クロアチアの治安は?物価は?クロアチア旅行で知っておくべき10のこと

クロアチアの治安は?物価は?クロアチア旅行で知っておくべき基本情報

クロアチアの治安は?物価は?クロアチア旅行で知っておくべき10のこと
Pocket はてブ

近年、人気急上昇の国がイタリアの対岸にあるクロアチアです。クロアチアの海岸部はローマ時代の遺跡が多く残り、リゾート気分が味わえる魅力的な観光スポットとなっています。この記事では、クロアチアの治安や物価など基本的な旅行情報をお伝えします。

*編集部追記
2016年10月の記事に情報を追加しました(2017/12/31)
2016年10月の記事に情報を追加しました(2018/02/28)

 

クロアチアに行ってみての感想

photo by shutterstock

美しい街並みと、素晴らしい自然が楽しめる場所として世界的な注目を集める国・クロアチア。特に、木々と湖の美しさが融合した幻想的な自然が堪能できるプリトヴィッチェ湖畔国立公園は、名前は知っていなくても写真は見たことがあるという方が多いのではないでしょうか?

私がクロアチアを訪れたのは、本格的な観光シーズンが始まる前の5月頃で、ホテルなどの値段もまだそれほど高くなく、気候も良かったです。晴れの日は日差しが強く、サングラスをかけていないと目が痛かったです。また、日焼け止めクリームも忘れずに塗るようにしていました。

 

複雑な歴史を持つクロアチアは、イタリアやフランスといった西洋とはまた異なる雰囲気を持ち、旅行するのも楽しいです。フレンドリーで優しい人が多く、大きな荷物を持っていると「大丈夫?」など声をかけてくれる人もいました。

クロアチアは周辺諸国の影響を受けた多彩なグルメが楽しめ、カツレツやシーフードなど毎日おいしい食事がいただけました。

 

旅行のルート

photo by shutterstock

私が訪れたのは、クロアチアの首都ザグレブと、リゾート地として人気のドブロブニクです。中世の面影を残すザグレブは街並みが非常にヨーロッパらしく、かわいい建物もたくさんあり、女子旅にもおすすめです。

また、ドブロブニクはアドリア海の真珠と言われるほど美しい街並みと、透き通るような青い海が魅力的な場所です。ジブリ映画「紅の豚」のモデルになった場所なので、日本人の私にはどこか懐かしいような気持ちになりました。

 

物価


クロアチアの物価は西ヨーロッパと比較すると安いですが、周辺諸国(セルビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モンテネグロ)と比較すると高いです。クロアチアの中でも観光客に人気のある海岸部は高めに設定されています。

例えばドゥブロヴニクを例に挙げると、3ツ星ホテルは1万円~、ホステルのドミトリーは2000円~になります。レストランで少しでも豪華な食事を注文するとあっ、と言う間に1500円を超えます。ボスニアやモンテネグロから来られた際は、十分にご注意ください。

 

治安

治安は問題ありません。クロアチアはとても治安のいい国なので、特段の注意は必要ないでしょう。ただし、ボスニア・ヘルツェゴビナとの国境沿いは要注意。1990年代の紛争により、地雷が埋められているエリアがあります。地雷が埋められているエリアには看板が立っていますので、絶対に近寄ってはいけません。

 

旅行シーズン

PB031642-e1475725381163

Photo by:新田浩之

旅行シーズンはズバリ「夏」。燦々と輝く太陽の下、美しいアドリア海を泳ぐのは本当に贅沢です。日によっては日本よりも暑く感じるかもしれません。夕方になると少し冷え込む日もありますので、一枚ほど羽織るものがあればいいでしょう。

夏はオンシーズンなので、料金が跳ね上がります。オンシーズンを少しずらした時期(5月や10月)に訪れてもいいかもしれません。

 

服装について

2558375085_46121e0fce_b

photo by timeyres

クロアチアは、アドリア海沿岸と内陸部で気候が大きく異なります。沿岸部は年間を通して暖かい地中海性気候ですが、内陸部は冬になるとぐっと気温が下がる大陸性気候です。

そのため、旅行地と季節に合わせた服装の準備が必要となります。とはいえ、年間を通して日本より平均気温が低いので、季節を問わず、一着くらいは長袖を準備すべきでしょう。

 

通貨

クロアチアはEUに加盟してますが、ユーロを使っていません。クロアチアの通貨はクーナになります。レートは2016年10月現在、1クーナ=15円です。

クロアチアの主要都市、観光地には至る所に両替所があります。一部の両替所では円を取り扱っているところもありますが、レートが悪いです。ドル、ユーロからの両替をオススメします。なお、ボスニアやセルビアの通貨は一切使用できません。必ず両替しましょう。

 

ビザ

日本人がクロアチアを旅行する場合は、90日以下の観光目的の滞在の場合、ノービザで滞在できます。ただし、パスポートの期限が3か月以上残っていない場合、滞在できないので、注意が必要です。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して4年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

クロアチアのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ