時に、買う意思がないことをスマートに伝えられる一言。

 

“Can I try this on?”

試着したいときに覚えておくと便利なフレーズ。

 

“Do you have yellow one?”

気に入ったものがあるけれど色違いや、サイズ違いのものがほしいとき”Do you have ○○ one?”と表すことができます。

 

“Do you take credit cards?”

お会計のときにクレジットカードが使えるのかどう確認したいときに使えるフレーズ。

 

“I’m just looking / browsing. Thank you.”

ただ商品を見ている時に使えるフレーズ。

 

“What is this made of?”

商品の詳しい素材を聞きたい時に使えるフレーズ。

 

“Can you do a price check for me?”

値段の表記がない場合など、商品の価格を調べてもらいたい時に使えるフレーズ。

 

ケンカ編

-e1454402620929

photo by free-photos.gatag.net

“I’m disappointed with you.”

相手にがっかりしたり、うんざりしたときに使えるフレーズ。

 

“How dare you~!”

「よくも~してくれたな?!」と相手を責めて怒りたいときに使えるフレーズ。

 

“I’ve had enough!”

相手にうんざりしたときに「いい加減にして!」と怒りたいときに使えるフレーズ。

 

It’s none of your business.”

事情をよく知らない人が口出ししてきたときに「余計なお世話よ!」と追い払いたいときに使えます。直訳すると、「あなたには関係ないでしょ。」という意味です。言い方を変えればまた違った雰囲気になりますね。

 

“I didn’t mean to~”

意図的ではなくても相手を傷つけてしまったときなど、「~するつもりはなかったんだ。」と言い訳をしたいときに使えるフレーズ。

 

“I want to make up.”

お互いに言いたいことを言い終わり、ケンカが終息した時に「仲直りしよう。」と伝えるときに使えるフレーズ。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

yamboro
yamboro
オランダのアートアカデミーでイラストとグラフィックデザインを勉強中。現在は休学して、旅をしながらノマド的生活を送っている。マイナーな国に行くのが好き。現在中央アジアを放浪中。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

勉強法

FEATURED特集

特集一覧へ