クロアチアの治安は?物価は?クロアチア旅行で知っておくべき10のこと

クロアチアの治安は?物価は?クロアチア旅行で知っておくべき10のこと

クロアチアの治安は?物価は?クロアチア旅行で知っておくべき10のこと
Pocket はてブ

近年、人気急上昇の国がイタリアの対岸にあるクロアチアです。クロアチアの海岸部はローマ時代の遺跡が多く残り、リゾート気分が味わえる魅力的な観光スポットとなっています。この記事では、クロアチアの治安や物価など基本的な旅行情報をお伝えします。

 

1. 物価


クロアチアの物価は西ヨーロッパと比較すると安いですが、周辺諸国(セルビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モンテネグロ)と比較すると高いです。クロアチアの中でも観光客に人気のある海岸部は高めに設定されています。

例えばドゥブロヴニクを例に挙げると、3ツ星ホテルは1万円~、ホステルのドミトリーは2000円~になります。レストランで少しでも豪華な食事を注文するとあっ、と言う間に1500円を超えます。ボスニアやモンテネグロから来られた際は、十分にご注意ください。

 

2. 治安

治安は問題ありません。クロアチアはとても治安のいい国なので、特段の注意は必要ないでしょう。ただし、ボスニア・ヘルツェゴビナとの国境沿いは要注意。1990年代の紛争により、地雷が埋められているエリアがあります。地雷が埋められているエリアには看板が立っていますので、絶対に近寄ってはいけません。

 

3. 気候・服装・旅行シーズン

PB031642-e1475725381163

Photo by:新田浩之

旅行シーズンはズバリ「夏」。燦々と輝く太陽の下、美しいアドリア海を泳ぐのは本当に贅沢です。日によっては日本よりも暑く感じるかもしれません。夕方になると少し冷え込む日もありますので、一枚ほど羽織るものがあればいいでしょう。

夏はオンシーズンなので、料金が跳ね上がります。オンシーズンを少しずらした時期(5月や10月)に訪れてもいいかもしれません。

 

4. 通貨

クロアチアはEUに加盟してますが、ユーロを使っていません。クロアチアの通貨はクーナになります。レートは2016年10月現在、1クーナ=15円です。

クロアチアの主要都市、観光地には至る所に両替所があります。一部の両替所では円を取り扱っているところもありますが、レートが悪いです。ドル、ユーロからの両替をオススメします。なお、ボスニアやセルビアの通貨は一切使用できません。必ず両替しましょう。

 

5. ビザ

他のヨーロッパ諸国と同じく、90日以内の滞在でしたらビザは不要です。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

新田浩之
国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していま…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

クロアチアのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ