英語初心者がまず始める勉強法と役に立つ書籍・WEBサービス合計15点

Pocket はてブ

「今年こそ、英語を一から勉強するぞ!」そのように張り切っている方も多いのではないでしょうか。しかし、どこから手をつけたらいいのか分からない方も多いでしょう。そこで、今回は様々な角度から英語を楽しく学習する方法を考えていきます。

 

英語の書籍

1. 新TOEICテスト 英文法をはじめからていねいに

最初に紹介するのは予備校講師で有名な安河内先生の参考書です。「TOEIC」と書かれていますが、どの分野でも通じる英文法の基礎力を養うことができます。TOEICの勉強もこの本から始めるといいでしょう。

 

2. 富田の基礎から学ぶビジュアル英文読解基本ルール編―代々木ゼミ方式

理屈で英文法をマスターしたい方はこの本がオススメ。説明文が少々長いですが、英語に対する考え方が大きく変わることは間違いありません。特に「時制」の項目は必見ですよ。

 

3. 新TOEICテスト リスニングをはじめからていねいに

同じく安河内先生の本ですが、こちらはリスニングに特化した入門書です。テクニックではなくリスニングの本質に迫ることができます。付属のCDで何回も練習すると自然と英語が聞き取れるようになることでしょう。

 

4. 初めてのTOEICテスト350点突破!

この本はレベル別にシリーズ化されているため、自分の実力から学習を始めることができます。レベルはTOEIC350点、470点、600点、730点となってします。初心者の方は350点からスタートするといいでしょう。

レイアウトは1日30分学習を前提に構成されているため、取り組みやすいのも特徴。英文法を一通りマスターしてから、この本を使って勉強することをおすすめします。

 

5. CD付 究極の英語ディクテーション Vol. 1

リスニングの練習には聞き取った文章を紙に書く練習法「ディクテーション」が効果的です。とはいっても、なかなか自分でディクテーションの練習を毎日やるのは至難の業。そこで、手助けしてれるのがこの本です。

Vol.1は英検4級レベルを対象としているため、英文も簡単で無理なくディクテーションの練習ができます。先ほど紹介したリスニングの教科書の次に取り組みたい本です。

 

英語の勉強法

1. 英文法から勉強する

英文法から勉強する

photo by shutterstock

まずは「面倒だなー」と思っても、必ず英文法から勉強しましょう。と言っても、受験勉強のように細々した文法知識は不要です。初心者向けの英文法の本を1ヶ月で終わらすことを目標に、一気に勉強することがコツです。

一通り勉強した上で、分からない箇所があれば、もう一度立ち返ることをオススメします。

 

2. 英単語を勉強する

英文法とセットで学習したいのが英単語です。英単語学習のコツは単語帳を何回も繰り返すこと。そして、電車の中などスキマ時間を有効に活用することです。単語帳に付属しているCDと一緒に反復練習するといいでしょうね。

 

3. 英語を正しく発音できるようにする

英語を正しく発音できるようにする

photo by shutterstock

正しく言えない音を聞き取ることはできません。「L」「R」「Th」「B」「V」これらの音を正しく発音できるようにしましょう。これらの音をマスターするだけでも、変わってきます。

 

4. 音読を毎日繰り返す

意味を把握した上で、ある程度まとまった文章を毎日10回は声を出して読みましょう。音読は語学で最も大切な要素です。音読を繰り返すことで、英語が自然と口から出るようになります。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

新田浩之
国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していま…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

勉強法