島根県の世界遺産「石見銀山」で地底の旅へ

Pocket はてブ

日本での知名度はあまりなかったものの、江戸時代後期、海外へ多く流出した銀貨の山地であり、世界的にも有数の銀産出を誇っていた石見銀山。

今では世界遺産に登録されすっかり有名になりました。銀を掘る作業は現在の私たちにはあまり馴染みのないもの。銀を掘るための坑道を進んで行けばちょっとした冒険気分を味わえます。死ぬまでに一度は世界遺産石見銀山で地底の旅にでかけなくちゃ!

 

1. 石見銀山って何?

石見銀山って何?

photo by pixta

石見銀山は島根県が誇る世界遺産で、戦国時代より銀が産出されていました。最も栄えた、江戸時代前期には、なんと世界の銀の1/3を日本が担い、その大部分をこの石見銀山が占めていました。

これなら、世界に与えた影響の大きさから、世界遺産に指定されるのも納得です。

 

2. 坑道を歩こう!龍源寺間歩

龍源寺間歩

photo by pixta

せっかく石見銀山に来たからには、まず行っておきたいのが、実際に銀を採掘していた坑道跡です。石見銀山ではこのような坑道を間歩と呼んでいました。いくつもの間歩がありますが、龍源寺間歩はその1/3を公開しており、排水のために縦横無尽に走る排水溝の跡や、壁面には実際に掘る時に使ったノミの跡が残っています。

 

3. 掘り出した銀を最先端の技術で精錬した清水谷精錬所

清水谷精錬所

photo by pixta

銀を掘り出しても不純物を取り除く作業が残っています。明治時代に入り、当時の最先端技術を駆使してつくられたのが、清水谷精錬所です。

結局、産出する銀の素質が悪く、一年ほどで閉鎖されてしまいますが、どのような施設で精錬されてたのかがわかると共に、廃墟っぽい雰囲気が栄枯盛衰、世の無情を表しているようで、独特の雰囲気を楽しめる場所です。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

旅するスズメ
旅するスズメ
スズメだけれど、旅が大好き。小さなつばさでどこへでも飛んで行きます。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

世界遺産