旅行に持って行きたい魚眼レンズ10選

Pocket はてブ

魚眼レンズは、標準レンズの画角が40~60°なのに対し、180°の画角を持つレンズのことで、普通のレンズと異なり、対象を大きく歪曲させて撮影することができます。

 

他のレンズでは表現できない、誇張された遠近感と強烈な歪みを活かして独特な世界観を表現できます。普通の旅行写真も、魚眼レンズを使えば一味違って見えます。

今回は、旅行におすすめの魚眼レンズ10選をご紹介いたします。ぜひご一読ください。

 

TaoTronics カメラレンズキット クリップ式

魚眼レンズ、0.4広角レンズ、クリップオン・マクロレンズがセットになったスマホ用レンズです。クリップ式なので、スマホに挟むだけで簡単に取り付け可能!値段もリーズナブルなので、スマホ用魚眼レンズを初めて試してみたいという方にもおすすめです。

 

Ribution セルカレンズ カメラレンズ 魚眼 0.67x広角 マクロ3種セット

スマホにクリップを挟むだけで使用できる魚眼レンズで、軽い上に耐久性も抜群!魚眼レンズだけでなく、マクロレンズや広角レンズもセットとなっているので、様々な種類の写真撮影が楽しめます。

 

スマートフォンカメラレンズ  セルカレンズ

180°魚眼レンズ、0.67X広角レンズ、10Xマイクロレンズのセット商品です。クリップ式なので挟むだけで使用でき、iPhone/Androidなどのほとんどのスマホ機種に対応しています。魚眼レンズを使えば、人間の視野にはない、球面のような面白い写真が撮れますよ。

 

YIEASY スマホ用カメラレンズ クリップ式レンズ

スマホ用の180°魚眼レンズは強い遠近効果があるので、誰でも魅力あるユニークな写真が撮れます。0.4×倍広角レンズは広がりのある写真が撮れるのはもちろんのこと、被写界深度が深く、奥までピントが合う写真も簡単に撮影することができます。

 

Bengoo スマホ用カメラレンズ 238°超広角 魚眼レンズ

Bengooスマホ用カメラレンズは、5群6枚の構成で、プロフェッショナル光学式レンズを採用しており、鮮明で素晴らしい写真が撮れます。コンパクトで携帯しやすく、クライミング、ハイキング、旅行などにも最適です。

 

Excellence スマホ用カメラレンズ

Excellenceスマホ用カメラレンズは、10LED・ワイドレンズ・マクロレンズの3つの機能が1台で使用可能です。LEDは3段階の調整もできるので、夜間や室内など暗い所での撮影にも大活躍。好みの明るさに調整しながら、写真撮影や自撮りをすることができます。

 

NEEWER Canonデジタル一眼レフカメラ用プロ8mm F/3.5非球面HD魚眼レンズ

こちらは、8mm f/3.5非球面HD魚眼レンズです。APS-Cセンサーを搭載しており、魚眼レンズならではのユニークな視点で写真撮影が楽しめます。花形レンズフードは取り外し可能で、眩しさやフレアを防ぎ、美しい写真が撮影できます。

 

SIGMA 単焦点魚眼レンズ 15mm F2.8

SIGMA単焦点魚眼レンズ15mm F2.8は、人間の視界では捉えきれない対角180°の画角を撮影することができます。また、最新のコーティング技術により、フレアやゴーストの発生を軽減!デジタル・フィルムを問わず、高い描写性能を発揮します。

 

魚眼レンズ 一眼レフ K&F Concept 58MM 0.35X

魚眼レンズ 一眼レフ K&F Concept 58MM 0.35Xは、様々な物を球面のように写した、面白い写真が撮影できることが特徴です。取り外し可能なマクロレンズを搭載しており、クローズアップ写真も簡単に撮影することができます。

 

OLYMPUS ミラーレス一眼 9mm f8

OLYMPUSミラーレス一眼 9mm f8は、厚さわずか12.8mmと、広角撮影が気軽に楽しめる超薄型の魚眼レンズです。非球面レンズ2枚を含む4群5枚の贅沢な構成で、本格的な撮影が可能です。

 

大人気の魚眼レンズ!スマホでもカメラでも楽しもう!

ユニークな視点で写真が撮れると人気の魚眼レンズ。カメラ用はもちろんのこと、スマホ用のクリップ式カメラも取り付けが簡単で魅力的です。

スマホ用魚眼レンズは小さくて軽量なので旅にぴったりですね。普通の写真を撮り飽きた方は、ぜひ魚眼レンズで新しい視点を楽しんでみませんか?

Pocket はてブ

WRITER

yamboro
yamboro
オランダのアートアカデミーでイラストとグラフィックデザインを勉強中。現在は休学して、旅をしながらノマド的生活を送っている。マイナーな国に行くのが好き。現在中央アジアを放浪中。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

カメラ

FEATURED特集

特集一覧へ