瀬戸内芸術祭で注目!「犬島」の魅力とは

Pocket はてブ

近年、芸術を核にして注目を集めているのが瀬戸内海に浮かぶ島々です。今回は、そのうちのひとつ、岡山県岡山市にある犬島を紹介したいと思います。それでは、さっそく見ていきましょう。

 

犬島の概要

miyuki.Hさん(@tracks.jp)がシェアした投稿 – 2017 4月 23 6:52午前 PDT


犬島(いぬじま)は瀬戸内海に浮かぶ小さな島です。面積は0.54km²、人口は約50人ほどです。岡山県岡山市東区に属し、岡山市にある唯一の有人島としても知られています。

近年犬島は、観光客からの注目を集めています。注目を集めている理由のひとつが「アート」。犬島にはユニークな文化施設があるので、ゆっくりと時間をかけながら巡りるのがいいでしょう。

 

犬島へのアクセス

Kennethさん(@__.kchow)がシェアした投稿 – 2017 4月 24 2:56午前 PDT


まず、岡山県の玄関口である山陽新幹線「岡山駅」を目指しましょう。次に岡山駅からJR赤穂線に乗り、西大寺駅で降ります。西大寺駅から両備バスに乗り、「西宝伝」で下車。バス停「西宝伝」の近くにある宝伝港から犬島行きのフェリーが出ています。

 

犬島の観光スポット

1.犬島精錬所美術館


犬島の最大の目玉が犬島精錬所美術館です。元々は、銅の精錬所として使われていました。まるで、古代遺跡のような独特の雰囲気はこの美術館ならではのもの。館内は作家、三島由紀夫をモチーフとした作品が展示されています。

■詳細情報
・名称:犬島精錬所美術館
・住所:岡山県岡山市東区犬島327−4
・営業時間:10:00~16:30
・定休日:火曜日(3月~11月)、火曜日、水曜日、木曜日(12月~2月)
・電話番号:086-947-1112
・料金:2,060円(共通券)
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://benesse-artsite.jp/art/seirensho.html

 

2.シーサイド犬島ギャラリー


シーサイド犬島ギャラリーは、瀬戸内・犬島の生活が学べるギャラリーで、民宿を改装して作られました。瀬戸内の生活感が伝わる映像作品は必見です。なお、このギャラリーは休館することがあるので、必ずホームページをチェックしましょう。

■詳細情報
・名称:シーサイド犬島ギャラリー
・住所:岡山県岡山市東区犬島327-5
・営業時間:10:00~16:30
・定休日:火曜日(3月~11月)、火曜日、水曜日、木曜日(12月~2月)
・料金:2,060円(共通券)
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://benesse-artsite.jp/art/seaside-inujima.html

 

3.中の谷東屋


中の谷東屋(なかのたにあずまや)は、家プロジャクトの休憩所です。アート巡りで疲れたら、中の谷東屋で休憩をしましょう。なお、屋根の下で話をすると、声がこだまのように跳ね返ってきます。

■詳細情報
・名称:中の谷東屋
・住所:岡山県岡山市東区犬島
・料金:無料
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://setouchi-artfest.jp/artworks-artists/artworks/inujima/70.html

 

4.犬島海水浴場


犬島では、当然のことながら海水浴が楽しめます。犬島海水浴場は弓なりの美しい砂浜を持つ海水浴場で、砂浜から瀬戸内海の島々が見ることができます。

■詳細情報
・名称:犬島海水浴場
・住所:岡山県岡山市東区犬島
・アクセス:犬島港から徒歩10分
・電話番号:086-944-5038
・オススメの時期:夏
・公式サイトURL:https://okayama-kanko.net/sightseeing/sightseeing_area.php?id=3

 

5.犬島キャンプ場


「アートめぐり」と「キャンプ」を組み合わせるのはいかがでしょうか。犬島キャンプ場は犬島海水浴場の隣にあります。海水浴を楽しんだ後はBBQで美味しいご飯を食べたり、お酒を飲むのもおすすめです!

■詳細情報
・名称:犬島キャンプ場
・住所:岡山県岡山市東区犬島
・アクセス:犬島港から徒歩10分
・電話番号:086-947-1550
・料金:キャンプ(1泊1サイト)1,020円
・オススメの時期:冬以外
・公式サイトURL:http://www.city.okayama.jp/toshi/kouenryokuchi/kouenryokuchi_00046.html
1 2
Pocket はてブ

WRITER

新田浩之
国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していま…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

アート・美術館

FEATURED特集

特集一覧へ